コミュニティとしての役割も果たす食堂のロゴマークを作成しました。

コミュニティ・食堂のロゴマーク制作例

街の人をつなげる、温かみのある食堂のロゴデザインです。

食堂と銘打っていますが、より気軽に入れる雰囲気・親しみをおぼえやすいアイコンとして、ティーカップがシンボルロゴとして採用されています。ロゴデザインをあえてレトロな雰囲気に仕上げることで、幅広い年齢層が利用できるイメージに仕上げています。

コミュニティ・食堂のロゴデザイン

コミュニティ・食堂のロゴデザイン2
ロゴマークに対する感想 

飲食店にとって、新規顧客を獲得するためには“入りやすさ”は大事なポイントですね。

「もちろん、これは店舗外観より街行く人へとアピールされなければならず、そのために大きな役割を果たしてくれるのが看板等に掲げるロゴデザインに他なりません。誰でも気軽に入りやすいと思わせる印象付けにもっとも重要なのは暖かみのある色合いではないでしょうか。こちらのロゴデザインを見た方であれば、きっと誰もが暖かみを感じることでしょう。そして、レトロな雰囲気となっているため、年代を問うことなく訴求していけるかと思います。

“マチツナガル”の部分も、単純なアンダーラインとせず、丸みを帯びたものとしたり、文字フォントも角を立たせないような工夫が凝らされ、シンボルとしてティーカップを採用するなど、とても親近感のあるロゴとなっています。飲食店を利用する場合は、空腹やノドの渇きを満たすためであることはモチロン、誰かとコミュニケーションを取る目的で利用される方も多いものです。どことなくゆったりとした印象を受けるこちらのロゴを見れば、店内でゆっくりと過ごせるイメージを与えてくれますので、より幅広い層へと直接的な集客効果が見込めるのではないでしょうか。」

どこか懐かしさを感じるロゴデザインで見ていて和みます。

「自然と「立ち寄ってみたいな」という気持ちが湧いてくるので、コミュニティの役割もある食堂だと聞いてピッタリだと納得しました。郷愁を覚えるのは、フォントと配色の妙でしょうか。特に店舗名の部分が、昭和レトロな雰囲気があり好印象です。対して、カップのマークや「akari」の部分はモダンで、幅広い層に語りかけるデザインに仕上がっていると思いました。オレンジと茶色の中間のような柔らかな色合いも落ち着きと温かみが伝わってきてホッとします。

食堂のブラウンがかった色合いが加わることで、人目を引きつける効果も生まれていると感じました。全体的にチャーミングです。「マチツナガル」部分の「チ」から伸びる曲線も素敵だと思います。柔らかなカーブが加わることで、人が微笑んでいるような不思議な印象が増します。好奇心を刺激し、同時に安らぎも覚えるロゴデザインです。男性や女性、あるいは年配の方や子どもなど、全ての人がお店に足を運びたくなるようなデザインに仕上げられていると思われます。看板としても目をひくロゴなのではないでしょうか。名刺などにも有効活用できる気がします。汎用性の高さも魅力的ですね。」

 

※掲載ロゴデザインのモックアップ・使用例はイメージです。

飲食店ロゴの作成について

飲食店・レストランロゴ制作料金のページへ

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

事業概要 / ご利用規約

お問い合わせフォーム

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。
電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行はメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。(口頭による依頼の受付・進行は行なっておりません) タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。