Skip links
ロックコンサートのフライヤーデザイン

ハードロックな熱気を伝えるコンサートのフライヤーデザインを作成しました。

ロックコンサートのフライヤーデザインロックコンサートのフライヤー作成

ライブの熱気と迫力をアピールするフライヤーデザインです。

舞台上には、頭蓋骨とクロスした骨、いわゆるドクロマークが不敵に笑っています。骨をギターに変えて、オーディエンスが熱狂する音楽を奏でるアーティストを想像させます。アンプなどもレイアウトして、実際のライブステージのような構図にしています。

ライブイベントのチラシ作成依頼はこちら

観客の参加を喚起するデザイン効果

イベントの熱い雰囲気を表現するために観客の手を多数あしらって、満席の盛り上がる客席をあらわしています。下部はそのまま黒色を背景として、アー写とバンドのロゴをレイアウトしました。

ハードロックスタイルの表現

タイトルに用いたフォントは、メタルやハードロックを意識しています。シルバーのグラデーションをつけることで、硬質な質感とギラギラした輝きを演出しています。賑やかなデザインなので、間違えてほしくない日時など開催に関する情報は黒色の図形で囲いました。

ロックコンサートのフライヤーデザイン_3

ロックコンサートのフライヤーデザイン_1

ロックコンサートのフライヤーデザイン_2

インパクトを重視しつつ情報伝達を明確におこなうデザインのポイント

コンサートなどの音楽イベントのフライヤーデザインは、アーティストの個性や世界観を前面に出しながらも、イベントの詳細情報をわかりやすく読み取れることが重要です。

ポスターとフライヤーは不特定多数の人を意識して作成するという点では共通していますが、フライヤーは持ち帰って眺めることができる広告媒体です。フライヤーを手に取った人がそのアーティストの熱狂的なファンならば、フライヤーを保存しておくことも考えられます。そのため、可読性に加え、デザイン性も意識して作成しました。

インパクトのあるモチーフの選択

作例では、ハードロックバンドのコンサートということで、一目で趣旨がわかるようにしています。センターにスカルモチーフを大きくレイアウトし、音楽という要素が伝わるようにギターがレイアウトされています。骸骨はヘッドフォンを付け、鬼の角のようなものが生えており、ハードロックをイメージしやすいようなデザインです。

背景のデザイン – 質感と色彩の工夫

骸骨の背景を赤地に黒いドットを敷き詰め、ザラッとした質感を意識しました。ステージから吹きあがる炎やスポットライトを思わせるシルエットも、ザラザラとした質感の白抜きで入れています。ただ赤と黒と白を背景に使用するのではなく、硬質な印象が伝わるように装飾で工夫しています。

インパクトと可読性のバランス

下部にいくにつれて背景を黒一色にし、アーティスト写真や詳細日時などを配置しました。フォントカラーを白にして可読性を確保しています。境界線を興奮して両手を上げている観客のシルエットにすることで、違和感なくつながりをもたせています。

インパクトに振り切る部分と、可読性を確保したい部分をしっかりとわけることで、インパクトがありながら詳細がわかりやすいフライヤーに仕上がりました。

 

制作フライヤー・チラシデザインに対する感想 

VOICE ※第三者による感想です

満員御礼の熱いライブ会場が想像できるフライヤーデザインですね。

メタルやハードロックを意識した色と要素が魅力的

まるで、赤と黒とメタルカラーでフライヤーにライブ会場が出現したようなデザインです。ドクロがボーカル、クロスする骨を表すギターがバンドを表していて、満席で盛り上がる観客の姿も、シルエットで充分に熱気が伝わります。ドクロにツノが生えていてヘッドフォンをつけているのもユーモラスで良いですね。大胆不敵な笑みを浮かべているのも、ロックなソウルを感じさせてくれます。

パワフルなステージパフォーマンスを思わせる構図

各バンドの写真とロゴもすっきりレイアウトされていますが、やはりインパクト大のドクロに目を奪われます。登場するアーティストたちが皆このような熱いパフォーマンスを行い、観客が熱狂するのだろうなと期待を抱かせ、イベントの盛り上がりや参加する人のワクワクした気持ちの高まりを感じさせてくれます。視覚的に目を引くデザインに加え、ストーリーを想像させてくれる余地がある点も魅力的です。また、派手なデザインであっても、開催情報やバンド名は分かりやすくレイアウトされていて、フライヤーの受け手に情報が伝わりやすいと感じました。

ハードロックの世界を体現するフライヤーデザイン

・骸骨の存在感が生むビジュアルのインパクト

中心的な存在である骸骨とクロスしたギターは、その強烈な表情と形状で、デザイン的に強力なメッセージを伝えています。ギターとして表現された骨は、生命力あふれるミュージシャンの力強さを際立たせています。さらに、周囲に配置されたアンプ等の要素が、ライブステージの緊張感とエネルギーを体現しています。

・盛り上がりの描写〜観客の手

多くの手が描かれた観客のエリアは、満員の会場を象徴し、その熱狂的な雰囲気を具体的に伝えます。デザイン的な興奮を喚起し、同時にライブが提供するコミュニティ感を強調します。

・色とテクスチャ

赤と黒、そしてメタリックなシルバーを使用することで、ハードロックの荒々しさとエレガンスが強調されます。また、質感のあるシルバーのグラデーションは、光と影の適切なバランスを提供し、フライヤーの質感を引き立てます。

・情報の配慮〜明瞭さと可読性

フライヤーの下部では、各バンドの写真とロゴが黒の背景に対して鮮明に配置されています。日付などの重要なイベント情報も黒色の図形で囲むことで、視覚的な混乱を避け、情報伝達を明確にします。

このフライヤーデザインは、デザイン的に魅力的で情報を効果的に伝えるだけでなく、ハードロックの興奮と熱烈さを上手く捉えています。一枚のフライヤーから感じられるインパクトと情緒が、イベントへの期待と参加者のワクワク感を高め、効果的なコミュニケーションになっているのではないでしょうか。

デザイナー
※掲載のチラシ(フライヤー)は実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載しているフライヤーデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

イベントフライヤー・チラシ作成





Home
ご依頼・お問い合わせ
Top
error: Alert: Content selection is disabled!!