学術研究や出版とAIに関する講演セミナーのチラシデザインを作成しました。

学術研究や出版とAIに関する講演セミナーのチラシ作成例

学術研究や出版とAIに関する講演セミナーのチラシ_A4サイズ_表

出版・研究業界の未来について語るセミナーのチラシデザインです。

黄色と紺色をベースにデザインしたセミナーのチラシ。少し青みがかった黄色と彩度を抑えた紺色は、AIがもたらすイノベーションを中心に語られるセミナーらしく、インテリジェンスでスマートな印象を与えます。表裏共通のヘッダーは、人間とAIの共存繁栄をイメージさせる白とグレーの人物が握手しているイラストと、ロボットの横顔が描かれています。どちらのイラストも適度にデフォルメされており、タイトルのデザインにちょうど良い親しみの持てるビジュアルです。

本文は同じ紺色を使い、ポイントポイントで黄色を使ってデザインにアクセントをつけています。表面は、講演者の写真以外はこの2色でデザインし、すっきりとシンプルで知性的なデザインに仕上げました。

裏面のプログラムは、議題の種類ごとにカラーに変化をつけ、内容がわかりやすくなるように構成しています。多色使いになることで見た目が散漫にならないように、外側を紺色の太めのフチで囲いました。

学術研究や出版とAIに関する講演セミナーのチラシ_A4サイズ_裏

講演セミナーのチラシデザイン

制作フライヤー・チラシデザインに対する感想 

VOICE

色の使い方と合わせ方が小気味良いデザイン

きれいな配色ですね。黄色と紺色のコントラストがとても良く、近未来的かつスマートな雰囲気も持ち合わせた、チラシの内容にしっかりと合っている配色だと感じます。全体的には凝った加工などはなく、強いて言えばそれぞれの見出し部分に使用されているドロップシャドウが使われているくらいでしょうか。ドロップシャドウを使用している部分は立体感を感じますが、それ以外の部分はフラットデザイン的なイメージを受けます。タイポグラフィーは視認性の良いゴシック体を使用し、小さめのフォントで記載されているさまざまな情報も、しっかりと読みやすくなっています。

また、チラシ裏面に関しては項目ごとのグループ分けが見やすくわかりやすいですね。色と直線を使用したグループ分けがされており、シンプルな構成。色でグループ分けすることで表面よりも色数が多くなっていますが、白い四角い背景で囲んだ部分の中は少し明るく軽いトーンで揃えていたり、白い四角の外側の余白を少し広くとって紺色のベースカラーをしっかり見せることで、多色使いでも違和感は感じません。非常に色の使い方・合わせ方がうまいチラシデザインだと感じました。

 

※掲載しているフライヤーデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

チラシの作成について

イベントチラシ作成料金のページへ (印刷料金・送料込み)
各種イベントフライヤー・イベントチラシの作成を行なっています。音楽イベントやお祭り関連の楽しげなフライヤーから、ビジネス展示会やカンファレンスなどの落ち着きのあるチラシまで、幅広いデザインテイストに対応しています。チラシ(ビラ・フライヤー)の外注、製作依頼はお任せください。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: