完璧なブランド名の作り方とは

完璧なブランド名の作り方とは

起業を検討している人、新しいサービスをスタートしようとしている人、そんな人たちが直面する課題の一つが「ネーミング」ではないでしょうか。今回は楽しくも悩ましい「ブランド名の作り方」について、ライターでありデベロッパーのDaniel Colin James氏の記事「完璧なブランド名の作り方とは」を翻訳して紹介したいと思います。※翻訳・記事掲載は許諾を得ています。(Thank you, Daniel !!)

以下翻訳内容です。


あなたは素晴らしいアイデアを持っていたのですね。それは、週末の楽しいチャレンジかもしれないし、サイドプロジェクトかもしれないし、ビジネスのアイデアかもしれない。もしかしたら、それは次の10億ドルの会社になるかもしれません。今、あなたは名前を必要としています。そして、名前は多くのことを伝えなければなりません。

名前を思いつくための秘密の公式はなく、これから書くことの多くは主観的なものです。良い名前を保証するものでもなければ、厳密なプレイブックに従うべきものでもありません。

ブランドの強さと名前は全く関係ないと思うなら、アップルのブランドが「Kumquat(クムカット)」という名前でカラーに高級感を表現していることを想像してみてください。

免責事項:私はブランディングの専門家であると主張しているわけではありません。私が主張しているのは、ブランディングのための強い意見と良い勘を持った人であることだけです。もし私を信じていないのであれば、下の方にスクロールして私が挙げたものをいくつか見てください。

 

ステップ1:強いブランド名に必要なものを知る

悪くない

強力なブランドを構築するための最も重要な条件は、名前が悪くないことです。たとえ良くはなくても、その名前がひどく悪いものでなければ、強いブランドを構築することができます。だから、悪いとわかっているものに決めてはいけません。

ほのかな意味深さ

あなたの製品、サービス、または組織が提供しているものに、少なくともある程度関連性があり、意味のある名前を見つけることに焦点を当ててください。決めた名前が造語であったり、人々の心の中にすぐに連想されないものであっても、それはそれで構いません。

呼びやすい

名前は発音しやすく、言いやすいものでなければなりません。どのように発音するのかを覚えるためにフリーズしたり、苦労したりしてはいけません。

綴りが簡単

人をう〜んと唸らせないような名前を選ぶようにしましょう。

覚えやすい

良い商品名や会社名は、記憶に残りやすく、特徴的なものです。毎日使っているにもかかわらず、人々が苦労して覚えているようなものであってはいけません。

ビジュアル

強力なブランドの鍵の一つは、ビジュアル・アイデンティティです。名称とビジュアル・アイデンティティに関連性があり、明らかに意味のある形を持っていれば、より強力になる可能性を秘めています。

一般的すぎず、文字通りすぎず

一般的な名前の周りに強力なブランドを構築することは、ほとんどの場合難しいでしょう。もしあなたが平易な名前をつけた場合、あなたの製品やサービスを平易なもの以外として誰かに見てもらうにはどうすればいいのでしょうか?

注: 時々、平易な名前が非常にうまくいくことがありますが、それを引き出すのは難しいです。

範囲を狭め過ぎない

Googleの創業者たちが「MySearchEngine(マイサーチエンジン)」という名前で創業していたら…と想像してみてください。Googleは「Google〇〇」を立ち上げることができますし、Googleという名前はブランドをそのオリジナルの製品だけを表すものに限定していなかったので、それは奇妙には見えません。将来性のある名前を見つけましょう。

長過ぎない

名前を言うのにかかる音節数を考えてみましょう。これは必ずしも心に留めておくべき重要なことではありませんが、何かを言うのにあまり手間がかからないことが重要だと思います。2~3音節がスイートスポットなのかもしれません。

ドメインが利用可能かどうか

利用可能な.comを持つ名前を選ぶことができれば理想的です。素敵な [会社名].comドメインは、最後に “app “を追加したり、フロントに “get “を追加する必要がある場合よりもはるかに権威があるように見えます。

ソーシャルメディアのアカウント名が利用可能かどうか

Twitter、Instagram、Facebookのアカウント名も同じ理由で同じことが言えます。ソーシャルメディア上の@[会社名]は、アンダースコアや数字が入っているものよりも、より多くのブランドオーソリティを伝えることができます。

注: あなたのプロジェクトにドメイン以上のものが必要かどうかを考えてみてください。もしかしたら、アプリであってもドメインは必要ないかもしれません。

 

ステップ2:名前のアイデアを生成する

ここでは実際に名前の生成を開始することができますいくつかの方法をご紹介します。スプレッドシートや文書、ホワイトボードを使って、頭に浮かんだことをすべて書き出してください。

自分が作っているものの目的を深く考える

このプロジェクトを人々の生活の中でどのような位置に設置したいのか、じっくりと考えてみてください。プロジェクトがどのような問題を解決しようとしているのか、それをどのように解決しようとしているのかを正確に理解すれば、あなたが最初に考えた名前の多くはおそらく捨てられるでしょう。

曖昧な専門用語を探す

あなたのプロジェクトやアイデアが活動する空間の用語を調べてみましょう。教科書を手に取ったり、研究論文を読んだりしてみましょう。ほとんどの人が聞いたことがないような、会社やプロジェクトの名前にぴったりのクールな専門用語があるかもしれません。

例えば、以下のようなものです。例えば、Coinbaseはビットコインの専門用語で、会社名としては最高の響きを持っています。coinbase.comや@coinbaseが至る所で使われていました。そして、Googleは「googol」という数学用語が元になっていますが、これは本当に膨大な数を示す意味になります。

一般的な単語を組み合わせてみる

簡単な言葉を2つ組み合わせることは、良い名前を見つける方法の1つです。YouTube、Facebook、LinkedIn。
この場合、2つ目の単語を大文字にするかどうか、または単語をグシャッと合体させるかどうかを考えなければなりません。
私が言いたいことのいくつかの例です。

  • YouTube (その他の候補 You Tube / Youtube)
  • Airbnb (その他の候補 Air BnB / AirBNB)
  • Facebook (その他の候補 Face Book / FaceBook)
  • Netflix (その他の候補 Net Flix / NetFlix)
  • Product Hunt (その他の候補 ProductHunt / Producthunt)

勿論「ワンサイズにまとめる事がすべてに当てはまる」というものはないので、あなたのプロジェクトや会社に最適なものは何かを把握しましょう。

関連する用語や概念からの借用

文字通りではなく、概念的に考えてください。

例えば、クリプトカレンシー(暗号通貨)の ポートフォリオ追跡アプリケーションを作ろうとしているならば、 「クリプトリティックス」のような簡単なものではなく、その代わりに、オリジナルでありながらも関連性のあるものを考えてみてください。

あなたのプロジェクトや会社が何をしようとしているかについて概念的に考えてください。人々を「月に連れて行く」ための暗号会社であれば、ロケットの専門用語を調べたり、月の名前を使ったり、有名な宇宙飛行士や宇宙飛行士の名前を使ったりしてみましょう。

他の言語から借りる

あなたが作っているものに関連する単語のラテン語版を調べてみてください。例えば、名前に “速い” という言葉を使おうと思っているなら、 “fast” ではなく ラテン語の “velox” にしてみてはどうでしょうか?それはかなり堂々とした響きです。

ドイツ語やスペイン語も試してみましょう。

動物の名前から借りる

時には、その単語と、速くて恐ろしい、またはクールな動物の名前を組み合わせることで、とても素晴らしい名前になることもあります。

例:[あなたの会社 / プロジェクトがやっていること]+[クールな動物]など

シソーラス(類語辞典)を手に取ってみる

シソーラスは、創造力を発揮させるための手っ取り早い方法です。あなたの組織や製品を説明するときに、人々に使ってもらいたい言葉の類義語をいくつか調べてみましょう。

辞書を手に取ってみる

ジェフ・ベゾスは、辞書の「A」の単語をめくっているうちに、アマゾンという名前を思いついたそうです。辞書を開いて読み進めれば、今まで聞いたことのないような面白い言葉が出てくることを保証します。

 

ステップ3:正しい名前を選ぶ

焦ってはいけない

本当に良い名前は待つ価値があります。

お気に入りのアイデアを他の人に実行してもらう

友達にその名前を聞いて何を思い浮かべるか聞いてみてください。知らない人にも聞いてみましょう。

もしあなたが立ち上げに近づいているのであれば、名前以外は同じランディングページの2つのバージョンを立ち上げて、有力候補をA/Bテストして、どちらがより良いコンバージョンになるかを確認することもできます。

ビビッときた名前を選ぶ

完璧な名前が出てきた時に雷が落ちる瞬間を必ず感じるとは限りませんが、十分な時間をかけていれば、少なくとも一案の中に少しは雷を捉えることができると断固として信じています。

 

私(Daniel氏)が名前をつけたものの例

最後に、自分で言うのもなんですが、良いネーミングをしたものをいくつか紹介します。

givebat.com
BATは、”お返し “をすることを奨励するウェブの新しいビジネスモデルです。

Forward Tick
「バックティック」( ` )の反対語で、技術の未来を象徴しています。

LUXX
“Lux “はラテン語で “光 “を意味します。LEDスーツでタグのバージョンを作りました。

Abacus
価値観を可視化する原点に言及した暗号通貨のフォリオトラッカー。(Abacusはソロバンの意味)

created by Daniel Colin James

 

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介は大歓迎です!



サイトへのお問い合わせ・依頼各種デザイン作成について

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

広告デザイン作成について

チラシやポスター・パンフレットなどの紙媒体広告制作から、WEBバナーや動画編集などのデジタル広告制作まで幅広く対応致します。広告デザイン作成料金・広告デザイン依頼の詳細はこちらから確認いただけます。

デザイン作成

カード決済対応

デザイン費用・印刷料金などの支払い方法は、銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました 書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例デザイン総合情報誌「MdN」に制作サイトが掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: