Skip links

ちょっとブラックな表現が心に残る広告デザインの制作例

ちょっとブラックな表現が心に残る広告デザインについて

美しい表現を使った広告だけが、良い広告だとは限りません。時には、ちょっとブラックな表現が効果的な場合もあります。「本当は知りたくなかった…」そんな場面をうまく使った広告デザイン例をご紹介します。(※紹介する広告デザインは当サイトの制作事例ではありません)

広告デザインの外注はこちら

有名な童話をモチーフにした母親支援団体の広告デザイン例

広告デザイン作例を見る (via Pinterest)

グリム兄弟による『グリム童話』のなかでも、もっとも人気が高いお話の一つ、「白雪姫」。白雪姫が王子様と結婚して幸せに暮らし始めたところまでで物語は完結します。つまり、その先どうなったのかは誰も知りません。この広告では、たくさんの子宝に恵まれた白雪姫が、慌ただしく家事をこなしながら子育てしている様子が描かれています。

ちゃんとした家もあり、暮らしぶりもそれなりに良さそうなのですが、王子様と結婚式を挙げた時の面影はどこへやら…。「羨ましい」とはどうしても思えない。「An early pregnancy is not a fairy tale.(若くしての妊娠はおとぎ話じゃない)」。なるほど、やっぱりそうだったのかと思わずにはいられない、若いママを支援する団体の広告でした。

 

肺の状態について想像を喚起する広告デザイン例

広告デザイン作例を見る (via Pinterest)

タバコを吸うことによる害を知らない人はいないはずですが、リスクがあると知ってもなかなかやめることができないものです。この広告では、切り絵を応用して喫煙者を表現。肺のあたりが丸焦げになった状態で、パタンと倒れてしまっています。

実際に見て確認することができないだけに、自分の肺の状態を想像せざるを得ません。これを見てすぐにタバコをやめようと思う人はいないかもしれませんが、「タバコを吸い続けると肺がヤバいことになるらしい」という思いは、脳裏に焼きついているはずです。

 

リスクの存在を比喩的に表現した自動車メーカーの広告デザイン例

広告デザイン作例を見る (via Pinterest)

自転車に二人乗りしている親子の写真を使った、自動車会社オペル(OPEL)の広告です。お父さんらしき人の後ろに乗せられている小さな女の子の顔のすぐそばに、ローライズデニムのウエスト部分からはみ出したお父さんのお尻が!急ブレーキでもかけようものなら、ペチャっとお顔がお尻に触れてしまうくらいの距離感です。オペルの車間距離制御装置の必要性を感じずにはいられません。

 

ちょっとブラックだとしても、過激な表現を使うことで消費者に強いメッセージを伝えられる場合があります。ただし、やりすぎると下品になってしまうので、微妙なさじ加減が必要。そのあたりはプランナーやデザイナーの腕の見せ所といったところでしょうか。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中の広告制作事例をピックアップして紹介しています。※当ページは世界中の広告制作事例を紹介するコンテンツです。当サイトのデザイン実績ではありません。

広告デザイン料金

グラフィック・広告デザインの作成について
チラシやポスター・パンフレットなど、各種広告デザインの作成・グラフィックデザインに関する業務はお任せください。キャッチコピーの考案や、営業資料の作成、動画編集、簡易的なモーションロゴのデザインなど、多彩な制作物に対応しております。各種販促物・広告デザインの代行・委託・外注については気軽にお問い合わせください。


error: