Skip links
鉄道中吊り広告ポスター

電車内のカラフルで可愛い中吊り広告デザインを制作しました。

鉄道中吊り広告ポスター
電車中吊り広告デザイン

カラフルな色彩が目を惹く商品紹介の中吊り広告デザインです。

魅力的な鉄道グッズが引き立つよう、楽しげな広告デザインに仕上げました。色彩は淡めにし、商品写真より目立たないように制作しました。可愛らしく目を惹くポスターデザインです。

デザイナーの振り返り 
■ JR沿線の中刷り広告として使用されるキュートで温かみのある販促ポスターです。
■ 初代新幹線の0系が引退するという節目のキャンペーンであることが伝わるように制作しました。
■ 客層は子供だけではありません。鉄道及びチョロQには大人のコレクターもたくさんいます。両者に訴求できるようなポスター作りを心がけました。

電車広告のデザイン発注依頼はこちら

電車中吊り広告の、可愛い鉄道グッズ

中吊り広告デザイン

電車中吊り広告の、可愛い鉄道グッズに釘付けになるデザイン制作例

最近の交通広告は、デジタルサイネージを利用した電子広告と、従来のように紙で作られた中吊り広告の2種類に分かれてきています。車両によってはデジタルサイネージしか採用していないようなものもありますが、それでも紙の中吊り広告の効果は都市部から地方部など広い地域で利用されています。

じっくり読んでもらえるデザインで制作するためには、伝えたい情報をしっかりとしぼらなくてはなりません。見る人は必ずしも広告の近くにいるとは限らないため、こまごまとたくさんの要素を盛り込んでしまうと、読んでもらえない可能性が大きくなります。中吊り広告はあくまでも「導入」部分だと考えて制作すると良いでしょう。広告にQRコードやURLを記載することによって、検索でネットへ誘導することができます。詳しい情報は飛び先のページでじっくり紹介すれば良いので、広告はあくまでも閲覧者の興味を引き、調べたいと思わせるところまでの役割を果たせればよいのです。

電車は広告宣伝するのに効果的なフィールド

電車はさまざまな人が利用します。子供からお年寄り、日本人もいれば外国人もいます。子供にも大人にも訴求することを目的とする場合、できるだけ難しい漢字は使わずに、理解しやすい文章で構成すると良いでしょう。もし難しい漢字を使う場合には読み仮名を振っておくのも良い方法です。そこでさらに外国人も…となってしまってアルファベットまで入れてしまうと、全体的にゴチャゴチャしたデザインになってしまいます。なるべくたくさんの人に読んでもらうことも大切ですが、ある程度ターゲットを絞ったマーケティングも必要でしょう。

広告をデザイン会社に依頼して作成する場合は、ターゲット層や要望をまとめておくと良いでしょう。電車はある程度長い時間乗ることも多いため、電車の中吊り広告は思った以上にじっくり見られるというメリットがあります。混雑時の場合は特に目のやり場として広告が選ばれることもあります。文字だけでも良いのですが、できればキャラクターや写真を配置することによって、より雰囲気を伝えやすい広告となるでしょう。鉄道各社はキャラクターを作って、ゆるキャラとしてグッズ販売もしています。鉄道ファンはもちろんのこと、小さなお子さんのいる家庭にも人気のある商品がたくさんあります。鉄道会社は地域社会においても非常に重要な会社ですので、グッズを作ることでより一層ファンを増やすことができます。

では実際にはどういったデザインで広告を作成したら良いのでしょうか。まずキャラクターが主役となりますので、できるだけ目立つようなレイアウトで配置してあげましょう。サブキャラクターがいる場合は主張しすぎない程度で配置すると良いです。どのキャラクターも売りたいと思うかもしれませんが、サブキャラクターはあくまでもメインの引き立て役に徹すると良いでしょう。キャラクターとは本来楽しいものですので、カラーレイアウトも大切です。白黒のシックなイメージよりは原色に近いポップな色調で文字などを装飾が好まれます。ただし多くの色を使いすぎてしまうと、目がいたくなってしまいます。グラデーションを利用する場合はやたらとカラフルにするのではなく、赤とピンク、青と水色など、比較的近い色同士で濃淡をつけてあげることがポイントです。

現代はWEBサイトやアプリとの連携も欠かせない

注目をひいたらあとはWebサイトに飛んでもらわなくてはなりません。サイトに誘導するためにはQRコードの大きさや配置が非常に重要です。QRコードを使う場合はある程度大きなサイズにしなくてはなりません。電車は揺れますし、必ずしも近くから広告を見ているとは限らないため、遠くからコードを読み取ろうとしても認識してくれないからです。URLを記載する場合も大きめの文字と読みやすいフォントを利用しましょう。飛び先のURLもサイトの下層ページの長いURLを掲載するのではなく、トップページに設定しておきましょう。長すぎるURLはユーザーも入力するのが大変なため、途中で挫折してしまう可能性があるためです。

もし下層の長いURLのページに飛ばす場合には、短縮URLサービスを利用し、短いURLを記載するのも一つです。短縮URLサービスは無料で利用することができます。ただし期限付きのものにしてしまうと、広告掲載中に切れてしまうこともありますので、無期限のURLを取得しなくてはなりません。効果的な中吊り広告デザイン・交通広告デザインは、1枚だけでなく、同じような内容の広告でも複数のデザインを作ったものがあります。広告は必ずしもすべて統一されたものではなくてはいけないという決まりはありません。紙媒体の広告では掲載スペースが限られていますので、もし情報量が多くて載りきらない場合は、何種類か同時に入稿するのも良いでしょう。予算があれば電車1車両全体を広告とするような掲載スタイル(広告ジャック)もあります。電車は多くの人が利用し、1日中走行していますので、実はテレビのように大きな宣伝効果を期待することができるのです。

 

制作ポスターデザインに対する感想 

VOICE

思わずじっと見てしまう、そんな中吊り広告デザインです。

電車の車内に飾られていたら思わず目を向けてしまうようなかわいらしく見やすいポスターデザインになっています。鉄道グッズの販売促進用ポスターということで、マニアの心をくすぐるようなデザインのグッズや、子どもが気に入るようなかわいらしいマスコットキャラクターのぬいぐるみなど、目を惹くようなデザインのグッズだからこそ、目を惹くポスターデザインになっています。背景は明るい色使いにしつつも、グッズの方を目立たせる必要があるので、イエローやオレンジ明るいカラーにさわやかなブルーのカラーを使い、ドットの柄にし、グッズに目がいきやすくなっているように思います。「ワクワク!ドキドキ!」のタイトルロゴなどはホワイトの背景カラーにし、見やすくこのポスターの趣旨が伝わりやすくなっています。明るい気持ちになれるようなフレッシュなポスターデザインです。

VOICE

親子連れにPRできそうな交通広告制作例だと思いました。

電車に乗っているときに見かける交通広告ですが、誰に向けて発信しているのかという点が重要になります。なぜなら満員電車ではとても広告を見る余裕はありませんので、サラリーマンよりも子供連れの親などに見てもらうことを目的としている場合が多いでしょう。この中吊り広告デザインは、子供向けに発信しているので、子供連れの親に見てもらえるように作成されているように感じます。

特に男の子は鉄道などの乗り物に興味を示すことが多いですし、女の子にも興味を持ってもらえるように、かわいいぬいぐるみを載せているのもよいでしょう。中吊り広告は上の方に吊るされているのが特徴なので、遠くからでは文字が読めません。だからこそこのように写真を多く用いているので、これならば遠くからでもある程度見えます。そのため、鉄道やぬいぐるみを子供が見ることで、親が読んでくれる可能性が高くなると言えるでしょう。最近は大人でも鉄道に興味を持つ人が多いので、大人が興味を持ってくれる可能性もあります。

■QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

※掲載しているパネル / ポスターデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

ポスターデザインの依頼・外注はお任せください 

パネル・ポスター広告の作り方が分からない方もご安心ください。格安の作成費用で掲示物の印刷・納品までサポート致します。まずはお問い合わせフォームより無料見積もりをご検討ください。他のポスター業者様・デザイン会社との比較検討も是非行ってみてください。様々なニーズに合わせた啓発・宣伝ポスターを作成致します。


パネル・ポスターデザインの作成依頼〜納品までの流れ

パネル・ポスターデザインの流れ①

見積もり

作成の検討されているパネル・ポスターの部数や仕様・要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【パネル・ポスターデザインの制作費用について】グラフィックデザインのみの制作・パネル / ポスター印刷込みのデザイン制作、両方の依頼に対応しています。

パネル・ポスターデザインの流れ②

制作情報の提供

パネルやポスターのデザイン作成に必要な掲載文面や素材などを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

パネル・ポスターデザインの流れ③

パネル・ポスターデザインの作成

パネル・ポスターデザインの作成に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

パネル・ポスターデザインの流れ④

校了〜印刷・納品

ポスターのデザインが校了となりましたら、ご入金確認後に印刷手配(またはデータ納品、及びその両方)を行います。(※パネル・ポスターの印刷・製造は外部印刷会社へ委託となります。印刷・入稿手配の代行費用等はサービス料金に含まれています。)


ポスターの作成について

店頭ポスターデザイン料金のページへ (印刷料金・送料込み)
店頭で様々な情報を伝えるポスター・POPの作成を行なっています。セールの告知や注意書き、新しいプランの紹介など、効果的に活用することで店頭ポスター・POPは購買意欲の向上や利用者への親切な案内になります。ポスター・POPの外注、製作依頼はお任せください。


error: