パニック映画風のフライヤーデザインを作成しました。

脱出ゲームのパニック映画風フライヤー見本 脱出ゲームのパニック映画風フライヤーデザイン

ハラハラ・ドキドキ感が伝わる脱出ゲームのフライヤーデザインです。

パニック映画を彷彿とさせるホラーテイストが全体的に漂うフライヤーです。鎖の装飾や、錆びたようなテクスチャがホラーな印象を強調します。フライヤー上で提供する情報が少ないことが、かえって話題性を高め、内容を知りたいという気持ちにさせてくれます。

脱出ゲームのパニック映画風フライヤーデザイン

 

制作フライヤー・チラシデザインに対する感想 

とても強いインパクトを残すフライヤーデザイン。

「これは一体、何の告知フライヤーとして作成されたのか・・、しかし、とても強いインパクトが残るのは確かです。まるでホラー映画のフライヤーのような印象の背景に、世界観そのままの4名のキャラクターがそれぞれ何かを手にしてこちらを見ています。演劇やバンドのライブ告知かと思いきや、会場や日時さえ表記されておらず、やはり何のフライヤーなのかわからなくなるといった具合に、迷路に迷い込んでしまったかのような気さえしてきます。

しかし、よく考えると、SNSが全盛の今日、告知されている内容について誰かに聞くことはとても容易となっており、 “このフライヤーって何の告知?”と画像と共に書き込まれれば、より多数の視線と興味が向けられます。こういった意味では、時代に合ったデザインともいえるのではないでしょうか。」

見るものを引きつける大変魅力的なフライヤーデザインです。

「フライヤーというと情報伝達の役割があると思いますが、こちらのフライヤーは見れば見るほど謎が深まり、むしろ興味をそそられます。文字情報が削ぎ落とされ、しかもただ読んだだけでは詳細がわからないように工夫されているので、このイベントを訪れて謎を解き明かしたくなります。フライヤーデザイン全体から、緊迫感とストーリー性が感じられることも、効果が大きいでしょう。

フライヤーの真ん中の4名だけでもかなり強烈で印象深いです。加えて周りのモチーフが自然と中央に視線を集めるように配置されているので、一層目立ちます。暗い雰囲気の中にも、炎の赤い色や男性の白いTシャツなどの明るい色合いが映えるので、重苦しくなりすぎず全体的にアグレッシブです。本を持った男性の指輪から稲妻のような光が出て、タイトル部分を指しているのは、何か意味があるのでしょうか?気になります。ドクロ、バイオリン、鎖など1つだけ取り出しても魅力のあるモチーフが多いことも面白いです。当日への期待感を増々高めてくれています。」

 

※掲載しているフライヤーデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。


イベントフライヤーデザインの依頼・外注はお任せください 



チラシの作成について

イベントチラシ作成料金のページへ (印刷料金・送料込み)
各種イベントフライヤー・イベントチラシの作成を行なっています。音楽イベントやお祭り関連の楽しげなフライヤーから、ビジネス展示会やカンファレンスなどの落ち着きのあるチラシまで、幅広いデザインテイストに対応しています。チラシ(ビラ・フライヤー)の外注、製作依頼はお任せください。


ASOBOAD®(アソボアド)とは

広告・デザイン作成のASOBOAD(アソボアド)

ASOBOAD(アソボアド)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

フライヤー・チラシ作成について

チラシ印刷業者・チラシデザイン業者をお探しですか?チラシ作成料金・チラシデザイン依頼の詳細はこちらから確認いただけます。

フライヤー・チラシ作成

デザイン作成料金のお支払いについて

カード決済対応

デザイン費用・印刷料金などの支払い方法は、銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例デザイン総合情報誌「MdN」に制作サイトが掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: