Skip links
保険代理店企業の長3封筒デザイン

保険代理店企業の長3封筒デザインを作成しました。

保険代理店企業の長3封筒デザイン

社名に相応しい光を感じる封筒デザインです。

ロゴタイプの左端から右上へ突き抜けるように走る光。社名「Ray of light」は「光線」という意味を持ちます。光は上から下を照らすように、また、下から上へ向かって上昇するようにも見ることができます。企業のコンセプトをあらわしたロゴマークを、白地の封筒に余白を十分にとって大きくレイアウトすることで、ロゴマークに自然と視線が誘導されます。

封筒デザインの依頼はこちら

ロゴマークと社名、連絡先情報を右角に集めてレイアウトすることで、あて名書きをした際や、シールを貼った際に自然にバランスを取りやすいように構成しています。保険業界に射す光線となるような、攻めの姿勢を感じさせる封筒デザインです。

保険代理店企業の長3封筒

作成封筒デザインに対する感想 

VOICE

使用シーンを想定したバランスの良い封筒デザインです。

企業のロゴが大きく目立ちますが、英語部分のみのため、企業の存在感はそれほど強く感じません。「光線」というワードと光の装飾だけがパッと目に入るため、社名を前面に押し出しているという印象はないでしょう。パキっとしたブルーにグラデーションをかけて光を当てているかのようなロゴと、斜めに走る黄色い光とのコントラストが、白い封筒に心地よいアクセントを施しています。ロゴを控えめにしてしまうと光の加減が感じられず、せっかくのインパクトが薄まってしまうでしょう。記載する箇所を邪魔しない程度の大きさに留めたことで、個性ある封筒デザインに仕上がっています。

ロゴを大きく記載したぶん、社名と連絡先等は線で区切ってコンパクトに。住所や電話番号まですべてがロゴのように大きければ、せっかくのロゴマークが活かせないもの。ロゴマークの大きさに合わせて文字幅をそろえているため、収まりの良さも感じました。封筒上部に宛名を書いても差出人の方が大きく見えるという心配もなく、顧客にも安心して送れる封筒です。あえてセンターにせずに右に寄せたことで、奥ゆかしい配慮も感じられました。使用シーンを想定した、バランスの良い封筒デザインです。

※掲載の封筒は実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載デザインサンプルのモックアップはイメージです。実際の仕上がりとは異なる場合がございます。

オリジナル封筒の作成





error: Alert: Content selection is disabled!!