ポスターとは?ポスターデザインの歴史と基礎知識

ポスターとは?

ポスターとは、壁や垂直な面に貼付ける印刷された紙のことを言います。一般的に、ポスターは文字とグラフィックの要素の両方を含みますが、グラフィック要素だけから成るものや文字だけから成るものもあります。

チラシよりもサイズが大きく、ポスターは注意を引きやすく分かりやすさを重視して制作されます。ポスターは様々な用途に使われ、広告(特にイベント、コンサート、映画など)、宣伝、デモなど、メッセージを伝えるためによく使われるツールです。

またポスターは特に有名な作品などの芸術品の再生産に使われ、手軽な価格でインテリアとして楽しむことが可能となっています。

そんなポスターの歴史は1840年代〜1850年代まで遡ります。

ムーランルージュのポスター
・ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(1891)


はじめに

フランスの歴史家マックス・ガロが「ポスターは200年以上にもわたって世界中の公共の場に飾られてきた。視覚的に美しいポスターは道行く人の目を惹くようにデザインされており、私たちに政治的な観点を自覚させたり、特定の行事に参加するよう誘ったり、ある製品やサービスの購入をすすめたりしている。」と述べたように、私たちが知っている現代的なポスターの歴史は、19世紀半ば頃に始まりました。

1. まず、印刷技術の向上により、大規模かつ低費用な大量生産が可能となりました。

2. 次に、フランスなどにおける政府の公共施設の検閲が解かれました。

3. そして、広告業者が大量生産された商品を市街地で売るようになりました。

 

ファッションストアのポスター
・ホルツァーファッションストアのポスター

当時のポスター専門家であったジョン・バーニコートは「あと100年と少しすれば、ポスターは必要不可欠な芸術の形となり、トゥールーズ=ロートレックやミュシャなどの画家から舞台・商業デザイナーまで、様々な芸術家を魅了するだろう。」と述べました。ポスターデザインは、アール・ヌーヴォー、シンボリズム、キュビズム、アール・デコからフォーマルなバウハウス、1960年代の支離滅裂なヒッピー・ポスターまで幅広いスタイルで作られました。

 

ポスターの大量生産

ポスターは主に広告と告知のために昔から使われてきました。文字だけのポスターデザインの歴史は長く、何世紀にもわたってシェイクスピアの劇を宣伝したり、政府の声明を国民に届けてきました。しかし印刷技術の発展によって、1796年にアロイス・ゼネフェルダーが発明したリトグラフィーなどの低費用の大量生産と大量印刷が可能になったことで、ポスターにも革命が起こりました。リトグラフィーが発明された後にクロモリトグラフィーが発明され、さらに鮮やかな色のポスターが大量生産されるようになりました。


芸術形式の発展とポスター

ワインのポスター
・ジュール・シェレによるワインのポスターデザイン(1894)

1890年代にはこの技術はヨーロッパ中で普及していました。当時のポスターアートを作ったフランスのアーティストには、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック、ジュール・シェレ、ウジェーヌ・グラッセ、アドルフ・ウィレット、ピエール・ボナール、ルイス・アンクタン、ジョルジュ・ド・フール、アンリ・ガブリエル=イベルスなどがいます。特にシェレは広告ポスターの「父」とされています。鉛筆画家であり舞台装飾家だったシェレは1866年に小さなデザイン事務所を立ち上げました。美しいキャラクター、コントラスト、鮮やかな色を使って、主に展示会、舞台、製品の1000点以上の広告を作りました。その後、収入源を必要とする数多くの才能に溢れる画家たちがポスターデザインを作るようになりました。

シェレは広告業者のニーズに合うような新たなリトグラフの技術を発展させました。彼は、革新的なタイポグラフィと共にポスターを著しく表現豊にしてくれるような色を追加したのです。またシェレは、広告に性的な表現を使った、あるいは女性像を広告の策略をした第一人者とされています。シェレの描く女性は陽気で刺激的であり、「シェレット」と呼ばれる新たなスタイルとされました。

 

JOB社の煙草ポスター(1896)
・アルフォンス・ミュシャによるJOB社の煙草ポスター(1896)

ポスターはその後、パリの大通りが「庶民の美術館」と呼ばれるほど町並みを一変させました。この商業的成功によってポスターデザインを収入源にする芸術家も現れました。アルフォンス・ミュシャもこれらの人気芸術家(デザイナー)のうちの一人であり、舞台俳優達がこぞって特注でポスターデザインを依頼していました。そのポスターデザインの人気は1884年にパリで展覧会が開かれるほどのものでした。

 

ポスターの黄金時代

1890年代にはポスターデザインはヨーロッパの他の地域に広がり、自転車から闘牛までありとあらゆるものを宣伝するようになりました。19世紀の終わりには、ポスターがより本格的な芸術形態として存在するようになりました。1895年と1900年の間にはジュール・シェレが「Matres de l’Affiche(ポスターの巨匠達)」というデザイン書籍を作り、このシリーズは商業的成功を収めただけではなく歴史的に重要なものとなりました。
アルフォンソ・ミュシャとウジェーヌ・グラッセも当時影響力を持っていたポスターデザイナーであり、特に女性をモチーフとしたアール・ヌーヴォーのスタイルで知られています。現代では、広告ポスターは特別なグラフィックアートとなりました。テオフィル・スタンラン、アルバート・ギヨーム、レオネット・カピエロ、アンリ・ティリエは、雑誌を宣伝だけではなく政治的な評論の場へと変え、当時の人々にとって重要なポスターアーティストでした。実際に、デザイン歴史家のエリザベス・ガフィーはこう述べました「ビクトリア時代には見向きもされたなかったが、大きく色鮮やかなポスターが道や市場・広場などの公共スペースを支配するようになると、ポスターは市民からの尊敬を得るようになった。」

 

ペンフィールドのポスター
・エドワード・ペンフィールド作 Harper’s Magazine, May(1897)

アメリカでは、ポスターが少し違う進化を遂げました。1850年代にはサーカス団が色鮮やかなポスターを使って街にやってくるカーニバルの告知をしていました。ポスターの多くは美しく印刷されていましたが、初期のものは大量生産された木版画であり、内容や色使いなどは現代の評論家からばかにされることも多くありました。クロモリトグラフィーがヨーロッパのポスターを再構築すると、アメリカのアーティスト達はそれらに大きく影響を受けました。エドワード・ペンフィールドやウィル・ブラドリーなどのデザイナーによる作品は、ヨーロッパだけではなくアメリカでも好評でした。

 

ポスターの衰退と復活

新たな広告の形に挑戦され、コミュニケーションとしてのポスターは第一次世界大戦後に衰退していきました。市民達は、ポスターが公共スペースを醜いものにすると捉えはじめていたのです。しかし、ポスターが勢いを失った大きな理由は、新たな形の広告によるものでした。雑誌・ラジオ、その後のテレビ・看板広告が、広告業者のマーケティング予算の分配図を塗り替えたのです。ポスターは製品を宣伝し続けていましたが、もうそれは主な広告の形として考えられなくなっていました。ポスターはだんだん政治や装飾の目的に使われるようになっていきました。

1960年代半ばに、ポスターデザインはより幅広いカウンターカルチャーの一部として生まれ変わりました。1968年にはポスターの流行が再燃。しばしば「第二の黄金時代」や「ポスターマニア」と呼ばれるこのポスターの人気の復活は、ポスターが市民デモや広告と同じくらい装飾や自己表現に使われていたことを表しています。


ポスターの商業的な用途

1890年代にはポスターはヨーロッパの他の地域に広がり、自転車から闘牛までありとあらゆるものを宣伝するようになりました。ポスターデザインの多くには芸術的価値がありました。製品やエンターテインメントに加え、世界博覧会や植民地博覧会などのイベントポスターも含まれました。

 

ポスターの政治的な用途

パトリックによるポスター
・ジム・フィッツパトリックによるポスターデザイン

大いなる混乱の中でも、素晴らしいポスターデザインは誕生しました。ポスターが初めて政治的な用途として広まったのは第一次世界大戦中でした。商業的な広告が戦時公債募金と求人のためのポスターに張り替えられたのです。シンプルなザッハプラカットスタイルの先駆者となったドイツのグラフィックデザイナー達は、戦時に自分たちの才能を活かしました。

1960年代に起こったポップアートの誕生と抗議運動はどちらもポスターの需要を大きく拡大し、当時のポスターデザインの復活に貢献しました。フランスの学生達が1968年5月に作った「evenements(大事件)」呼ばれるポスターは、おそらく最も高く評価されたものでしょう。1968年のパリでの学生による暴動の中でジム・フィッツパトリックが作った(「英雄的ゲリラ」の写真がベースとなった)チェ・ゲバラのポスターは、若者の反乱のシンボルとして広く知られるようになりました。

アメリカの9.11のテロ事件の後、国中の学校で「In God We Trust(我々は神を信じる)」のポスターが「図書館、カフェ、教室」などに貼られました。American Family Associationはポスターを学校に提供していたそうです。

 

ポスターの印刷技術

ポスターの生産には様々な印刷技術が使われています。ポスターの多くは大量生産されていますが、手刷りで印刷されたり、シリアルナンバー等がついた限定版などが印刷されることもあります。通常ポスターは壁や他の表面に貼られるので、1面だけに印刷されます。ピンナップサイズのポスターはA3の標準シルクペーパーにフルカラー印刷されます。売られているポスターのほとんどが、傷や汚れを防ぐ為に購入時にシリンダー型に巻いてあります。広げたポスターに数時間ほど圧をかければ、元の平らなポスターに戻ります。


ポスターデザインの種類

特に昔のポスターは製品の宣伝のために使われていました。ポスター今でも様々な用途、映画や音楽(コンサートとCDの両方)、漫画・映画、観光地のPRなどに使われています。そんなポスターたちを種類別に紹介していきます。

 

・プロパガンダと政治的なポスター

ドイツのプロパガンダポスター
・ドイツのプロパガンダポスター

第一次世界大戦と第二次世界大戦中は求人ポスターがとてもよく見られ、イギリスの「Lord Kitchener Wants You」(キッチナーの募兵ポスター)やアメリカの「Uncle Sam wants you」の新兵募集ポスターポスター、外国のスパイに警告する「Loose Lips Sink Ships(口は災いの元)」のポスターなど、国民に自覚を持たせ続けるようなものが多くありました。これらのポスターはカナダでも広まりました。

イギリスのポスター

新兵募集ポスター

スパイ警告ポスター

 

戦時中のポスターはプロパガンダ、説得、動機付けにも使われ、第二次世界大戦中に女性に工場で働くように強く勧めた「ロージー・ザ・リベッター」がよく知られています。

J・ハワード・ミラーのポスターデザイン
・J・ハワード・ミラーのポスター「”We Can Do It!”」(1942)

ソ連もまたプロパガンダポスターを大量に作り、後に大祖国戦争のシンボルとなったものもありました。1989年のヨーロッパ中部と東部での民主革命中には、ポスターがとても重要な武器となりました。ベルリンの壁やプラハの聖ベンツェスラウスの像、ブダペストのイムレ・ナジの墓の周りに貼られた手作りの政治的ポスターは、民主革命にはなくてはならないものでした。影響力が高い政治的ポスターの例としてシェパード・フェイリーのバラック・オバマの「HOPE」のポスターがあります。

 

・映画のポスターデザイン

リトグラフの映画ポスター
・1882年8月に上演されたハリー・メレディスによる西部劇「Ranch 10」のリトグラフポスター

映画業界は、色鮮やかなポスターデザインが映画の宣伝に役立つことをいち早く察しました。現代ではほとんどの一流映画のためにポスターが作られており、映画のポスターを集める事も人気となりました。2005年11月15日にロンドンのリールポスターギャラリーから69万ドルで買い取られたフリッツ・ラングの1972年の映画「メトロポリス」のポスターは、史上最高額のポスターとされています。他にも、1997年にソザビーオークションで45万2000ドルの値がついた「The Mummy」や、334600ドルの値がついた「黒猫」と「フランケンシュタインの花嫁」のポスターなどもよく知られています。1931年のフランケンシュタインの6枚組のポスターのうち1枚のみが存在していると言われており、世界で最も価値のあるポスターとされています。

 

・イベントポスターデザイン

イベントポスターの作例
・イベントポスターの作例

イベントや行事を宣伝するポスターがよく見られるようになりました。集会から舞台まで、様々な公共の行事がポスターで宣伝され、ポスターデザインのお陰で有名になった行事もあります。

 

・ピンナップポスター

ピンナップポスターデザイン

「ピンナップポスター」、「ピンナップ」、「チーズケーキポスター」と呼ばれるポスターには魅力的な女性が描かれており、1920年代に初めて人気となりました。ベティー・グレイブルやジェーン・ラッセルなどのピンナップは第二次世界大戦中の軍人達に非常に人気でしたが、ベトナム戦争の頃にはその人気は減少していました。1970年代後半から1980年代初期には、ファラー・フォーセットやシェリル・ティーグスなどのテレビ女優が描かれたポスターデザインの人気が急増しました。

 

・格言ポスター

格言ポスターの作例
・格言ポスターの例

これは、モチベーションを上げたりインスピレーションを与える目的で作られた装飾ポスターの事を言います。人気のシリーズの一つは黒い背景と自然の風景に「リーダーシップ」や「チャンス」といった言葉が添えられています。その他にも、見る角度によって絵が変わるホログラムを使ったものも存在します。

 

・研究ポスターと「ポスターセッション」

ポスターセッション

教育の場では、ポスターが研究について宣伝したり説明したりするために使われています。これらのポスターはカンファレンスなどで見られ、演説や科学ジャーナルを評価したものや、出版物として存在します。実際の記事よりは重要度が低いですが、記事が出版される前に新しい研究を宣伝することに役立ちます。これらのポスタープレゼンテーションは査読されていないものが多いですが、提出は制限数以内であればいくつでも可能です。

 

合わせて読みたい記事

グラフィックデザインについて

美術史から知るグラフィックデザイン

『音楽』と『グラフィックデザイン』の関係性について

ポスター制作はasobo design factoryにお任せください


参考 : Wikipedia ポスター
文章はCreative Commons Attribution-ShareAlike License に基づき編集しています。写真等の資料はパブリック・ドメイン以外は転載などの二次利用は禁止です。

 

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

その他のデザインコラム


asobo design factory とは

チラシデザイン・ポスターデザインのasobo design factory

asobo design factory (アソボデザインファクトリー)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。


dekiru2

 icon-envelope-o 

デザインの見積もり・制作依頼はこちら

メールでのご相談・ご依頼はこちら

sslクレジット対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

©asobo design factory

■デザイン・記事内容はadobo design factory又は第三者に帰属します。
■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。

ピックアップNEWS

タイトルまわりのチラシデザイン 書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

adobemaxロゴ Adobe MAX Japanにて制作デザインが展示されました。

チラシデザインが紹介されました 書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

ファッションマガジンにデザイン掲載 インターナショナルファッション誌"En Vie Fashion Magazine"内にデザインが掲載されました。

asobo design factoryがデザイン誌に掲載されました デザイン総合情報誌「MdN」にてWEBサイトが掲載されました。

CD制作ガイドに掲載されました インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてインタビューを受けました。

アソボデザインが各種プレスリリースに載りました サイトのリニューアル情報がメディアに掲載されました。

グラフィックデザイン部門にノミネートしました OSAKA KAWAII!! クリエイターズアワードのグラフィックデザイン部門にノミネートしました。

デザイン講義を行いました バンタンデザイン研究所でデザインについての講義を行いました。

NEWS&PRESS情報一覧