街中に突如現れる巨大オブジェデザイン

街中に突如現れる巨大オブジェデザインについて

黄色い子アヒル・ラバーダックが世界中の河川や海辺に現れる「ラバーダックプロジェクト」は世界を驚かせました。お風呂で可愛らしく浮かぶ小さなラバーダックが巨大化して、年齢や人種などあらゆる違いを超えたあらゆる人に、子供の頃の思い出を呼び起こさせ、幸福を感じてもらおうという壮大なテーマのもと、世界中で展示が続けられています。美術館や博物館を飛び出し、何気ない日常に溶け込むように設置されたアートワークの発信力は甚大なものです。

今回は、街中に現れた巨大オブジェクトを集めてみました。サイズだけではない、そのオブジェの魅力を体感してください。

 

「自由」の象徴とする巨大ゴム印オブジェ

巨大オブジェ「Open Stamp」

アメリカのオハイオ州クリーヴランドにあるWillard Parkという公園に設置されている巨大オブジェ「Open Stamp」です。南北戦争の記念碑のひとつとしてデザインされたもので、「世界最大のゴム印」と言われています。ゴム印には「FREE」と書かれており、南北戦争によって実現した黒人奴隷解放と関連づけられています。

当初のデザインでは、スタンプ台の上にゴム印面を地面につけた状態で直立したものだったそうですが、ゴム印の文字そのものが重要ということで、現在のように寝かせた形のデザインに変更されたというエピソードが残っています。高さ7.9m幅8.79m全長15mという巨大サイズの「自由」のスタンプ。各国にひとつずつ設置する必要があるかもしれません。ちなみにクリーヴランドといえば、全米一のゴルフ場数を誇り、人口一人当たりのゴルフ場数が全米一と言われています。緑の多い街にある巨大な「自由」スタンプは、一見の価値があるオブジェです。

 

オリンピックを記念して設置された巨大オブジェ

巨大オブジェ「RUN」

イギリス・ロンドンのクイーン・エリザベス・オリンピック・パークにある巨大オブジェ「RUN」です。高さ9mもある巨大な「R」「U」「N」の3文字が並べて2012年のロンドンオリンピックを記念して設置されました。LEDライトがそれぞれの文字に仕掛けられており、夜にはライトアップし、ロンドンの街を彩っています。アメリカのロックバンド「The Velvet Underground(ヴェルヴェット・アンダーグラウンド)」の楽曲「Run Run Run」やアメリカ人ロックミュージシャン「Bruce Springsteen(ブルース・スプリングスティーン)」の楽曲「Born to Run」などから影響を受けて製作したとデザイナーが語っています。

イギリスで開催されるオリンピックを記念したオブジェのインスピレーションがアメリカで生まれたロック楽曲というのは、イギリスらしくない、というよりオリンピックらしいエピソードなのかもしれません。どのような状況でも走り続けるパワフルなロンドンという街を象徴する、伝統的なものはもちろん、前衛的な新しいものまで多彩な芸術が育つ街にマッチした動きを感じる巨大オブジェです。

 

カフカの存在感を存分に表現する巨大オブジェ

「フランツ・カフカ博物館」の巨大オブジェ

チェコ出身の作家フランツ・カフカの博物館「フランツ・カフカ博物館」の前に設置されている巨大オブジェです。フランツ・カフカといえば、不条理文学の代表格ともいわれている「変身」が最も有名ではないでしょうか。40代という若さでこの世を去ったカフカが残した作品はもちろん、ラブレターといったプライベートに関係する資料を多数展示している博物館は2005年にプラハでオープンしました。その博物館の入り口近くにあるのがこのオブジェ。カフカの「K」です。通りで圧倒的な存在感を発揮するこのオブジェのもつ、シンプルながらもどこか複雑さを感じるデザインは、カフカ作品のもつトーンを見事に再現しているように感じます。

ちなみにプラハ市内には、至る所にカフカが存在しており、ビジネス街の中心地に高さ11mの巨大なカフカ像が設置されています。表面は鏡のようになっており、周囲を映し出すことから、ここでもカフカらしい歪みや不安定さのようなものを感じ取ることができるスポットとして有名です。博物館前の「K」のオブジェは、どこか街並みにそぐわない異質感のある、カフカ自身を最も端的に表現するオブジェデザインといえます。

 

真実とは何か問いかける巨大オブジェ

巨大オブジェ風のブース

アメリカ・ニューヨークで約1年間の期間限定で展示された野外巨大オブジェ風ブースです。巨大オブジェ風のブースは、インタラクティブな場所になっており、「真実とは何か」をブース内のビデオレコーディング設備で自由に残していくことができます。このオブジェ風ブースがあるエリア一帯に、吹き出し型の大小様々なオブジェが設置され、「真実」をあらゆる側面から理解しようというテーマが展開されました。モダンアートのトレンドとして、インタラクティブなものは世界的に広がっており、そこにいる人(観客)というピースを作品の一部として捉えるというのは、芸術活動の基本なのかもしれません。

この展示は、ブルックリンを拠点とするアーティストハンク・ウィリス・トーマスというアーティストによるデザインで、自分の身の回りにある世界を解釈する方法における権力構図がポップカルチャーやメディアなどにどのような影響をもたらしているのかを掘り下げたいという考えをベースに創作されています。「あなたにとっての真実」という問いかけが、芸術作品となって展示されたときの浸透力を実感するオブジェデザインです。

 


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中の作品・デザインをピックアップして紹介しています。

デザイン料金について

デザインの作成について
チラシやポスター・パンフレットなど、各種広告デザインの作成・グラフィックデザインに関する業務はお任せください。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

事業概要 / ご利用規約

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。
050-5243-3791
問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行はメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。(口頭による依頼の受付・進行は行なっておりません) タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせフォーム