ミニマルな中にぎゅっと魅力が詰まったレゴの広告デザイン例

ぎゅっと魅力が詰まったレゴの広告デザイン

レゴは、プラスチックでできた組み立てブロックのおもちゃで知られるデンマークの玩具会社です。創立は、1934年。社名は「Leg Godt(よく遊べ)」という言葉にちなみます。それまで主流だった木製玩具がプラスチック製のものに入れ替わったのは、1949年のこと。以来、組み立てブロック市場では世界で圧倒的なシェアを占めるトップ企業に成長しました。映画産業やテーマパーク事業にも乗り出すなど、多角的なビジネス展開を進めていることでも知られ、広告戦略にもかなりの費用をかけている様子。今回はそんなレゴの広告デザイン例の中から一部を取り上げてご紹介します。

 

想像力を喚起するレゴの広告例 その1

ミニマルなレゴの広告1

広告にとって、商品の機能や性質を強調することは不可欠です。かといって、必ずしも商品の購入を促したり、執拗に購買意欲を高めたりすることだけが広告の成否を決定づけるわけではありません。

レゴのこの広告では、シンプルな二つのブロックを十字に重ね、それに呼応するように複雑な飛行機のシルエットを描いています。たった二つのブロックでも、想像力次第で飛行機を創り出すことができるということを、一切のコピーを使うことなく巧みに表現。背景にブルーを用いることで、飛行機のシルエットを映し出す海を表現しています。

 

想像力を喚起するレゴの広告例 その2

ミニマルなレゴの広告2

あらゆるメーカーの広告にとって最も重要なことの一つは、ターゲットオーディエンス目線で見たときに、当該商品・企業の広告であることをはっきり明快に認識されることです。

この広告では、中心にレゴブロックを一つだけおいて、穴が空いた壁を表したイラストを加えています。これを見た多くの人は、このブロックをネズミを誘導するためのエサ(チーズ)だと思うかもしれません?ブロック一つで、しかも分かりやすいチーズのような色を使わずに、特定の情景をありありと表現することに成功しています。

広告を見るのは子供ではなく、大人です。これを見た大人は、レゴの組み立てブロックが子供にとって想像力を培うのに有効であることを、決定的に印象づけられるのではないでしょうか。「IMAGINE LEGO(レゴを想像せよ)」というコピーも秀逸。無駄な表現の一切を省くことで、この広告がもつメッセージを強烈に訴えかけることに成功しています。

 

レゴでは、今回ご紹介したような想像力をテーマにした広告以外にも、様々なタイプの広告を打ち出しています。子供と過ごす有意義な時間を強調するものなど、実に興味深い広告事例が多く、目が離せない企業の一つと言えるでしょう。


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中の広告制作事例をピックアップして紹介しています。

広告デザイン料金

グラフィック・広告デザインの作成について
チラシやポスター・パンフレットなど、各種広告デザインの作成・グラフィックデザインに関する業務はお任せください。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行はメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。(口頭による依頼の受付・進行は行なっておりません)
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。