モデル・芸能事務所のスタイリッシュなロゴデザインを制作しました。

芸能事務所の会社ロゴデザイン

軽やかなラインが美しい芸能事務所のロゴマークです。

手書き風でありながら決して安っぽくない、安定感のあるデザインに仕上げました。社名の通り、ラインを意識した爽やかで活力を感じるロゴです。

芸能事務所の会社ロゴデザインロゴ作成例に関する考察 

芸能・モデル事務所のロゴに求められること

ファッションモデルや芸能人は、それぞれに個性を持っていなければなりませんが、ファッションやシチュエーションに合わせて自分自身をあわせていく必要もあります。そのため、こういった特殊な人材を抱えているモデル事務所や芸能事務所のロゴマークを作成するときには、個性がありながら親和性の高いものを作っていく必要があります。
こちらのロゴマークは、芸能・モデル事務所のものですが、フォントに個性を残しながら、爽やかで安心感がある雰囲気にまとめています。正式な会社名は見かけることの多いオーソドックスなフォントで、日本語で書かれていますので、日本人にはなじみやすく、また、誠実な印象も受けます。華やかな世界の雰囲気を持つ事務所であっても、やはりクライアントにとって真面目で誠実な対応をするところでなければ長く付き合っていくことはできませんので、落ち着きのあるフォントはイメージづけとして非常に役立っています。

オリジナリティと、誠実さのバランスをデザインに

一方、シンボルマークは会社名を略して英語表記にしたものです。文字だけのロゴは地味に思われがちですが、頭文字のSを大きくとることで、全体の規則正しさをあえて崩し、個性を出しました。モデルや芸能人は、基本的にスマートな人が多いことから、このロゴで使われている線はいずれも細めになっています。
そのため、デザインによっては迫力のない見た目になってしまうこともありますが、Sの字を大きくし、さらに線に強弱をつけていること、手書きのような躍動感のある文字にしていることから、細い線で上手に存在感を出しています。基本のカラーはブルーにしており、ホワイトの背景と合わせて、清潔感があり純真な様子がうかがえます。手書き風の文字は活力がありながら、女性らしい優しさや気品を感じられる仕上がりになっており、淡い色使いのロゴでも決して安っぽくはなっていません。
むしろ、メリハリのあるラインで描かれた社名は、機械的に作られたデザインでは出せない魅力を持っていますので、安定感や高級感が感じられます。複数の色を使わないことで、ファッションや状況に合わせて臨機応変に対応できるモデルや芸能人をイメージさせており、クライアントからの評価も高まるようなデザインです。色を単一にするのではなく、濃淡でグラデーションをつけることにより、爽やかさ、繊細さ、高級感などこちらの事務所で抱えているモデル等のイメージを連想させます。男性にも女性にも好まれるロゴマークです。

 

ロゴマークに対する感想 

華々しい世界への橋渡しをする企業として、ぴったりのロゴに思えます。

「これまた、清涼感があっていいロゴですね。左の大きな「S」が印象的です。モデル・芸能事務所のロゴということですが、これはその種の仕事にぴったりといえるのではないでしょうか。この文字の色合いは、青空を連想させるところがありますけれども、モデルや芸能事務所は、擁するモデル、タレントを大空に羽ばたかせなければいけません。そしてまた、そこに所属する人々も、芸能界という大空へと羽ばたき、そこで一旗あげることを目標にしているのではないかと思います。そういった意味で、このロゴは「可能性」を感じさせますから、芸能界に携わる会社としては、まさにうってつけといえるのではないでしょうか。
スタイリッシュで、爽やかで、清涼感があって、ここに所属すれば、それこそ大空へ羽ばたけるのではないかという期待を抱かせるデザインになっていると思います。ただかっこいいというだけでなく、そこにメッセージらしきものを読み取れるのが良いですね。そして、なんといっても、Sの文字のデザインが印象的です。まるで新体操のリボンのようにしなやかで、美しさとか、可憐さとか、そういったものを想起させるロゴになっています。これから芸能人になろうとしている人だけではなく、芸能界に関連するあらゆる企業への宣伝にもなっているんですよね。このロゴは会社の広告塔となって様々な場面で活躍することができそうです。これが名刺などに印字されていれば、社員の方々も自信がわいてくるのではないでしょうか。」

クリーンな印象で、好印象の持てるデザインです。

「モデル事務所や芸能事務所も会社なので、会社名が入っているというのは絶対条件です。会社のマークがあるのであれば、一緒に含めたロゴデザインにするという方法もあるのですが、会社のマークを作っていないというところも多くなっています。そのような場合には、社名の記載方法を工夫したロゴデザインにすることが求められています。最近は会社名にアルファベットを用いることが多いですが、日本の会社なので、日本語の表記もあった方が親切です。
このロゴデザインを見ると、日本語でもしっかりと会社名が記載されていますし、マーク代わりのアルファベット表記が目立つようになっています。書体を変えることでよりメリハリを出しています。遊び過ぎず安心感のあるロゴデザインにした方が、モデル事務所や芸能事務所の場合にはよいでしょう。青を基調とした文字で明記して、背景が白を基調としている作りであれば、爽やかな清潔感がありますし、モデル事務所や芸能事務所以外の会社でも使用できそうです。」

 

企業ロゴの作成について

企業ロゴ制作料金のページへ

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧


事業概要

ご利用規約

ASOBO DESIGN™ではチラシやポスターのデザイン制作をはじめとした、様々なデザインサービスを行っています。