よく知っているモノを別のモノで表現している広告ビジュアル例

別のモノで表現している広告ビジュアル

一目で意味がわかり、かつ面白みを感じる表現として、人々がよく知っているモノを別のモノに置き換えている広告をピックアップしました。

 

フォークでワイングラスを表した広告ビジュアル例

フォークでワイングラスを表した広告デザイン

なんの変哲もない空のワイングラスのように見えます。バックのライティングもオーソドックスなものです。しかしすぐに、2本のフォークを向かい合わせに並べたものであることがわかります。これはオーストラリアの「フード&ワインフェスティバル」というイベントの広告です。フォークで料理を、ワイングラスでワインをシンボライズしているわけです。こんなフォークだと食べにくい、という方も当然いると思いますが、素晴らしいアイデアに免じて大目に見てあげてください。

 

ピアノの鍵盤を指で表現した広告ビジュアル例

ピアノの鍵盤を指で表現した広告デザイン

ピアノマニア、とでも訳すのでしょうか。「Piano Folies」というフランスのクラシック音楽フェスティバルの広告です。ピアノの鍵盤の代わりにひとの指を並べました。指が仲良く重なって並んでいる様子は、音楽やピアノを愛する人々が仲良く集うことを表現しているのかもしれません。そういえば、英国出身4人組の元メンバーと米国出身ポップスターによるデュオの名曲がありました。曲名を無理に和訳すると「黒檀(こくたん)象牙(ぞうげ)」となります。高級ピアノでは、黒鍵に黒檀、白鍵に象牙が使われます。

 

クツの履き口をあんぐりと開けた広告ビジュアル例

靴のセレクトショップの広告デザイン

スイスを拠点としている靴のセレクトショップの広告です。このキャンペーンのスローガンが「驚くほどすばらしいコレクション」というものですので、驚いている女性のバストショットが使われています。そして、女性だけでなく、見ているこちらも驚きます。驚いてあんぐり開いているのは、女性の口ではなく、ブーツの履き口だからです。おもしろいですね。靴の外観もよくわかります。このキャンペーンでは、モデルと靴の組み合わせを変えたバリエーションが数点作られたシリーズとなっています。

 

新聞・雑誌広告やポスター、ビルボードなどの広告では、とにもかくにも人の心を瞬時でとらえることが必要条件です。消費者の購買心理プロセスの「AIDMA(アイドマ)」の「A」、つまり「Atention(注意)」を引きつけることが求められます。そのやり方は限りなくあると思いますが、今回のサンプルのように、何か別のもので表現する、というアプローチをひとつの型として持っておくといいでしょう。



「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中の広告制作事例をピックアップして紹介しています。

広告デザイン料金

グラフィック・広告デザインの作成について
チラシやポスター・パンフレットなど、各種広告デザインの作成・グラフィックデザインに関する業務はお任せください。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

よく読まれているページ

まだデータがありません。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error:
事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行は全てメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。【 口頭による金額提示、依頼の受付・進行は行なっておりません 】
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。
ゴールデンウィーク・夏期休業(お盆)・冬季休業(年末年始)などの 長期休業期間につきましても対応外となります。