音楽をモチーフにした楽しげなロゴの作成例 -#518

音楽に関連するロゴをピックアップしました。音楽は、人間の喜怒哀楽から観念や思想まで表現できるので、「楽」という字があるからといって、それをモチーフにしたロゴがすべて楽しげになるとは限りませんが、今回は比較的明るいイメージのロゴを紹介します。

 

トランペットと試験管を組み合わせたロゴ

Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

トランペットの3本のピストンバルブが、色のついた液体のはいった試験管になっています。「音楽」と「実験」をそれぞれトランペットと試験管でシンボライズしたロゴです。「lab」とは、研究室、実験室、演習室などの意味を持つ「laboratory」の略です。「ラボ」という言葉で日本にも輸入されていますが、英語の略語は「labo」ではないので注意が必要です。単語の頭文字を大文字にしたうえで、スペースを入れずに複数の単語をつなげている「MusicLab」の表記は、プログラムなどで使われている「キャメルケース」と呼ばれるスタイルです。「MusicLab」は、このロゴのトーンから類推すると、「音楽研究室」という名前の音楽教室かもしれません。

 

ト音記号を使った音楽学校のロゴ

Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

ガウンをまとった卒業生が一斉に角帽を高く投げ上げるシーンは映画などでもお馴染みです。角帽を見ると学校、特に大学を連想するひとが多いのではないでしょうか。このロゴでは音楽をト音記号で、学校を角帽でシンボライズして組み合わせました。ト音記号がなんとなくマントのように見えるのがおもしろいです。

 

モーツァルトという名の洋菓子店のロゴ

Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

このロゴでは鍵盤がまず目に入りますが、その左右に何かが突き出しています。その上に交差させているのは何でしょうか。ひとつは泡立て器で、もうひとつはおそらく木ベラでしょう。鍵盤の下の文字は「patisserie」と読めます。パティセリー。そうです。これは「モーツァルト洋菓子店」のロゴなのです。店主の名前がたまたまモーツァルトなのか、店内ではモーツァルトが流れているのでしょうか。真ん中のイメージは、パン生地などを延ばす「めん棒」に鍵盤を組み合わせたものでした。

 

音楽を象徴するものは、楽器や音符など数多くあります。そのような要素は音楽であることを明確にはっきりと伝えるので、それらを含むロゴのメッセージはわかりやすいと思います。


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

ロゴデザインの作成について

ロゴ作成の依頼・制作料金について
ロゴ作成は予算や要望に応じたプランからお選びいただけます。お求めやすい価格でロゴの制作依頼が行えます。詳しくは上記リンクより制作料金プランをご覧ください。

ロゴデザインの作成・提案事例
ロゴの制作実績を掲載しています。会社・商品・ブランド・団体など、カテゴリ別にロゴのサンプルをご覧いただくことも可能です。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行はメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。(口頭による依頼の受付・進行は行なっておりません)
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。