シンプルなデザインの中に、広がる音楽の可能性を詰め込んだバナーデザイン -#077

音楽の可能性を詰め込んだバナーデザイン

様々な写真やモデル、商品イラスト、価格等を盛り込むのがバナーデザインの基本中の基本ですよね。その中で、売り出す商品がサービスや目に見えないものである場合、どうやって表現するのが効果的でしょうか。今回は音楽イベントを例に、商品イメージのみをバナーにしたデザインをご紹介します。

音楽イベントのバナーデザイン

1つ目のバナーデザインは見方によっては熱い熱気や炎を意識させますが、夕焼けのようにも見えますし、または強いオーロラの光の様に捉えることも出来るかもしれません。どれをとっても共通しているのは、柔らかで滑らかな動きをするのにも関わらず、それ自体が持つエネルギーはとても大きいということ。この点は音楽と表通するところがあるのではないでしょうか。テクノ系のライブ音楽は流れる様にDJが曲を繋いでいき、大きな一つの作品を作り出します。それぞれの曲があまりにもスムーズに繋がることで、意識は一曲ずつよりもその音楽全体に集中していきます。そうしてそのDJが演奏し終わる頃にはすっかり感動して、心から楽しんで、素晴らしい経験をした気分になること、クラブに行ったことがある人なら誰でも共感出来る感覚ではないでしょうか。そうした感覚を、夕焼けやオーロラの様な美しいグラデーションを思わせるカラーを使うことで例えている様に見えてきませんか。2つ目のバナーデザインは無機質なコンクリートと蛍光灯が、地下室のような閉ざされた空間を連想させます。そうしたどこか隠された場所で、ひっそりと行われるライブイベントかの様な、どこか秘密めいた雰囲気を与える効果がありますね。より好奇心をそそるデザインとなっています。3つ目のバナーデザインは深夜のハイウェイをイメージさせるデザインです。反対車線を向こうから走って来る車のヘッドライトか、それとも走る先に明かりが溢れる何かがあるのか、判断はし辛いですが、いずれにしても何かが向こう側にあること、それが迫って来ているというイメージを植え付け、良い意味でどこか緊迫感があるような印象を抱かせますね。音楽イベントを通して広がっていく世界、発見していく喜びや楽しみを光で表わした面白いデザインです。

 

目に見えないものを商品として宣伝するからこそ、バナーを見る人がイメージしやすく、またより知りたいと興味を湧かせるデザインが重要になってきますね。今回はテクノ系のイベントを用いて説明しましたが、ライブイベントのバナーはいかに洗練したイメージをキープするかがポイントになってくるかもしれませんね。シンプルにタイトル、DJ名、日にち、場所を飾り無く載せることで、分かりやすさだけではなく背景の写真も活かしていくことが出来ます。いかに飾るのかではなく、いかにシンプルにするかという視点で余分な部分を削ぎ落としていくスタイルでバナーを作っていくのも面白いかもしれません。

 


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。

バナーデザイン料金

WEBバナーデザインの作成について

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行はメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。(口頭による依頼の受付・進行は行なっておりません)
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。