2020年のパッケージデザインのトレンド予測まとめ

2020年のパッケージデザインのトレンド予測まとめについて

近年の大きなトレンドとなっているミニマリズムは2020年も主流でありつづけるでしょう。ホワイトスペースを生かしたシンプルなデザインはラベルが読みやすく、ブランドのメッセージが伝わりやすいです。

ロゴやブランディングがミニマリズムをベースとしている場合は、パッケージデザインにも整合性が求められます。グラフィカルな要素としては幾何学的なモチーフやフラットで2次元的なイラストレーションが選ばれることが多いでしょう。

 

ブランドのストーリーを語るパッケージデザイン

ECサイトのパッケージ

ECサイトでは店頭販売のように棚の商品を手に取ってじっくりとパッケージのメッセージを検討することができません。消費者がパッケージを見たりさわったりするのは購入した製品が手元に届いたときです。

ですから、それがブランドと顧客が初めて直に出会うタイミングとも言えます。ブランドのストーリーを語る媒体としてのパッケージデザインは2020年に増えるでしょう。

パッケージの形状・大きさ・素材・色・デザイン・写真・イラスト・テキスト。あらゆる要素で顧客との強いつながりを築くために、店頭POPとしてのパッケージデザインとは別のアプローチが求められます。

 

整然と構成されたレイアウトのパッケージ

整然と構成されたレイアウトのパッケージ

ブランドのストーリーを語るひとつのスタイルとして、タイポグラフィを重視したデザインです。テキストを中心に整然としたレイアウトで読みやすさと好印象を提供します。基本的にはミニマリズムと同じ方向のアプローチで、イラストや図形などの要素は最小限におさえられ、各要素のデザインもフラットでミニマルなものです。

整然と構成されたレイアウトのパッケージ2

整然と構成されたレイアウトのパッケージ3

 

透明なパッケージデザイン

透明なパッケージ

食品、食材に対する顧客の要求は高まっています。原材料・調理・新鮮さなどへの関心、エコロジーへの意識、ベジタリアンやヴィーガンなどさまざまな理由から、内容物そのものを自分で確かめて買いたいというニーズは高まっています。内容物が見えるガラスやプラスチック容器にターゲットユーザーにマッチした色使いやテイストによるミニマルなデザインが増えるでしょう。

透明なパッケージ2

透明パッケージのトレンドにはもうひとつ別の要因があります。飲料品や調味料、あるいはシャンプーなどには製品自体の色が顧客にアピールするものが少なくありません。製品を主役にしてその美しさを活用するデザインです。

透明なパッケージ3

 

エコロジカルな取り組み

サステナブルなパッケージデザイン

自然分解可能なバイオプラスチックや再生利用可能な素材でパッケージを作ったり、使用する材料を厳選したり、パッケージの小型化などでゴミを減らすなどの対応はブランディングにもつながります。

サステナブルなパッケージデザイン2

環境への関心はあらゆる分野で強く大きくなっています。デザイン面ではパステルカラーやアースカラーなどナチュラルな色合いが選ばれるでしょう。

 

緻密に作り込まれたヴィンテージデザイン

ヴィンテージデザイン

2020年にはミニマリズムへの反動がトレンドのひとつとなるだろうと予測する専門家が多くいます。経済的に低迷すると消費者は贅沢さへの思いが強くなるというのです。ヴィンテージ感を演出する場合、複雑で細かい装飾と細密に描かれたイラストが使われます。

ヴィンテージデザイン2

またフォントは、長いヒゲ(スワッシュ)に彩られたセリフ系、アウトライン化されたサンセリフ系などをベースにさらに装飾を施されたオリジナルレタリングが作り出されるでしょう。パッケージデザインそのものがアート作品や工芸品のような仕上がりになります。黒字にメタリックカラーを組み合わせて高級感が演出されます。

 

身近なプロダクトの新たな見せ方

斬新なパッケージデザイン

商品自体は普段から馴染みのある日常的なものであっても、ブランディングや差別化のために特別なパッケージがデザインされるケースがあります。

斬新なパッケージデザイン2

斬新なパッケージデザイン3

たとえば古風な笠をかぶった生産者の頭部を模した米のパッケージ、子供向けの色とりどりのジャムを絵の具に見立てた木製のカラーパレットなどの例があります。ユニークなパッケージデザインで競合との差別化を図るとともにブランドからのメッセージを込めることができます。

 

グラデーションを用いたパッケージデザイン

グラデーションを用いたパッケージデザイン

グラフィックデザインやロゴデザインと同様に、2020年はグラデーションの採用がさらに進むでしょう。同じ色合いでもグラデーションは調整や組み合わせ方でさまざまなバリエーションが可能です。このため目新しさと独自性をカラーリングだけで演出できるというメリットがあります。

グラデーションを用いたパッケージデザイン2

背景でなくメインの要素としてグラデーションを使う手法が2020年の新しいトレンドとなるでしょう。また、写真やイラストを原型がわからないほどぼかした抽象的なビジュアルも増えるかもしれません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dieline(@thedieline)がシェアした投稿

 

黒・ホログラフィ・メタリック(箔)を用いたパッケージデザイン

黒に箔押しのパッケージ

黒と白だけでダイナミックにデザインしたパッケージは店頭で競合よりも目を引きます。商品のポジショニングやブランドイメージなどとの兼ね合いから慎重に検討する必要がありますが、カテゴリー内のトップエンド商品であることをアピールする場合などには有効でしょう。

ホログラフィ箔押しのパッケージ

また、黒地にメタリックまたはホログラフィを組み合わせることで洗練さや高級感を演出できます。

 

まとめ

パッケージを開くときから商品についてのユーザー体験は始まっています。商品を購入してもらったら「完結」というわけではありません。リピーターやロイヤルカスタマーとなってもらえるかどうかに影響を与える、カスタマージャーニーのプロセスのひとつです。パッケージにどのようなメッセージを込めるかが重要なポイントとなるでしょう。


【参考資料】
12 Creative Packaging Design Trends In 2020 (https://www.designhill.com/design-blog/creative-packaging-design-trends/)
11 inspiring packaging design trends for 2020 (https://99designs.com/blog/trends/packaging-design-trends/)
Packaging Trends 2019/20 Trailer | Stylus (https://www.youtube.com/watch?v=C2AL2Ug1dAw)

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。



サイトへのお問い合わせ・依頼パッケージデザインについて

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error:
事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行は全てメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。【 口頭による金額提示、依頼の受付・進行は行なっておりません 】
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。
ゴールデンウィーク・夏期休業(お盆)・冬季休業(年末年始)などの 長期休業期間につきましても対応外となります。