SNSのロゴは公式サイトからダウンロードしよう!- やっていいこと・悪いこと

 

公式SNSロゴについて

ウェブサイトやブログで、Twitter、Facebook、Instagramなどのロゴを使っている、使いたい。というケースはとても多いと思います。投稿のシェアを期待したりSNSへ誘導するために、運用しているSNSやソーシャルメディアのロゴを自社サイトに設置したり、印刷物で告知することはすでに定石です。そういう時SNSのロゴはどうしていますか。画面のキャプチャとか、表示されているアイコンの画像データをダウンロードしたりしていませんか?

実は正規のロゴデータを自由にダウンロードして利用することができるのです。ハイクオリティのデータが各SNSやソーシャルメディアの公式サイトで配布されています。ダウンロードは自由ですが使い方にはルールがあります。もしブランドガイドラインに違反すると最悪の場合アカウントを停止されるおそれもあります。プライベート使用であってもビジネス目的の利用であっても同じです。そのあたりのことを簡単にまとめてみました。

 

SNSのロゴ、この使い方はOK?NG?

Misuse via Twitter Brand Guidelines

趣味的なブログやフリーランサーのサイトの中にはデザインへのこだわりが強いと感じられるものが少なくありません。企業サイトであれば、コーポレート・アイデンティティやブランド・アイデンティティで使えるカラー・パレットが規定されている場合が多いでしょう。もう少し規模の小さなビジネスであっても、ブランディングに意識の高いオーナーやクリエイターであればデザインにこまかく気を配っていると思います。

それではサイトのデザインに調和することを意図して、上記のような使い方をしても問題ないでしょうか。よく目にするTwitterのシンボルマークはブルーですから、レインボーカラーの(A)はいかにもNGっぽいですね。次の(B)は正六角形のフレームに背景色を入れてシンボルマークを白く抜いています。3番目の(C)はマークをアウトライン化しました。最後の(D)はシンボルマークの横に「Twitter」の文字を並べています。

ここで紹介した4点はTwitterのブランドガイドラインに掲載されている「Misuse」(誤用)の例からピックアップしました。これぐらい大丈夫だろう、と自己判断で加工してしまうとガイドラインに違反する可能性があることがおわかりいただけると思います。

 

規定違反でアカウント停止の可能性も

ところでブランドガイドラインに違反した場合どうなるのでしょうか。Facebookの利用規約を例として見てみましょう。

Facebook利用規約
https://www.facebook.com/terms

利用規約はFacebook(を提供している企業)とユーザーとの契約です。もし今Facebookを使っているのであれば、それは利用規約にあなたが同意したことを意味しています。Facebookに登録した時に「アカウントに登録していただいた場合、Facebook利用規約に同意〔‥中略‥〕したとみなされます。」というメッセージが表示されたことを覚えている人は少数派だとは思いますが。

ともかく、その利用規約には、Facebookのサービスと引き換えにユーザーが誓約すべき項目がいくつか挙げられています。その中に「弊社の知的財産権の使用に関する制限」というものがあり、そこには、「ブランド利用ガイドライン」で許可されている場合か、事前に書面による許可を得た場合に限って、Facebook社の知的財産である「著作物や商標(または類似のロゴ)を使用することができます」と明示されています。

大事なことは、FacebookのロゴはFacebook社の知的財産権の対象であるという点と、Facebookユーザーは利用規約に書かれている使い方にすでに同意しているという点です。

そして、Facebook利用規約の中の「追加の規定」には「アカウントの一時停止または終了」という項目があり、ユーザーが「規約やポリシーに明白または重大な違反」を行なったとFacebook社が判断した場合は、「アカウントへのアクセスを一時的または永久に停止すること」ができるとしています。複数の規約やポリシーがあるのですが、そのひとつにブランドに関するポリシー「Facebookブランドリソース」もあります。

「Facebookブランドリソース:このガイドラインは、Facebookの商標、ロゴ、スクリーンショットなどの使用に適用されるポリシーについて説明しています。」

つまり、ロゴのガイドラインに違反しているとFacebook社が判断した場合は、アカウントが停止される可能性があるのです。

SNSやソーシャルメディアに限りませんが、ロゴやアイコンはサービスやプロダクトを提供している企業の知的財産であり、ユーザーの判断で勝手にアレンジすることは基本的にできないと考えるのが良いでしょう。

 

何がブランドガイドラインに書かれているか

アカウント停止とかちょっと緊張してしまうようなことを書きましたが、勝手にアレンジはできないということさえ頭に入れておけばまずは大丈夫です。ロゴやアイコンを自由に使えないというわけではありません。各サービスは公式サイトでロゴデータをダウンロードできるようにしているわけですから。ガイドラインに沿った使い方であれば心配はいりませんし、ガイドラインも基本的な考え方は各社概ね同じです。

では、ブランドガイドラインにはどのようなことが書かれてあるのでしょうか。各社、各サービスで細かい部分には違いがありますが、基本的にはロゴやアイコン自体のデザインと使い方に関する制限です。ざっくりまとめると以下のとおりです。

 

ロゴ、アイコン自体のデザインについて

・公式サイトなどで提供されているデータを使う

スクリーンキャプチャ(スクリーンショット)や、トレースしたり描き起こした画像は使えません。

・提供されているデータを加工しない

データを変形して使うことは基本的にできません。公式サイトから入手したデータの縦横の比率を変えたり、歪ませたり、線の太さを変えるというようなことはできません。また、別の要素を追加したり、ほかのデータや画像との合成も禁止されていることがほとんどです。自社ロゴとSNSのロゴを組み合わせてひとつのデザインにまとめることも禁止されています。アニメーションにしたり立体化(3D化)もできません。

・指定の色以外使わない

ロゴやアイコンの色は厳密に決められています。デジタルデバイスのRGBやHEX、印刷物のCMYKといったカラーコードで規定されています。たとえばTwitterのブルーは、RGBの場合「R29・G161・B242」、CMYKの場合「C69・M26・Y0・K0」といった具合です。数値の意味がわからなくても、画像加工アプリなどで色を調整したり変換したりせずに公式データのままで使えば大丈夫です。指定色は1パターンだけなく、背景の色やグレー表示など、使われる状況に応じて複数のバリエーションが認められていることもあります。自社のブランドカラーとデザインを統一したいからといって、勝手に自社のロゴカラーと同じ色に変えるとブランドガイドラインに違反すると考えた方がいいです。ただし、あらかじめメールで希望の使い方を問い合わせておけば許可をもらえる可能性もあります。

 

SNSロゴの使い方について

・ロゴやアイコンのまわりに一定のスペースを確保する

ウェブページに配置したり印刷するときに、ロゴの周囲に一定のスペースを設けることが求められます。たとえば、ロゴのタテ・ヨコの長さの1/2の余白を保つ、などのように具体的な基準が示されていることが多いです。テキストやグラフィック要素、他社のロゴなどほかのデザイン要素と並べるときなどに注意が必要です。印刷スペースがないからといって、アイコンをぎちぎちに並べるとブランドガイドラインに違反している可能性が大きいです。この余白のことは、クリアスペース、クリアランス、プロテクトエリアなどと会社・サービスによっていろいろな言葉で表現されていますが意味は同じです。

・指定のサイズ以上の大きさで使う

言い換えると最小使用サイズの指定です。30×30ピクセル以上で使う、というふうに指定されます。印刷物でも「7mm以上」と指定されている場合もあります。前項のロゴ周りのスペースと合わせて考える必要があります。

・使い方の制限

SNSにアカウントを持っていること知らせるためのロゴと、コンテンツをシェアしてもらうためのロゴ(アイコン)が別々に提供されている場合がありますが、指定された正しい使い方をしなければいけません。本来の用途と違うロゴは使えません。ロゴのサービスとは無関係のサイトやページへのリンクを設定することなども禁止されています。

・誤解を与えない

たとえばユーザーがサービスやプロダクトを提供している場合に、それがTwitterやFacebookから提供されていると勘違いされないようにする必要があります。また、そういったSNSやソーシャルメディアと提携していたり、推奨されているかのような誤解を与えないように注意しなければいけません。

・ロゴとテキストの組み合わせ

具体的な制限は会社やサービスによって内容は異なります。ロゴと並べて表示できるサービス名の表記の仕方(大きさ・フォント)などが指定されていたり、文言が決まっていたりします。ロゴによっては単独でしか使えない場合もあります。

 

★ 公式ロゴはここからダウンロードできます

公式ロゴDL

代表的なSNSとソーシャルメディアの公式ロゴがダウンロードできるページを紹介します。各サイトでは、ロゴのデータなどをまとめて「アセット」とか「リソース」といった呼び方をします。アセット(asset)、リソース(resource)は「資産」を意味します。それぞれの企業の知的財産というわけです。

 

Twitterのロゴ・アイコンのDL

→Twitterのブランドリソース

次のアイテムがダウンロードできます。

・ブランドガイドライン
・Twitterロゴ
・ソーシャルアイコン
・ロゴと文字の組み合わせの定型化(テンプレート)
・ツイートの構成(テンプレート)

Twitterロゴに使える色はブルーと白だけです。ブルーはHEX、RGB、CMYK、Pantoneで指定されています。画像を背景とする場合のロゴは白にし、背景には黒10~20%のグレーのレイヤーを重ねるようにという指示もあります。印刷物などでどうしてもブルーや白で具合の悪い場合は、Twitterに許可を得て黒または指定のグレーでも表示可能です。

Twitterらしい点は、ユーザー名(@username)やハッシュタグ(#hashtag)とロゴを組み合わせる場合のテキストサイズやロゴとのスペースも決められていることです。書体は自由に選べます。また、Twitterのツイート画面を広告宣伝に使う場合のテンプレートも提供されています。

ダウンロードデータに含まれているガイドライン(PDF)は英語版だけですが、豊富な画像で細かく説明されているので、目をとおせばおおよそのことは把握できるでしょう。

 

Facebookのロゴ・アイコンのDL

Facebookブランドリソースセンター

以下のものがダウンロードできます。

・「f」ロゴ
・「Facebookもチェック」バッジ
・「親指アイコン」ロゴ

ダウンロードデータには含まれているガイドライン(PDF)は英語版ですが、サイトにはおおよその内容が日本語で詳しく説明されています。

「f」ロゴのガイドライン

「Facebookもチェック」バッジのガイドライン

「親指アイコン」ロゴのガイドライン

Facebookにアカウントを持っていることを知らせるときには「f」ロゴを使います。Facebookのワードロゴの使用は禁止されています。また、親指アイコンを使う時には、アクションを促がす言葉、たとえば「Facebookで『いいね!』してね」「アプリをFacebookにインストールしよう」「Facebookで使用してください」といったコール・トゥ・アクション(CTA)を明記しなければいけません。

テレビCMやデジタル広告、印刷用パッケージでFacebookブランドアセットを使用する場合は、下記のページから使用許可をリクエストして審査を受ける必要があります。またリクエストは英語で行う形式になっています。

広告主およびパートナー向けガイドライン

以下のFacebookファミリーのブランドリソースセンターも用意されています。

・Messenger
・Instagram
・WhatsApp
・Oculus

 

Instagramのロゴ・アイコンのDL

Assets Icons

以下のデータがダウンロードできます。

・Instagramグリフアイコン
・IGTVグリフアイコン
・Boomerangアイコン
・Hyperlapsアイコン
・Layoutアイコン

注意しないといけないのは、アプリアイコンに対する制限です。グラデーションのアプリアイコンはInstagram”アプリ”のためのものなので、それが使えるのはデバイス上で他のアプリアイコンと並べて表示する場合と、Instagramアプリをダウンロードしてもらうときだけです。それ以外の場合は「グリフアイコン」(Glyph Icon)を使わなければいけません。提供されているグリフアイコンのデータは白黒バージョンとカラーグラデーションバージョンですが、単色(ベタ塗り)ならば他の色に変えて使うこともできます。他のアイコンと並べる場合の例外的な使い方も画像で例示されているので参考にするといいでしょう。

記のページにガイドライン(Guidelines)が記されていますが概要だけです。アイコンの詳しい使い方は上記のアセット(Assets)ページにまとめられています。ただし、ガイドラインも使い方の説明も英語版のみで日本語版はありません。

→ Instagram Brand Resources

 

Pinterestのロゴ・アイコンのDL

→ Pinterest のブランドガイドライン

以下のデータがダウンロードできます。

・バッジ(Pinterestロゴ)
・ブランドガイドライン

上記のブランドガイドラインもやはり英語版のみですが、Pinterestサイトのガイドラインページは日本語で丁寧な説明があります。Pinterestのワードマークは企業のブランドロゴなので他者は使うことができません。文章中で「Pinterest」ということばを使う際の制限がやや細かいです。「Pinterestでトレンド」とか「トレンドのピン」という使い方はできません。また、「ピンする」のように「ピン」を動詞では使えず、「保存」を使わなければいけません。またアプリやウェブサイトでPinterestを利用する場合は「Pin」「ピン」「Pinterest」「ピンタレスト」などをアプリ名やドメイン名には使えません。

 

LINEのロゴ・アイコンのDL

LINE App Icon Guideline(ガイドライン)

以下のデータがダウンロードできます。

・アプリアイコン

ガイドラインは上記ページで説明されています。広告などでのロゴやアイコンなどの使用については下記ページに記載されています。

広告・販促・告知物等におけるLINE関連素材のご利用に関して

 

はてなブックマークのロゴ・アイコン

素材集

以下のデータがダウンロードできます。

・ロゴ
・ロゴタイプ

ウェブサイト・新聞・雑誌で使えるリソースであることだけが書かれていてガイドラインは見当たりません。商用利用する場合はメールで問い合わせる必要があります。

 

規約やガイドラインはブランドやロゴがリニューアルされた場合だけでなく不定期に改定されますので定期的にチェックするのがいいでしょう。ガイドラインが提供されていても、実際に使用するシチュエーションは千差万別でしょうし、どう解釈すればいいか迷うことも当然あるかもしれません。各ブランドはメールでの問い合わせを受け付けていますが、残念ながら英語で書かなければならないところも多いようです。ビジネス用途でロゴを使いたい場合は、余裕を持って対応するのが良さそうです。

 

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧


事業概要

ご利用規約

ASOBO DESIGN™ではチラシやポスターのデザイン制作をはじめとした、様々なデザインサービスを行っています。