和菓子ブランドの格調あるロゴデザインを制作しました。

和菓子ブランドのロゴデザイン

和菓子を中心とした菓子ブランドの落ちついたロゴデザインです。

年配層の顧客目線で、読みやすさも大切にして仕上げました。伝統的なイメージの中にも、モダンな雰囲気感じさせるロゴです。

和菓子ブランドのロゴデザイン

 

ロゴ作成例に関する考察 

和菓子の落ち着きあるブランドロゴ制作例

和菓子屋さんで売っている和菓子にどのようなイメージを持っているでしょうか。一般的には和菓子は高価なイメージがあるため、それに合わせたロゴマークを作っていく必要があります。一方で、最近は外国人向けに人気がありますので、外国人にもわかり易いようなロゴマークを作成するというのもひとつの方法でしょう。
まず、前者の高級なイメージを演出するロゴを考えてみると、ロゴに使う文字は毛筆体などを利用するのがいいかもしれません。一見して高価なイメージが出てくるからです。ただ、最近はひらがなのロゴマークを作る高級店も出てきていますので、ひらがなを利用して見てもいいでしょう。漢字とひらがなの混合のデザインにしてみると言う方法もあります。また、高価な商品をおいてあるのは大抵は老舗の店になりますが、老舗のお店を演出するためには家紋や落款を取り入れるのも良いでしょう。

和のアプローチは、デザインと色

色についても重要です。配色は出来るだけシンプルにして、紫を基調にしたものは多く見られます。なぜなら紫色は高級なイメージがあるからです。紫色はロゴマークにしてもいいですが、パッケージを紫色にして見てもいいでしょう。色はロゴデザイン以外でも使うことが出来ますので、紙袋などの色をこだわってみてもいいかもしれません。今回のデザインでは、屏風のような落ち着いたブラウンやゴールドを取り入れ、和のデザインを演出しています。
では、外国人向けにロゴマークを作るにはどのようなイメージがいいでしょうか。外国人に合わせたデザインも重要ですが、あまりにも外国人にこびてしまうと、逆に商品を買われなくなってしまいます。なぜなら、外国人が好むのは、いかにも外国人向けのお店ではないからです。それよりも、日本人しか知らないようなお店の方を好むはずです。しかも日本が好きで何度か来日していれば、特にこの傾向は強くなります。
このように考えると、ロゴを作るときには、外国人にわかり易い物を作るにしても、外国人にこびる必要はありません。わざわざ日本らしさをなくしたアルファベッドを用いて和菓子を表現するならば、今回のロゴのように漢字の下にアルファベッドで併記したほうが良いでしょう。漢字を読める人は少ないですが、デザインとしては好まれます。

 

制作ロゴデザインに対する感想 

どんな和菓子が取り揃えられているのか、気になってしまうロゴですね。

「これは何か仙人的な、荘厳なロゴですね。日本的な趣、風情、情緒、そういったものが詰め込まれているように思います。全体で見ると、そこまで派手でなく、年配の方に訴求するロゴなのかな、という感じなのですが、しかしそこにアルファベット、ローマ字を配することによって、どこか今風な、お洒落な雰囲気を演出することにも成功しています。目を引くのはなんといっても、「大和屋」の文字と、その左右の雲ですよね。この雲の渦巻く感じが、山の頂を囲む雲のようで、どこか仙人的な雰囲気があります。昔話や何かに出てきそうな感じですよね。これによって全体が、どこか古風な、それこそ純和風な雰囲気に仕上げられているのです。
そしてまた、この色合いもお洒落です。写真には、壁に金色でこのロゴが描かれていますけれども、実に高級な、質の良いお菓子を取り扱っているのだということが伝わってきます。安さではなく、その品質を何よりも重視するといった人も少なくないでしょう。そういった人に効果的に訴求するロゴだといえるのではないでしょうか。
それでいて、和菓子のパッケージや、包装などにこれが印字されるときには、それほど目立たない、ワンポイントの装飾といった印象になるでしょう。前述のように、アルファベットを配置することで、どこかモダンな雰囲気が出ていることもポイントですね。この和菓子の特質を捉え、それをうまく表現した、素敵なロゴマークだと思います。」

伝統的な感じを出すだけではなく、新しさも加えられているようなデザインです。

「和菓子というのはかなり昔から日本で楽しまれているお菓子です。現在では洋菓子や他の商品などと一緒に販売している店も増えてきました。しかし、昔からの伝統文化をしっかりと守り、先祖から受け継がれてきた和菓子のみで勝負している店もたくさん存在しています。和菓子というからには、やはり日本風なロゴデザインにすることが多いでしょう。和菓子というのは比較的安価で購入できるものの、創意工夫を凝らして豪華に見せる部分もあるので、それを表現するロゴにするのも良い選択ですね。
このロゴデザインは、金色を使用しているので、これだけでも豪華な感じがするというのはわかるでしょう。店名を大きく中心に持ってきて、周りを雲のようなデザインで描くような感じにすることで、より高級感を醸し出しています。さらに見やすくなっているので、年齢層に関係なく和菓子を購入したくなるように仕上げられていると言えるでしょう。」

 

※掲載ロゴデザインのモックアップ・使用例はイメージです。実際のロゴの仕上がり・活用例とは異なる場合がございます。

商品・ブランドロゴの作成について

食品ロゴ制作料金のページへ

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

よく読まれているページ

まだデータがありません。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error:
事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行は全てメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。【 口頭による金額提示、依頼の受付・進行は行なっておりません 】
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。
ゴールデンウィーク・夏期休業(お盆)・冬季休業(年末年始)などの 長期休業期間につきましても対応外となります。