Skip links
エステサロンの動画編集例

デジタルサイネージを想定したエステサロンのサンプル動画を作成しました。

デジタルサイネージを想定したエステサロンの動画編集例

画面が次々と生まれてくるエステサロンのサンプル紹介動画です。

エステサロンの動画編集例

上下や左右、真ん中と、あるラインを起点にパラパラと画像や動画があふれてくるように展開するエステサロンの紹介動画。BGMに合わせて気持ち良く広がるイメージ画像は見ているだけでエステサロンの雰囲気を体感できます。

デジタルサイネージのデザイン依頼はこちら

カラーは動画全体を白とクリーム色で統一し、清潔感やスキンケアをイメージさせるデザインでまとめています。画像や動画の解説をするテキストは、背景の動画や画像を透過させ、字を表示させるスピードをランダムにすることにより、透明感と人の手による施術であることをイメージさせています。

心地よさが伝わる映像と音楽で、テンポよく展開していく紹介映像は、サロンを利用したことのない人にもその感覚を伝えることができます。デジタルサイネージは耳と目に訴えかける「動くポスター」。街頭や店頭などで集客力を存分に期待できます。

動作編集例 vol1




動作編集例 vol2




 

デジタルサイネージ映像編集 - エステサロン

デジタルサイネージ映像編集 - エステサロン2

エステサロンの動画制作の際に考えたいこと

エステサロンのプロモーションビデオは、デジタルマーケティングを行う上で重要です。より多くの顧客を獲得し、注意を引くためのワンストップソリューションとも言えます。今の時代、誰もが膨大な量のテキストを読みたいとは思いません。しかし、美しい映像と魅力的なアイデアが盛り込まれた1分程度の短い動画であれば、多くの人は喜んで見てくれるはずです。

では、エステサロンのプロモーションビデオはどのように編集すればよいのでしょうか?

1. 動画の長さは短めにする

動画の長さは1分程度にしましょう。そうすることで、お客様は長時間見なければいけないという負担を感じることなく、動画に興味を持ちやすくなります。

2. 動画には目を引くイメージを使う

ターゲットとなる人々にとって分かりやすく魅力的な画像や映像を使用し、プロモーションビデオを見た瞬間にブランドに惹かれるようにしましょう。ただし、誰かを傷つけたり、無用な議論を巻き起こしたりすることのないようにメッセージやビジュアルの選択は慎重に行いましょう。制作した動画は、WEBサイトやYouTubeにアップロードしたり、FacebookやInstagramなどのソーシャルメディアで潜在的な顧客と共有する前に、適切な表現かどうかを再度チェックすることが大切です。

 

制作動画・映像編集に対する感想 

VOICE

リラックスできそうな明るい雰囲気が魅力の動画作例

リラクゼーションミュージックがサロンの雰囲気をアピール

BGMは2曲とも、心身をやさしくほぐして癒してくれるような優しいイメージ。動画を見るだけで、旅先のスパで施術を受けているような贅沢な気分になります。音と映像で訴求するという動画ならではのアピールを存分に活かしたかたちといえるのではないでしょうか。エステサロンは、自身をケアするためのちょっと非日常な空間です。訪れればリラックスできる、自分だけの特別な場所。動画は、そんな雰囲気を感じさせてくれます。

オイルやタオルなど清潔感のある備品がポイント

明るい印象のホワイトとクリームの色合いが清潔感を感じさせます。カウンセリング〜フェイスリフトマッサージ〜フットケアマッサージとマッサージの手順が心地よいリズムで切り替わっていくところがポイント。切り替え部分がバランスよく配置されているので、目を飽きさせませんね。サロンを利用した経験のない人にも、動画を見るだけで来店から施術の流れが伝わりやすい動画製作例です。

 

※掲載の動画は実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載している動画編集サンプル・モックアップはイメージです。実際のサイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

動画編集・映像制作





error: Alert: Content selection is disabled!!