Skip links
展示会ブース用のクロスデザイン作成例1

美容サロン運営会社の展示会ブースのテーブスクロスを作成しました。

展示会ブース用のクロスデザイン作成例1

滑らかな赤の布地にロゴが映える美容サロンの展示ブース用クロスデザイン。

高級感のあるしっとりとした赤い布地に、白一色で印刷したシンボルマークとロゴタイプ。ブースを正面から見た時にブランド名が一番に目に飛び込むように、正面になる横長の面には、ロゴタイプを大きく横位置に配置し、ロゴの先頭を飾るようにシンボルマークを左横に置きました。

旗・のぼりデザインの作成依頼はこちら

側面のクロスには、シンボルマークを大きくセンターに配置し、それを受けるようにマークの下にロゴタイプをレイアウトしています。

同じロゴマークでも、正面から見た時と横から見た時でレイアウトに変化をつけ、意匠性に富んだこだわりを感じるデザインに仕上げました。

赤地の布は、映画館の幕やカーペットなど、プレミアム感のある華やかさを持っています。そこにシンプルな白で印刷することで、さらにくっきりとした存在感と凛とした美しさを表現しています。

展示会用クロスデザイン制作事例

 

制作クロスデザインに対する感想 

VOICE

気品ある鮮やかなレッドが目立ちそうなクロスデザイン

レッドカーペットのようなゴージャスさが魅力

レッドカーペットといえばアカデミー賞などの映画祭のイメージがありますが、もともと「赤色」は公人や貴族など位の高い人が歩く時に広く用いられている色だそうです。日本でも、赤色は太陽や火をイメージさせるカラーで、高貴な色という印象がついています。多くのブースがひしめくなかでもパッと目につきやすく、華やかでありながら品のある色ですね。ブースに敷くクロスは、パンフレットや商品を陳列するのでそれらを引き立てるカラーを選ぶ必要があります。鮮やかな赤は、ダークなカラーのシックなパッケージ、白をベースにした清潔感あるパッケージ、どちらとも相性が良さそうですね。

中央に大きくレイアウトされたブランドロゴも潔く

余計な装飾はなく、ブランドロゴとブランド名を大きく中央にレイアウトしているのも魅力的です。赤に白というコントラストのくっきりした取り合わせが潔く、鮮やかで、かつ視認性も高く感じられます。とはいえ、ただシンプルにロゴとブランド名を置いているわけではなく、横長の面には横並び、両端の狭い面には上下に並べて…と布の面積によってレイアウトが変わっているところに注目です。

※掲載の旗・幕・のぼりは実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載している旗・幕・のぼりデザインのモックアップはイメージです。実際のサイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

旗・幕・のぼりのデザイン作成





error: Alert: Content selection is disabled!!