演歌歌手の男気が感じされるシックなポスターデザインを制作しました。

シックな歌手のポスター
演歌歌手の渋いポスター

京都の情緒と味わいを含んだ、哀愁のある演歌歌手のポスターデザインです。

年齢を重ねた男性にしか醸し出せない雰囲気があるデザインです。写真の存在感を殺すことなく、楽曲タイトルをシンプルにレイアウトして仕上げました。

デザイナーの振り返り 
■ 若者にはない格好よさをより強く出せるようなポスター作りを心がけました。
■ “恋”の文字のピンクが可愛くなりすぎないように配色に気をつけました。
■ 上記にある通り、”恋”のピンクの文字がデザインの良いアクセントになっています。

演歌歌手の男気が感じされるシックなポスターデザイン

制作ポスターデザインに対する感想 

筆文字のような書体で力強く書かれた「一本道」が骨太でカッコいいポスターデザインです。

「白と黒で統一された仕上がりからは無駄のない渋さが放出されているようにも思います。また、「一本道」の下にある「祇園恋物語」の「恋」部分が赤くなっており、白と黒でまとめあげられた世界観の中で良いアクセントになっていますね。佇む男性はこの先にある道を見据えているのか、あるいは今まで歩んできた道を思い起こしているのか、しかしそのどちらであろうとも、真っ直ぐ一本に伸びる道の上をじっくりと歩み、時には立ち止まりながらも自らの人生を噛みしめている、そんなことも感じさせます。
まさに「一本道」といった雰囲気が漂っているといえますね。過去に馳せる想い、未来へ託す希望、そして現在の自分、あらゆるものが凝縮されたかのような、重みのある歌を聴かせてくれそうです。趣や哀愁もあり、たいへん味わい深いポスターデザインになっていると思います。」

情緒あふれる日本家屋をバックに演歌歌手が映っているので、演歌にはふさわしいポスターだと言えるでしょう。

「背景の写真も黒がメインとなっているのに対して、演歌歌手が来ている服も黒になっているため、とても哀愁溢れるポスターデザインになっています。黒が多くても、暗いという感じは全くありません。スポットライトのようないかにも光が当たっているという感じではなく、自然な明るさになっているので、周りが黒ばかりになっていても、暗いという雰囲気が全くないのでしょう。名前と題名の文字が白で書かれているので、背景が黒になっていることからとても目立っています。文字も太く大きく書かれていることから、とても堂々とした雰囲気が出ていますね。恋の字だけ色がピンク色になっているので、強調していることがわかりますし、1ヵ所だけ色を変えることによって、周りの雰囲気がガラッと変わっています。ポスター全体から日本らしさが全面に出ているのが高評価です。」

※掲載しているパネル / ポスターデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

ポスターの作成について

イベントポスター制作料金のページへ (印刷料金・送料込み)
様々な催し・イベントに関するポスター作成を行なっています。ミュージックフェスのような賑やかなデザインから、厳かな雰囲気の講演ポスターまで、ジャンルや世代に合わせたポスター作りを心がけています。ポスター・パネルの外注、製作依頼はお任せください。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

よく読まれているページ

まだデータがありません。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: