Skip links
ショッピングモールのイベントアトラクションのポスターデザイン

ショッピングモールの夏のイベントアトラクションのポスターデザインを制作しました。

ショッピングモールのイベントアトラクションのポスターデザイン

ショッピングモールのイベントアトラクションのポスター_A1サイズ

水の演出で夏を感じるショッピングモールのエアー遊具イベントのポスターデザインです。

涼し気な水面の写真を背景に、存在感たっぷりのタイトルと迫力ある写真が目を引くエアー遊具イベントのポスターデザインです。エアー遊具を模したユニークなデザインのタイトルから水が滴り、それを囲むように勢いよく弾ける水のイラストを入れました。バックの水面の写真と違和感なく合わさり、より水の動きが感じられる奥行きのある表現になっています。

イベントのポスターデザイン制作はこちら

大きい滑り台のようなエアー遊具の写真と重なるようにポスター下段にも水しぶきのイラストを入れ、背景と違和感なく馴染ませました。開催期間や時間、チケット料金の案内を絵柄の上に置き、各遊具の単発料金を案内した後、最後に目を引くオレンジの帯でお得な前売り料金を案内しています。

ショッピングモールのエアー遊具イベントのポスターデザイン作成依頼例

ワクワク感を120%引き出すポスターデザインのポイント

体験型イベントのポスターを制作する際は、相手にしっかりとコンセプトが伝わるデザインにする必要があります。体験型イベントのポスター本来の目的は、道行く人に一瞬でイベント主催者の意図を正しく伝えることです。

一般のポスターのような「歩きながらでも見てもらえるようなポスター」や「インパクトのあるデザイン」とは異なり、イベント内容に興味をもってもらい、その上で来場を促すことが重要になります。

見た目だけインパクトがあっても、目から入る情報が不足していれば「実際に足を運ぶ」段階まで訴求することはできません。

作例のイベントポスターはブルーを基調としたデザインにしました。派手なデザインの中からもコンセプトが正しく伝わるように仕上げています。

今回のイベントポスターをデザインする際に意識したポイントは3つあります。

  • イベントを連想させるカラーリングにする
  • 一目で行きたくなるようなタイトルデザインにする
  • 派手なデザインは「整える」

「見る人のワクワク感を120%引き出す」ポスターデザインのポイントについてお話ししていきます。

イベントを連想させるカラーリングにする

イベントのデザインを行う際には、まずイベントを通して「誰に・何を伝えたいか」を整理します。歩いている時や、スマホで何かを検索しているとき、大抵の人が目的のこと以外は流し見をしています。

最初に色が目に飛び込んできて、そこからイラストや写真、最後に文字を認識するようになるのです。カラーリングは一番はじめの訴求部分ですから、かなり重要なポイントと言えるでしょう。

作例のポスターの目的はイベントのPRです。子ども向けのプールイベントであるため、ブルーとオレンジのはっきりとしたカラーリングを使用し、夏らしさと子どもたちのエネルギー溢れるさまを彷彿させるようなデザインにしました。

季節を感じさせるカラーリングの中でも夏のイベントは青や黄色といった原色を多用します。

しかし、多色であるほど派手で目立つポスターになる代わりに、なにを訴求しているのかが埋もれてしまう可能性が高くなります。イベントのコンセプトが伝わりづらいと適切なターゲットに訴求できなくなるばかりか、せっかくターゲット層が興味を示したのに伝わらずに来場につながらないということもあり得ます。

ターゲット層を絞りながら、適切な情報を伝えることが重要です。

一目で行きたくなるようなタイトルデザインにする

街ゆく人の視線を瞬間的に惹きつけるためには、アイキャッチとなる部分を大きく目立たせるように載せるのがポイントです。レイアウトにしっかりとメリハリをつけると、強調部分に特別感を与えられ、インパクトのあるデザインになります。

作例は、簡易プールを使用したイベントアトラクションと一目でわかるように、タイトル文字を工夫しました。エアー遊具のようなフォントや、遊んだときの水しぶきを表現することで見る人の心をワクワクさせるポスターになっています。

ワクワクさせるというのはつまり感情に訴えかけることです。ポスターを見た人の感情を動かすためには、視覚だけではなく想像力をも補完しなくてはなりません。想像力をかき立てるポイントになるのが「動き」です。

作例の水しぶきのイラストはまさにポスターに「動き」をつけるための演出といえます。背景画像に水中から見たような波紋を加えたのも「動き」をより強調するためです。

派手なデザインは「整える」工夫をする

大胆なカラーリングを使用する際は、レイアウトを「まとめて」「そろえて」「余白をとる」ことが重要です。伝えたい情報をまとめることで、すっきりとして読みやすくなります。

作例はアトラクションにある4つのウォーターエリアを色分けしています。情報を整理し、色分けすることで、料金体系や内容が理解しやすくなるように工夫しました。

また、写真をつけることで、具体的に遊び方をイメージさせることもひとつのポイントです。想像がつきやすいものだと、チケットを購入する確率を高められる可能性があります。ポスターを見ている人の視線を意識したデザインになっています。

 

制作ポスターデザインに対する感想 

VOICE

プニプニはじけるスプラッシュ感満載なデザイン

エアー遊具のクッション感と水しぶきが訴えかけてくる

空気入れでパンパンに膨らませたようなタイトル文字と、ゆらめく水をたたえるプールの質感が楽しいポスターデザインです。水のきらめきやしぶきが見ているだけで心を浮き立たせてくれますね。写真と水のイラストがうまくマッチしていて、3D映画のようなユニークな画面になっています。ブルー系とオレンジというコントラストの強い、くっきりした色使いが夏の暑さとエネルギッシュな感覚を呼び起こさせてくれますね。

4つのウォーターエリアを色分けして視覚的にアピール

数種類のアトラクションは、それぞれを色分けして料金や遊具を分かりやすく。写真つきなので、具体的な遊び方をイメージしやすく感じられます。また、遊び放題のチケットやお得な前売りチケットをアトラクション紹介の上下にレイアウトすることで、チケット購入の訴求性も高まります。前売りチケットの真下に問い合わせ番号が記されているのも、見ている人の視線を意識したデザイン作成例といえるでしょう。

※掲載のポスター・パネルは実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載しているパネル / ポスターデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

イベントポスター作成





error: Alert: Content selection is disabled!!