システム開発支援ツールの展示会向け電飾パネルデザインを作成しました。

システム開発支援ツールの展示会向け電飾パネルデザイン

システム開発支援ツールの展示会向け電飾パネル_B1サイズ

システム開発支援ツールの展示会向け電飾パネル_B1サイズ_2

複雑な情報をわかりやすく整理し図式化したシステム開発支援ツールの展示会用パネルデザインです。

パネルを見るだけである程度商品の概要が把握できるよう、問題提起→解決する商品の提案→解決方法のチャート→商品で得られるメリットという大きく3段階に分けた構成でレイアウトが組まれています。

キーワードとなる言葉や、セクションごとの見出しなどを、内容が伝わりやすくなるよう文字色を付けたり、吹き出しを使うなどして理解しやすいよう工夫しています。

異なる2つの開発ツールに合わせて2種のパネルをデザインし、どちらもブルー・イエロー・レッドの3色を基本にした、流れがわかりやすいチャート式のデザインです。

システム開発支援ツールの展示会向け電飾パネル作成依頼_01 システム開発支援ツールの展示会向け電飾パネル作成依頼_02

制作パネルデザインに対する感想 

VOICE

豊富な情報を整理し、丁寧に解説してくれるパネルデザインです。

情報量が多いパネルのように見えますが、吹き出しや図形を配置することにより、一つずつ丁寧に読み進めていくことができるよう整理されています。困っていること、解消できることがキャラクターの表情から読み取れるため、何を説明しているかも把握しやすいでしょう。箇条書きや矢印を使用しているため、最初に見た印象よりもスピーディーに理解しやすいパネルデザインだと思いました。要所ごとカラーを変えているため、自然と区切って読むことができます。ただし色を多用せずにブルーとレッド、イエローとオレンジに限定することで雑多にならない印象に。

文字や図を詰め込み過ぎず、背景の白さを活かすことでストレスを感じないよう配慮されています。分かりやすいよう順番を守り、一つずつを丁寧に解説しているように感じて好感を抱きました。メリットとなる箇所もうまくアピールされているため、パネルを見た人がもっと具体的な話を聞いてみたいと思うデザインだと思います。積極的に色を変えたり文字を変えたりすることで、豊富な情報をエネルギッシュに見せているのではないかとも感じました。活気のあるパネルデザインを見て、前向きに検討したくなる人も現れるのではないでしょうか。

※掲載しているパネル / ポスターデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。


展示会ポスターデザインの依頼・外注はお任せください 



ポスターの作成について

展示会ポスター制作料金のページへ (印刷料金・送料込み)
展示会で掲示するパネル・ポスターの作成を行なっています。パネルやポスター展示会ブースで情報を伝える有効な手段であり、多くの企業が活用しています。展示会場でインパクトを残す。情報をわかりやすく伝える。展示会におけるパネル・ポスターの役割は非常に重要です。ポスター・パネルの外注、製作依頼はお任せください。


ASOBOAD®(アソボアド)とは

広告・デザイン作成のASOBOAD(アソボアド)

ASOBOAD(アソボアド)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

パネル・ポスター作成について

ポスター印刷業者・ポスターデザイン業者をお探しですか?ポスター作成料金・ポスターデザイン依頼の詳細はこちらから確認いただけます。

パネル・ポスター作成

デザイン作成料金のお支払いについて

カード決済対応

デザイン費用・印刷料金などの支払い方法は、銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例デザイン総合情報誌「MdN」に制作サイトが掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: