Skip links
冷感マスク_ラベルデザイン

冷感マスクのイメージが伝わる商品ラベルデザインを作成しました。

冷感マスク_ラベルデザイン

氷やペンギンで冷感をイメージしたマスクのパッケージデザインです。

マスクの商品写真を中心に置き、周りをぐるりと冷たい風が吹くような、ブルーベースの流れるような模様を描きました。上部にはアイスを砕いたような画像を置き、その上には氷のような輝きを放つインパクト抜群の商品名を配置。商品名の上からペンギン2匹が可愛らしいポーズで顔を覗かせています。

ラベルデザインの依頼はこちら

パッケージ下部にも涼し気な氷の画像を配置し、まるで南極上空にマスクが浮かんでいるようなユニークなデザインで仕上げました。個数やサイズ、アピールしたい特徴などは濃いめのブルーのグラデーションに乗せ、目に留まりやすいように配置しています。

色違いの商品は、商品画像と品名、アクセントの色を変え、キッズ用は区別がつきやすくするため、商品画像に重なるように子供ペンギンのイラストと一緒にオレンジ色のボックスを置き目立たせました。

冷感マスクラベルデザイン作成例2

冷感マスクラベルデザイン作成例1

冷感マスクラベルデザイン作成例4

冷感マスクラベルデザイン作成例3

冷感マスクラベルデザイン作成例6

冷感マスクラベルデザイン作成例5

マスクのパッケージデザインを作る時に考えたいこと

色に注意を払う

人ごみの中で目立つパッケージにしたいですが、人が引いてしまう程の目立つパッケージは避けたいものです。商品の性質も加味し、目に優しい色・明るすぎない色を選びたいですね。

シンプルにする

マスクのパッケージは、情報量が多すぎてもお客様の興味を失ってしまいます。重要なのは、マスクに関する十分な情報を得られるようにすることですが、多すぎてもいけません。あまりにも多くの情報を載せてしまうと、特徴がぼやけてしまったり、お客様を圧倒してしまい、購入されない可能性があります。

中身の製品に関連したデザイン要素を使用する

冷感マスクという商品の個性をパッケージデザインに反映しない手はありません。ペンギンや冷気を彷彿とさせるモチーフは、製品特徴を反映しています。もっとシンプルな例ですと、青色のマスクであれば、商品に関連した青色の要素をパッケージに使用するべきです。同様に赤色のフェイスマスクであれば、赤色の要素が適しています。

 

制作パッケージデザインに対する感想 

VOICE

スッキリクールな冷感デザインが爽やかなパッケージデザイン

氷の描写が涼しげで思わず手に取りたくなるデザイン

パッケージ下部に氷のデザインが施されています。手に取るだけで「涼」を感じられそうですね。マスクの周りにも氷で冷やされた風が巡っているよう。暑い日のマスクに対する抵抗感が和らぐような気持ちになれそうです。タイトルもメタルな光沢があって、クール。南極に生息する冷感の代名詞的動物、ペンギンがあしらわれているのがかわいいです。風の中に浮き上がっているような商品のレイアウトも、浮遊感があって涼しげな印象を後押し。

アピールポイントはパッケージ右下にくっきり表記

手洗いして繰り返し使えるというアピールポイントは、色つきの丸マークで目立つように。パッケージに使われている色のツートンカラーなので、統一感はありつつ目立つ仕様になっています。花粉やほこり、飛沫対策とマスクの用途をイラストで表記しているのも見やすいですね。「キッズ」の文字だけオレンジの強いカラーを用いているのもポイント。マスク色が一目で分かるパッケージなので、取り違いや買い間違いの心配はなさそうです。

VOICE

衛生用品らしさと共に個性も伝えています

熱い夏には心地良いほど、ひんやりとした冷たさが伝わってくるデザインだと思いました。冷感マスクはいくつもありますが、夏には多くの製品が並べられるだけに、どれも同じに見えて差が分からないということもあります。こちらは「洗って繰り返し使える」というメリットが記載されているため、興味を惹かれる方も多いと思いました。使い捨てよりも洗えるタイプを求めていた方にとっては魅力的ですし、何より「水洗いOK」は面倒な洗濯の手間が省けて嬉しいもの。購買欲を後押しする理由が、目立つ場所に配置されています。

さらにサイズや用途も目立つ色で示されており、キッズサイズは子供ペンギンが教えているため、似ているパッケージでも間違えずに購入できそうです。かわいいペンギンたちは製品名のそばにもいるため、愛らしさで目を惹く効果もあるでしょう。覚えやすい製品名がイメージ通りクールにデザインされ、斜め上に向かって配置されていることからより印象に残ります。店頭で見かけた商品を家で検索したいと思ったときにも、すぐに思い出せそうです。衛生用品らしい清潔感を損なわず、ほどよく個性を出したラベルだと思いました。

※掲載デザインサンプルのモックアップはイメージです。実際の製品・パッケージと仕上がりが異なる場合がございます。

ラベルデザインの依頼・外注はお任せください 

格安の作成費用で商品ラベルのデザインを行っています。他のパッケージデザイン会社との比較検討も是非行ってみてください。オリジナリティのあるパッケージを作成したい、新商品の試験販売を行いたい、ネットショップでの見栄えをアップしたい...など、様々なニーズに応じたラベル・パッケージデザインを作成致します。化粧箱・ダンボール・貼箱・紙袋などの汎用的な包装から、瓶・缶・ペットボトルなどの食品・飲料パッケージ、ブリスターやフィルムを用いたコスメや日用品のパッケージ等、柔軟にデザイン対応致します。


ラベルデザインの作成依頼〜納品までの流れ

ラベルデザインの流れ①

見積もり

作成を希望されているラベルの仕様や要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【ラベルデザインの制作費用について】ラベルのグラフィックデザインの制作となります。商品ラベルの印刷・製造については対応しておりません。

ラベルデザインの流れ②

制作情報の提供

ラベルのデザイン制作に必要な掲載文面や素材・図面データなどを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

ラベルデザインの流れ③

ラベルデザインの作成

ラベルのデザイン制作に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。デザインや文面などに修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

ラベルデザインの流れ④

校了・納品

ラベルデザインが校了となりましたら、ご入金確認後にデータ納品を行います。


商品ラベルの作成について

シール・ラベルデザイン作成料金のページへ
商品の外装や容器に貼り付けることでパッケージが完成するシールやラベル。商品名と共に特性や機能を入れ込んでデザインしたり、商品のコンセプトを具現化しイメージ優先でデザインするなど、商品の方向性によってさまざまなバリエーションがあります。パッケージの全面デザイン等に比べ、面積が小さい分リーズナブルな価格で製作できるのもメリットの一つです。シール・ラベルデザインの外注、製作依頼なら実績豊富な当サービスにお任せください。


error: