Skip links
タッピンねじの商品パッケージデザイン作成例

タッピンねじの商品パッケージ・輸送箱のデザインをリニューアルしました。

タッピンねじの商品パッケージデザイン作成例

ネジのイラストを背景に馴染ませたスタイリッシュなパッケージデザインです。

工業製品の輸送用外箱というと、品名とスペック情報、製品確認のための製品イラストという機能性に特化したデザインのものが一般的ですが、現場で製品の品質と企業名を紐づけて記憶してもらうためにはパッケージデザインで差別化するのも大変有効な方法です。

パッケージデザインの依頼はこちら

ネジの輸送箱のリニューアルに伴い、機能性を重視した従来のシンプルなデザインから一歩踏み込み、旧パッケージの良さを活かしたパッケージデザインを制作しました。

ブランドカラーのブルーを前面に配置し下部を斜めにトリミング、ブランドカラーより一段深いブルーでネジのイラストとネジの回転をイメージさせる輪を馴染ませました。ネジのイラストは、頭の部分と尖った先の部分を分割して並べて配置し、製品の詳細を確認できるイラストとしても機能しています。

シンプルで理解しやすいパッケージデザインになることで、現場での企業や製品に対するイメージも大きく変わります。

タッピンねじの商品パッケージデザイン作成例2

タッピンねじの輸送箱デザイン

工業製品のパッケージを作成する際に考えたいこと

工業用部品のパッケージデザインには、制作におけるいくつかの重要なポイントがあります。どんな製品でもそうですが、まず考えなければならないのは、その製品がどのように使われるかということです。倉庫内を頻繁に移動する製品なのか、キャビネットに収納する製品なのか等です。例えば、場所を移動しなければならないのであれば、手で持ち上げることができるサイズ感のパッケージに。また、手で動かせないほどの重さや繊細な部品の場合は、頑丈なダンボールのようなもので梱包する方が良いでしょう。

製品の保管期間や環境なども、包装資材を選定する際の検討材料になり得ます。部品の周りの空気中にはどのような要素や化学物質が含まれていますか?埃やその他の粒子に対する保護はどの程度必要ですか?これらの要素は、部品にどのようなパッケージを使用するかに影響します。

パッケージデザインを決定する際には、自社のロゴや製品名をどのように表示するかも考えなければいけません。警告や使用上の注意などの情報を記載することも、製品の性質によっては必要になります。これらの情報は、その部品に触れた人がどのように使用すべきかを容易に理解できるように、パッケージに明確に表示することが好ましいでしょう。

 

制作パッケージデザインに対する感想 

VOICE

真面目かつ大胆なパッケージデザイン

レトロな風合いが真面目さを表現

ブルーは落ち着きや知性、安心といった要素をイメージさせるカラーで、工業製品のパッケージにはうってつけの色です。リアルなねじのフォルムとかっちりしたテキストフォントが真面目な印象。大きなイラストで商品詳細を一目で視認できるのが魅力的ですね。ねじが回転する様子を抽象的に表した円のデザインも、用途をイメージさせるのに効果を上げています。

斜めのカットでパッケージデザインに躍動感をプラス

色の切り替えが斜めになっているので、堅実・真面目なイメージに若干スタイリッシュな印象がプラスされます。商品名と社名が同じ面にレイアウトされているので、取引先にも「ねじなら〇〇株式会社!」と連想して覚えてもらえそう。BtoB製品はオーソドックスなパッケージになりがちかもしれませんが、対企業向けの製品にこそ、こだわるべきなのかもしれません。色はブルーで統一されているので、オフィスや工場にふさわしい清潔感が漂っているのも好印象です。

VOICE

品質を損なわずにオリジナル性を出したパッケージデザイン

ネジを大きなイラストで表現しているため、より形状が分かりやすいと思いました。金属製の小さなネジは、美しい写真でもラインや細部が曖昧に見えてしまうこともあるでしょう。特徴的なネジ頭部や軸の形が描かれたイラストの方が理解しやすいかもしれません。パッケージ前面には大きなイラストを、側面にはネジの全体図と表を記載しています。急いでいるときには、大きなイラストとブルーカラーで見つけやすいように。側面をチェックすれば、間違えずにすぐ持ち出せます。

色数を抑えたこと、さらに落ち着きのあるブルーを選んだことで、どの現場に置いても悪目立ちしません。企業名が目立つように入っても不自然さがなく、パッケージの一部としてなじんでいます。ブルーを斜めにカットし、「ワンタッチ」の文字も右上に傾けたことで躍動感のあるデザインに。スタイリッシュかつアクティブな印象に見え、好意的に受け止めてもらえそうです。工業用部品らしい品質の確かさを損なわず、オリジナル性を出したパッケージだと思いました。輸送箱はブルーにこだわらず、あえてレッドを使用して、何が入っているのかが一目で分かる親切なパッケージデザインになっています。

※掲載デザインサンプルのモックアップはイメージです。実際の製品・パッケージと仕上がりが異なる場合がございます。

パッケージデザインの依頼・外注はお任せください 

格安の作成費用で商品パッケージのデザインを行っています。他のパッケージデザイン会社との比較検討も是非行ってみてください。オリジナリティのあるパッケージを作成したい、新商品の試験販売を行いたい、ネットショップでの見栄えをアップしたい...など、様々なニーズに応じたパッケージデザインを作成致します。化粧箱・ダンボール・貼箱・紙袋などの汎用的な包装から、瓶・缶・ペットボトルなどの食品・飲料パッケージ、ブリスターやフィルムを用いたコスメや日用品のパッケージ等、柔軟にデザイン対応致します。


パッケージデザインの作成依頼〜納品までの流れ

パッケージデザインの流れ①

見積もり

作成を希望されているパッケージの仕様や要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【パッケージデザインの制作費用について】パッケージのグラフィックデザインの制作となります。商品パッケージの設計・印刷・製造については対応しておりません。

パッケージデザインの流れ②

制作情報の提供

パッケージのデザイン制作に必要な掲載文面や素材・図面データなどを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

パッケージデザインの流れ③

パッケージデザインの作成

パッケージのデザイン制作に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。デザインや文面などに修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

パッケージデザインの流れ④

校了・納品

パッケージデザインが校了となりましたら、ご入金確認後にデータ納品を行います。


商品パッケージの作成について

パッケージデザイン作成料金のページへ
お土産品や美容商品、お菓子やギフトなど、あらゆる商品の包装に使用される紙製のボックスパッケージ。デザインや紙質、大きさや形状によりその印象は千差万別です。日常的な用途に使う商品パッケージは機能性が伝わる親近感のあるデザイン、贈答を目的としたパッケージは、贈られた方が喜ぶようなデザイン性の高いパッケージにするなど、商品の目的に合ったパッケージデザインが大切です。パッケージデザインの外注、製作依頼なら豊富な実績の当サービスにお任せください。


error: