Skip links
うどんのお土産用パッケージデザイン作例

うどんのお土産用パッケージデザインを制作しました。

うどんのお土産用パッケージデザイン作例

シックで力強いブラックと個性的なフォントが目を引くうどんのパッケージデザインです。

黒一色で塗られたボックスに、白文字で書かれた商品名。左から右に引かれた横棒を極太で表現したフォントが非常に個性的で、思わず視線を誘導されてしまいます。この極太で表現された横線が、うどんに見えてきてしまうのが黒地に白で品名をデザインした狙いでもあります。

パッケージデザインの外注はこちら

商品の画像やイラストを使うことなく商品の姿を連想することができ、尚且つ、うどんづくりへの強いこだわりや本格志向であることを伝える力強いフォントは、このパッケージデザインの肝。文字だけで商品の魅力が伝わるシンプルでユニークなデザイン方法です。

加えてもう一つユニークなのが、品名下に書かれたキャッチコピー。品名と同じ書体で小さ目に書かれているためそれほど目を引きませんが、読んだ人が思わずにんまりしてしまうようなユーモアのある言葉は、お土産と同時に笑顔まで届けられる気の利いた一工夫です。

讃岐うどんのパッケージデザイン

制作パッケージデザインに対する感想 

VOICE

頑固な印象を見た瞬間に与えるパッケージデザインだと思いました。

本場のものをアピールするには、それが本物であるということを一目見ただけで伝えられるようにしないと、相手を納得させることが出来ないものです。ピンク色の箱にさぬきうどんと表記されても、可愛らしさが伝わっても、それが本物なのかと疑問や違和感が湧いてしまうでしょう。そこでこのパッケージデザインの黒一色の下地は、一目で本物っぽさをうまく演出しています。

黒はそもそもが主張の強い色で、高級というイメージや何にも染まらない色で力強さは他の色に比べて持っています。ここまで正直さ、まっすぐさを感じるデザインは、サービスエリアで目立ちます。おみやげ品ということで明るく華やかな色が好まれるのでしょうが、その中で反対に渋い色でキメたこのデザインは、その明るさの中に埋もれずしっかり自己主張してくれます。サービスエリアでさぬきうどんを買っていく方というのは、香川県に寄ってみたのだけど、おみやげを現地で買うのを忘れてしまった方もいると思います。そこでこの茶目っ気のあふれる「さぬきまで行かんでいいやん」というのは、思わずぷっと吹き出して肩の力が抜けるようなユーモアがあります。また貰った側も、このツッコミがいのあるメッセージと本物っぽさのあるデザインのギャップに可笑しみを覚えるでしょう。片意地をはらなくてもいいというのは、気軽なおみやげ品としては大切なことです。

※掲載のパッケージは実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載デザインサンプルのモックアップはイメージです。実際の製品・パッケージと仕上がりが異なる場合がございます。

商品パッケージのデザイン作成





error: Alert: Content selection is disabled!!