Skip links
工具用のグリップテープの商品パッケージデザイン作成例

工具用のグリップテープのパッケージデザインを制作しました。

工具用のグリップテープの商品パッケージデザイン作成例

作業用工具に向けの滑り止めテープの渋いパッケージデザインです。

建設や内装の作業現場で使われる工具のスリップを防ぐグリップテープのパッケージデザインです。商品の色に合わせ、外箱もブラックを基本にデザインし、強調したい箇所を彩度の高い鮮やかな赤でアクセントをつけています。

パッケージデザインの外注はこちら

手元が滑ることで事故やケガに直結する作業現場では、見た目よりも品質が重視されます。商品の黒、外箱の黒は共に重厚感があり、しっかりスリップを防いでくれそうな安心感を覚えます。また、雰囲気だけではなく機能的なポイントを、パッケージ下部に使用シーンのイラストと共に視認性の高い配色でコピーとして配置し、強い説得力をもって商品の特徴を訴求しています。

品名の一部である「匠」を拡大し背景に真っ赤な円を置くことで、ビジュアルのアクセントとしても活用し、パッケージデザインのフックとして機能させました。

グリップテープのパッケージデザイン

制作パッケージデザインに対する感想 

VOICE

潔さのあるデザインに好印象です。

一目見て、目を引くのは3文で書かれた、この滑り止めを使うことによるテープの利点です。分かりやすく、縁取りもされた文字なのですぐに目がつきます。この様な道具を使うことによって起きるリスクを知っておく事は大切です。どう使えるのか分かりやすくないとケガに直結してしまうので、この分かりやすさは助かります。さらに工具を使って、手元が濡れてしまう原因の多くであろう、雨や汗がついても滑らないという文字のデザインは他の二行に比べて強調が強まり、ことさらに分かりやすくなっています。長く使っていくと考えると、一番濡れやすい原因への対応はどんなものかは使う人であればあるほどに気になるので、良いと思います。

パッケージデザイン全体は黒でほとんどが占められていて、一本気さと無骨さを感じるデザインになっています。ケガを防ぐためのテープのデザインなので、軽さがまったくないデザインなのは買い手にはよい影響を与えます。下手に明るい色で、可愛らしいデザインの文字で「ケガ知らずの丈夫さ」などのキャッチコピーがついていても、実際にそれがそういう強さのあるものだとしても、全く説得力は湧かなかったと思います。商品コンセプトとパッケージデザインが非常に一致しています。

使用感が簡潔に表現しているところが感心してしまいます。グッと手で握れる、これだけでグッと手が滑らずに握れるのだということが伝わります。本当にケガをしたら大変なので、一目見て安心度が高いということが伝わるデザインです。匠のグリップという表記がいいです。どんなにうまいキャッチフレーズがあったとしても、匠という言葉自体が持つ、安心感、信頼感、真面目さになかなか適うものはないと感じます。この商品名の匠の部分の後ろを赤で協調することにより、しっかりとテープの強さを商品説明だけの形ではなく、PRしてくれています。元からの説明が要らないほどの言葉の絶妙さに、うまくパッケージのデザインが沿っているのです。

※掲載のパッケージは実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載デザインサンプルのモックアップはイメージです。実際の製品・パッケージと仕上がりが異なる場合がございます。

商品パッケージのデザイン作成





error: Alert: Content selection is disabled!!