Skip links
デザイナー漫画〜デザイナーと役職〜

〜デザイナーと役職〜【漫画 頑張れデザイナー】第7話

頑張れデザイナー第7話

グラフィックデザイナーの仕事とキャリアについて

営業職が、平社員から主任、課長、部長…と役職を変えながらキャリアアップしていくのに対して、デザイナーってその辺どうなんですか?と聞かれることが時々あります。会社によって全然違っていたりするので、一概にこう!とは言えません。でも、営業職の組織構造のようにガチガチではないにしても、肩書きというものはあります。

アートディレクター/クリエイティブディレクター

アートディレクター(AD)の上に、クリエイティブディレクター(CD)という肩書きも存在するのですが、そのあたりの線引きはとっても曖昧なので、今回はアートディレクターにまとめさせていただきました。実際アートディレクターがクリエイティブディレクターを兼務しているような働き方をしている所もあります。さらに大きな企画になると、エグゼクティブ〇〇とか、ハイパー〇〇とか、もう凄い肩書きがいっぱい出てきます。たぶん本当に凄い人です。
人にもよると思いますが、ADくらいの肩書きになると、パソコンでの実制作は部下に任せて、アイデアや企画を動かす事のみを生業とする事もあります。営業で言うなら、部長クラス以上の方でしょうか…(これも会社によるので、あくまで雰囲気です)

チーフデザイナー

チーフデザイナーは、平デザイナーたちを束ねるリーダーであり、ディレクターや営業からの指示を部下に的確に伝える存在でもあります。デザイナーにも技術の特性や本人の個性がそれぞれありますので、ジャンルによって得意不得意があります。チーフデザイナーは部下の特徴を把握し、依頼内容と相性の良いデザイナーに任せて仕事の効率化をはかったり、進捗管理を行って営業やディレクターに報告をしたりと、中間管理職的なポジションだと言えます。

末端のグラフィックデザイナー

そして、平デザイナー(=歩兵)は力をつけないと捨て駒にされる恐れがあります。実力がものを言う世界というと聞こえはいいですが、出来ない人は精神的にボコボコです。デザイン業界は激務にも関わらず、なりたい人が多い業界ですので…代わりはいくらでもいるんです…(あ!これも会社によるので、あくまで雰囲気ですよ…)

でも、とっても楽しいですよ!

大手広告代理店とコンペ対決をして、ボコボコにされた話もまたいつか…(笑)

 

★マンガのトップへ

とあるデザイナーの独立までの色々を描いたWEBマンガです。漫画を通してデザインという仕事やデザイナー、印刷などに親しみを持っていただけたら幸いです。SNSやブログでシェアしていただけると、喜びます。

-登場人物-

tominagaトミナガ
普通の大学からデザイナーを急に志し、何故か採用される。
後に独立して今のサービスを立ち上げる。


ニシヤマさん
デザイン課をまとめるチーフデザイナー。
駄目駄目な私を育ててくれた尊敬する上司。
明るく元気なスポーツマンで、情に厚い。

カワイさん
職人気質のベテランデザイナー。
同じくとても面倒を見て頂いた尊敬する上司。
実は結構お茶目。

※人物・企業・団体名などを改名して脚色し、"フィクション"として制作しています。
絵 : ヤマダタカエ

サイトへのお問い合わせ・依頼各種デザイン作成について


error: