Skip links
デザイナー漫画〜現場を知らずして〜

〜現場を知らずして〜【漫画 頑張れデザイナー】第2話

頑張れデザイナー第2話

デザインをする上で、現場を知ることは大切。

いきなりデザインが出来るかと思いきや、チーフデザイナーの
「現場を知らずして、デザインが出来るか」
という発言の通り、工場での現場研修がスタートしました。

当時は「え〜!はやくデザインがしたい!」と思ったものですが、現場には入っておいて損は無かったです。今も現場に入っていて良かったと思うことは多いです。

家のインクジェットプリンター感覚で、ちゃちゃっと出来るんでしょ?って僕も学生の頃は思っていましたから。

商業印刷ナメんなですよね。

実際に「何が・どう」大変で、時間がかかるから、これだけの納期とコストが発生するんですよって、しっかり論理的に説明できるようになるには現場に入るのが一番だと思いました。

とは言え、印刷工場の仕事はとても大変です。

紙は重い。超重いです。
考えれば分かる話ですが、
あれ、「木」ですからね。
しかも単純作業の繰り返しは、時間の進み方が圧倒的に遅いんです。
精神と時の部屋でした。

 

★マンガのトップへ

とあるデザイナーの独立までの色々を描いたWEBマンガです。漫画を通してデザインという仕事やデザイナー、印刷などに親しみを持っていただけたら幸いです。SNSやブログでシェアしていただけると、喜びます。

-登場人物-

tominagaトミナガ
普通の大学からデザイナーを急に志し、何故か採用される。
後に独立して今のサービスを立ち上げる。


ニシヤマさん
デザイン課をまとめるチーフデザイナー。
駄目駄目な私を育ててくれた尊敬する上司。
明るく元気なスポーツマンで、情に厚い。

カワイさん
職人気質のベテランデザイナー。
同じくとても面倒を見て頂いた尊敬する上司。
実は結構お茶目。

※人物・企業・団体名などを改名して脚色し、"フィクション"として制作しています。
絵 : ヤマダタカエ

サイトへのお問い合わせ・依頼各種デザイン作成について


error: