グラフィックデザインプロジェクトのロゴ制作例を追加しました。

グラフィックデザインプロジェクトのロゴデザイン

デザインプロジェクトのテーマロゴを作成しました。

ロゴのイニシャルをラフに描いたような、今風のロゴマークです。安定感のあるロゴタイプと組み合わせることで全体のバランスを整えています。グラフィックデザインの有機的で繊細な部分と、理論的で数学的な部分、その両方が感じられるようなデザインを心がけました。

グラフィックデザインプロジェクトのロゴ制作例

 

制作ロゴデザインに対する感想 

初めて見た時、「これは何だろう」と興味を覚えました。

「絵のようなイニシャルのような、あるいは何か人の動きを表しているような、不思議なロゴマーク部分が人目を惹きつけます。ロゴマーク部分が右脳に働きかけるとするなら、ロゴタイプ部分は左脳に情報を与えてくれますね。感性と理性をバランス良く刺激してくれる面白いデザインだと思います。個人的にシンプルなデザインの方が好きなので、このロゴはかなり好印象です。また、シンプルなデザインの方が汎用性が高く長く使えると思います。実用的な観点から見ても使いやすいデザインに仕上がっているのではないでしょうか。

ステッチしたような繊細なデザインながらも、軽やかでしなやかな印象を覚えます。「F」の字の部分が、上を向いているようにデザインされているところも活きているのだと思います。縛られずに自由に動いていくような心地よい力強さは、デザインプロジェクトへの期待感を高めてくれている役割があるように思えました。ロゴタイプ部分は特にひねりがないですが、そのおかげで全体に安定感が生まれ、バランスの良い落ち着きのあるロゴになっていると言えるのではないでしょうか。変に奇をてらっていない点が秀逸です。」

グラフィックデザインプロジェクトのロゴデザイン2

ロゴデザインってわかりやすければソレで良い、ってワケじゃないと思うんです。

「一見して「これはこのお店!」みたいなロゴデザインもあって良いとは思うのですが、会社によってはロゴの効果を使って、”あえてお客をその場に留める”ことも大事だと思います。今回のロゴデザインは、まさしく一見するとよーくわかりません。私も、はじめ見たときは「うん?」と2度見してしまいました。もちろん、どんな会社のロゴなのかはきちんとデザインされた文字の下に記載されており、どうやらこのロゴの会社は服飾関係かデザイン関係なんだということが、なんとなくですがわかります。たぶん、それがこのデザインを作られた方の「狙い」だと思うんです。繊細な柔らかなデザインだけど、それが何かハッキリとしない。

まるで謎解きのように、不思議なロゴマークに意識がいってしまうため「これはどんな会社なんだろう? ブランドなんだろう?」と見るものの興味をそそる。一本取られたようなデザインで、デザイナーさんの思惑に引っかかってしまった私は、なんだか歯がゆいような(笑)また、このロゴマークだけで、フェミニンな雰囲気まで醸し出しているのは、面白いです。高級感があるなぁと読み取れる部分は、ロゴマークがしっかりと仕事をしているからなんでしょうね!」

 

※掲載ロゴデザインのモックアップ・使用例はイメージです。実際のロゴの仕上がり・活用例とは異なる場合がございます。

その他ロゴの作成について

チーム・団体・その他ロゴ制作料金のページへ

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

ロゴデザイン作成について

ロゴ制作業者をお探しですか?ロゴ作成料金・ロゴデザイン依頼の詳細はこちらから確認いただけます。

ロゴデザイン作成

SSL

カード決済対応

銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: