日本の祭りを彷彿とさせる音楽イベントのロゴデザインを制作しました。

音楽祭のロゴデザイン2

伝統的な祭りのような力強い音楽祭のロゴデザインです。

見ると血が騒ぐ様な、お祭り感のあるデザインです。しっかりとしたロゴタイプが、硬派な印象を与えてくれます。

音楽祭のロゴデザインロゴ作成例に関する考察 

フェス=祭りと捉えたイベントロゴ

活気に溢れているものを表現するとき、どのようなデザインにするか悩む人は少なくないかもしれません。平易な文字を打っただけでは個性が出ないため、どのようなものにするか判断するのが難しいでしょう。とくにイベントロゴを考えるときは、ロゴマークを見ただけで盛り上がりが分かるものが好ましいです。イベントロゴの書体イメージを変更するだけで、ガラリと印象は変わります。作成するときは誰でも読めるように心がけてください。せっかくロゴマークを作成しても、それがイベントロゴだと認識されなければ効果半減です。

欲張らず、デザインコンセプトは絞る

幅広い人に対して、音楽祭のイベントロゴだと分かるものにするといいでしょう。その解決作の一つが、今回のお祭り感あるデザインです。作る側が満足することも大事かもしれませんが、受け手がすぐに理解できるものにすることが一番大切だと言えます。多くの人に届ける必要があるイベントロゴは、可読性等にも気をつかい、高齢者にも伝わりやすい配慮も必要です。オーガナイザーとしてはいろいろな意味を込めたくなるかもしれません。しかし、多くのコンセプトを詰め込みすぎると、ごちゃごちゃして伝わらないことも少なくありません。いろいろな人が、活気と盛り上がりを感じられるイベントロゴにするという、1点に目的を絞って作成しました。

 

ロゴマークに対する感想 

日本語ロゴで安心感があり、自分も参加してみたくなりました。

「ロゴデザインはイベントにも頻繁に使用されていますが、中にはパッと見ただけではどのようなイベントなのか判断できないものも存在しています。なぜどのようなイベントなのかを瞬時に判断できないのかというと、絵にこだわり過ぎてイベントの趣旨を書かないことが多いからです。例えば音楽のイベントを行う場合、演奏をしている人や、歌を歌っている人の写真などを乗せればすぐにわかりますが、全く関係のない写真を載せてもわかりません。
このような点を踏まえてこのロゴデザインを見てみると、はっきり音楽祭と書かれているので、誰が見ても音楽のイベントだとわかります。しかも京橋とも書かれているので、京橋で行うこともわかるでしょう。イベント会場であれば、イベントの趣旨を書かなくてもわかるのですが、パンフレットやインターネット上、雑誌などで宣伝する場合には、わかりやすさが第一です。中には英語で書くことも多いのですが、この場合には日本語で大きく書かれているので、とても好印象ですし、わかりやすくなっています。」

 

※掲載ロゴデザインのモックアップ・使用例はイメージです。

その他ロゴの作成について

チーム・団体・その他ロゴ制作料金のページへ

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行はメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。(口頭による依頼の受付・進行は行なっておりません)
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。