中国のフードコートのモダンなロゴマークを作成しました。

中国のフードコートのロゴ作成例

中国から依頼をいただき作成したフードコードのロゴデザインです。

中国から依頼があったときには少し驚きましたが、モダンでスタイリッシュなフードコードのロゴを作成して欲しいという要望に基づき、様々な提案を行いました。最終的には、シンプルなラインで構成し、Vをお箸のモチーフにしたデザインで決定しました。

中国のフードコートのロゴマーク

中国のフードコートのロゴデザイン ロゴマークに対する感想 

幅広い顧客を想定したロゴマークだと思いました。

「中国で活用されているロゴデザインだと伺いましたが、パッと見ただけでどのような内容のお店なのかすぐわかりました。国際的なデザインだと思います。お箸と影を組み合わせたロゴが素敵です。スタイリッシュでモダンな印象を覚えます。全体的にシンプルなので人を選ばないところも、フードコートの魅力が表現されていると思いました。性別や年齢問わず、誰でも行きやすい度量の広さを感じます。使われている色合いは3色ですが、互いに引き立っており、寂しい印象はありません。むしろスッキリとしていて好ましいと感じます。特にお箸の影の表現が面白いです。幅に差があることで、光の方向性を感じることができ、全体に立体感を生み出してくれています。「food court」と英語で書かれた部分がデザインに組み合わさっているので意味が把握しやすいです。

また、もし中国語も読めず英語がわからなくとも、お箸のデザインがあるので、意味が把握しやすいと思います。子どもでも一目でどんなお店なのか理解できるところがスゴイですね。お箸の赤い色合いがとてもよいアクセントです。この赤い部分が組み合わさっていることで、一気に華やかに仕上がっていると思いました。赤は使いすぎると落ち着かないですが、細身の箸に活かすことで、バランス良く調和しています。」

海外のロゴでも、大きくイメージは変わらないんですね。

「ロゴは世界を超える、という表現はちょっといいすぎかもしれませんが、ロゴの与える印象に、国は関係ないんだな、と感じさせてくれたロゴデザインです。こちらのロゴデザインは、中国のフードコートで使用されています。スタイリッシュなデザインによって、ここがフードコートであることが一目みてわかりやすいですが、さらに、シンプルにVにデザインされている箸によって、よりわかりやすいロゴになっています。しかし、ただわかりやすいデザインだけでは、印象に残ることはできません。フードコートではありますが、他のフードコートとは違って、おしゃれにお茶ができそうな感じがします。」

※掲載ロゴデザインのモックアップ・使用例はイメージです。

飲食店ロゴの作成について

飲食店・レストランロゴ制作料金のページへ

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行はメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。(口頭による依頼の受付・進行は行なっておりません)
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。