女性DJユニットのメインロゴデザインを制作しました。

DJユニットのロゴデザイン

ファッション性の高い女性DJユニットのメインとなるロゴデザインです。

シンプルなラインながら、一度見たら忘れない存在を持つデザインに仕上げました。ビッグフェスに出演するアーティスト陣のロゴに並んでも遜色の無いデザインです。またアートワーク全体のデザインも担当しています

DJユニットのロゴデザイン

 

ロゴ作成例に関する考察 

EDM系アーティストのロゴを意識

ロゴマークを作成する上で、依頼者のイメージや希望をきちんとデザインすることは困難ですが、非常に重要なポイントでもあります。企業の場合には業務内容やブランディングによってデザインを変えますが、アーティストの場合には独創性も求められますので、具体的な傾向のようなものは感じにくいと言えます。
こちらはファッション性の高いEDM系アーティストのロゴを意識して作成されています。対象はモデルなどとしても活躍する女性DJユニットで、女性らしさを残しながらもインパクトがあり、シンプルな中にも存在感を持っています。ロゴを制作するときに文字で遊ぶのが最近のEDMアーティストのトレンドですが、今回はそういった傾向を踏襲して作成しています。デザインはユニット名をもとに図案化しており、「GA」を中心として単語を左上と右下に分けていますので、2人のユニットであるということがすぐに思い浮かびます。ロゴタイプは線の太さが均一で、それほどくせのあるものではありませんが、部分的に他の文字とつなげたりサイズを変更していることにより、単調さではなく、動きのあるロゴに仕上がっています。
線の太さを統一させていることにより、ロゴの色を変更しても目立ちやすくなりますし、白黒反転しても違和感がないため、映像として投影されるときにもしっかり見えるように計算されています。もちろん、パンフレットやフライヤーなど写真が多いときに印刷しても、色を変えることでロゴを認識してもらえますし、SNSで活用したり、ホームページやCDなどのグッズにつけたりと、多用な利用用途に対応できます。

アートワークも今回は制作しました。

アートワーク(グラフィックデザイン)の方は、ライティングエフェクトをうまく組み込んで、さらに背景に熱狂している観客を取り入れることにより、規模の大きいライブで注目を集めている様子が感じられます。中央上部にアーティストのロゴを入れていますが、単色でシンプルなロゴであるにもかかわらず、背景が明るいことから非常によく目立っており、インパクトのあるデザインです。このままフライヤーなどに使ったり、プロフィール画像に使うこともできますし、ロゴの部分だけを暗い画面で白抜きにしたり、シックな背景に鮮やかな色のロゴを際立たせるなどいろいろな使い方ができますので、今後の活動やグッズの展開にも柔軟に対応できます。モダンな雰囲気である意味普遍性のあるデザインですので、長く使い続けられます。

 

制作ロゴデザインに対する感想 

意外と自分たちのロゴを持っているアーティストは少ないので、良いと思います。

「ファッション性の高い女性DJユニットのロゴマーク。一見するとシンプルですが、でも私はこれ、とても存在感があっていいと思いますよ。それに何か、電気的な音楽の特徴も表しているような感じがしますね。DJということは、おそらく電気機器を用いて音楽活動をするのでしょうが、このデザインの、ぱっと見た感じの稲妻、あるいは閃光のようなフォルムは、まさしくその電子的な音、そこから発せられ、会場に突き抜けていく音というものをうまく表現していると思います。かっこいいですね。
スタイリッシュな感じと、シンプルがゆえに漂ってくるクールな雰囲気。そして、グループの名前が読みやすくそこにあるため、これをどこかに掲載しておくだけで、自分たちの宣伝をすることもできる、優れたロゴマークといえるのではないでしょうか。
私はライブなどに行く機会も多いのですが、そこそこ有名なバンドや音楽ユニットでも、ちゃんとしたロゴといったものを作り、掲載しているところは少ないですね。今まで考えもしなかったことですが、音楽活動をするにあたって、この手のものを宣伝材料にするのは、とてもいいことなのかもしれません。このロゴにしても、ひとめ見ただけで記憶に刻み込まれてしまうようなインパクトがありますし、これがチラシやポスター等に掲載されているだけで、「あ、あの人たちも出るんだ」とわかりますからね。ポスターの端にこれが印字されているだけで、このユニットのイベント参加がわかるのですから、宣伝効果は抜群ではないでしょうか。すばらしいですね。」

商業的な活動を視野に入れるなら、プロのデザイナーのサポートは必須ではないでしょうか。

「ロゴデザインは企業や商店以外でも、いろいろなところで用いられています。例えば音楽活動などをしているグループにも使用されています。この場合には女性のDJユニットに用いられていますね。DJユニットの場合には、派手に見せるために多くの色を用いて、マークもインパクトがある感じに仕上げることが多いのかもしれません。しかし、こちらは意外にもシンプルな文字のみになっています。しかし、しっかりと存在感を出しているロゴデザインだと言えるでしょう。
マークなどをアピールして名前を売っていくグループもありますが、この女性DJユニットは、あくまで自分たち自身をきちんと見せて名前を覚えてもらおうと活動しているように思えます。だからシンプルなロゴデザインにして、自分たち自身が目立つように考えられたのではないでしょうか。アート感がしっかりと出ているので、注目される可能性も十分ありますし、このマークがあったらこの女性DJユニットだと知ってもらうこともできるでしょう。」

 

※掲載ロゴデザインのモックアップ・使用例はイメージです。実際のロゴの仕上がり・活用例とは異なる場合がございます。

その他ロゴの作成について

チーム・団体・その他ロゴ制作料金のページへ

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

よく読まれているページ

まだデータがありません。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error:
事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行は全てメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。【 口頭による金額提示、依頼の受付・進行は行なっておりません 】
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。
ゴールデンウィーク・夏期休業(お盆)・冬季休業(年末年始)などの 長期休業期間につきましても対応外となります。