ラッシュグロスのモダンなロゴデザインを制作しました。

ブランドロゴデザイン

ラッシュグロスのモダンなブランドロゴマークです。

白い商品デザインを邪魔しないよう、あまり太くないロゴタイプで仕上げています。モードでスタイリッシュなイメージを念頭に制作したロゴデザインです。

ブランドロゴデザイン

 

ロゴ作成例に関する考察 

パッケージのロゴは売り上げも左右する重要な存在

化粧品のロゴマークを作成するときは、高級感や使いやすさ、効果の高さ、安全性など様々なプラスイメージが必要です。多くのメーカーが様々な商品を展開していますし、季節ごとに新商品が追加されていきますので、その中で洗練された商品パッケージやロゴデザインを生み出すというのは、売り上げを左右することにもつながります。
こちらはラッシュグロスのブランドロゴデザインですが、シンプルなパッケージにすんなりと溶け込み、それでいて高級感や清潔感のあるイメージを醸し出しています。華やかな装飾が施されているケースにも、そっけないほどシンプルさを追求したボトルにもよく似合っており、汎用性の高いロゴであることがわかります。こちらのロゴは、文字をアレンジしてキャッチコピーを追加しているタイプです。イラストが一切なく、カラーも白の背景に黒文字のみというシンプルさが特徴的ですが、文字だけでは表現しきれないセンスの良さを持っています。最も大きいパーツは、ラッシュグロスのイニシャルであるLとGの文字ですが、線の太さを一律にし、カーブの多い丸みのあるデザインにしています。
線の端部分も丸くしていることで、女性に好まれる可愛らしいデザインになっています。その傍に正式な名称を描いていますが、こちらは活字としてよく見かけるデザインですので、シンボルマークの部分で文字がわからなかった時にもこちらを見て何の商品かがわかります。さらに、小さめの文字でコンセプトを英語表記していますので、海外に商品展開をするときにも中身を変えずにそのまま使うことができそうですね。ボトルやパッケージのデザインも海外のシンプルなデザインを踏襲していますので、よく似合うデザインです。

長く愛用される商品を目指したデザイン

こちらのロゴは、ボトルに合わせて白と黒だけの配色です。グレーのような中間色すら使用していませんので、空白のバランスによっては文字が読みにくくなったり、つぶれてしまったり、野暮ったくなったり地味に見えるなどのリスクがありますが、バランスよく配置することでスタイリッシュでモダンな仕上がりになっています。透明感のある白いボトルにも映えますし、パッケージイラストのモノクロの細かいイラストに挿入しても、逆にシンプルで目立つロゴデザインです。白の清潔感、シンプルさゆえの高級感、普遍性のある安定したデザインなどの商品のプラスイメージが強い仕上がりになっていますので、長く使うことができそうです。

 

制作ロゴデザインに対する感想 

せっかく作るのだから凝らければ!という気持ちを抑えて制作されていますね。

「これは中々、シンプルでありながら印象深いロゴですね。白を基調とした商品の色合いを邪魔しないように、でもスタイリッシュなイメージなどを意識して作成されたとのことですが、その目標が本当に、上手に、達成されていると思います。丸みを帯びた字体が高級感を演出し、また白の中にこういった文字がワンポイントにあることで、商品の白さが際立つんですよね。これはどんなことでもそうですけれども、あるものを目立たせるには、それと正反対の何かを置くことが大事だと私は思います。
一般に対比と呼ばれますけれども、このロゴは商品のパッケージや容器にあって、その対比としての対象という役割をうまく果たしているといえるのではないでしょうか。実際にこの商品にプリントされたところを見ますと、この黒があることによって、商品の実に清潔そうな白色が際立っているんですよね。比較の対象といえども、商品それ本体よりは目立たず、それが成功している秘密は、なんといってもこの文字のフォントにあるのではないかと思います。ガツンと強い印象を与えるようなものではなく、丸みを帯びた優しげなフォントにしたことで、商品の白色のイメージを崩すことなく、またそれよりも目立つことなく、良い引き立て役となることができているんですよね。
実にシンプルで、覚えやすいロゴでありますが、それだけでなく、商品のイメージを損なわずに、引き立てる。これは簡単なことではありません。細部まで計算しつくされたロゴといっていいのではないでしょうか。」

細かくすれば良いわけではないと、感じさせてくれるロゴマークですね。

「ロゴデザインを作成する場合には、物に合わせるということがとても重要で、白い物にロゴデザインをする場合、色を邪魔しないような作りにするとよいでしょう。白というのはどのような物にも対応できる反面、シンプルながらどのような色にも負けてしまう場合があります。そのため、白を邪魔しないようなデザインにするためには、絵をあまり大きくしないことや、多数の色を使用しないという方がよいでしょう。
ラッシュグロスのロゴデザインを見てみると、黒一色で作成されているので、背景である白を全く邪魔していません。しかも字があまり太くないので、黒い字ばかりが目立ってしまうということもなく、しっかりと文字を見ることができるような太さと配置になっているのがとても好印象です。ロゴデザインと聞くと、やはり絵を中心に考えてしまう人も多いのですが、絵を入れればよいというものではなく、全体のイメージを壊さないことを優先するべきでしょう。このデザインは、全体のイメージを壊していない自然な作りになっています。」

 

※掲載ロゴデザインのモックアップ・使用例はイメージです。実際のロゴの仕上がり・活用例とは異なる場合がございます。

商品・ブランドロゴの作成について

サプリ・コスメロゴ制作料金のページへ

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

よく読まれているページ

まだデータがありません。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: