お好み焼き・鉄板焼きレストランのロゴデザインを作成しました。

お好み焼き・鉄板焼きレストラン_ロゴデザイン_1

「ねぎぼうず」をモチーフにした味のあるレストランのロゴマークです。

育ち切ったねぎの上に咲くねぎぼうず。ふんわりとした丸い形が可愛らしく、食材ながら素朴で癒しを与えるフォルムです。そんな「ねぎぼうず」を店名にした鉄板焼きレストランのシンボルマークは、「ねぎぼうず」のシルエットがモチーフ。

たんぽぽの綿毛のように丸い花をつけたねぎぼうずを2本を円の中に配置し、絵柄の周りを手彫りしたようなランダムなラインで囲んで版画のような味のある雰囲気でデザインしました。シンボルマークは判で押したような濃い朱色で色付け、ロゴタイプは文字の大きさや位置をランダムに調整し黒一色でデザインしています。

お好み焼きや鉄板焼きは出来立て熱々をいただく「手作り感」の強い料理。ロゴマークにも手作りしたようなランダムな感覚を残すことでお店のコンセプトにあった印象を残すことができます。

お好み焼き・鉄板焼きレストラン_ロゴデザイン

 

お好み焼き・鉄板焼きレストラン_ロゴデザイン_2

 

制作ロゴデザインに対する感想 

VOICE

お店の親しみやすさやカジュアル感がアップ!

飾らない店名にあわせたかのように、どこか素朴さが伝わってくるシンボルマークです。店名と同じふわふわとした花を配置し、丸く囲んでスタンプのように。2つ並べることで自然な愛らしさを感じさせ、老若男女問わずに通える親しみやすいお店を想像してしまいました。赤く色づけたことで目立たせながらも、あたたかい料理を想像させるように。手彫りのハンコのような、独特の質感も印象に残ります。「お好み焼き」と「鉄板焼き」の文字間には小さなコテを配置し、ほどよいアクセントに。

お好み焼きや鉄板焼きに欠かせない道具を文字の一部に見せることで、店名より小さく配置しても、何のお店かがすばやく理解できるでしょう。店名はそれぞれの文字の大きさや配置をずらすことで、手書きのようなアナログっぽさが感じられます。そのためカジュアルで気取らず食べられる、お好み焼きや鉄板焼きらしさがアップしています。ひらがなだからこそ感じられる丸みや和の要素も存分に活かされ、小さなお子さんでもお店の名前と印象をすぐに覚えてくれるロゴデザインではないかと思いました。

※掲載ロゴデザインのモックアップ・使用例はイメージです。実際のロゴの仕上がり・活用例とは異なる場合がございます。


飲食店ロゴデザインの依頼・外注はお任せください 



飲食店ロゴの作成について

飲食店・レストランロゴ制作料金のページへ
和食や中華、フレンチやイタリアン、鉄板焼きやラーメン、カフェや食堂など外食産業には多彩な種類が存在します。街へ出ればたくさんのお店が軒を並べ、WEB上でもたくさんのホームページがヒットします。そのような中でお店選びをする人に訴えかけるのがお店のコンセプトを形にしたロゴマークです。思わず入ってみたくなるようなユニークなロゴやこだわりの味を提供してくれそうな達筆な筆文字など、お店の個性を表現するにはロゴマークは欠かせません。飲食店・レストランロゴの外注、製作依頼はお任せください。


ASOBOAD®(アソボアド)とは

広告・デザイン作成のASOBOAD(アソボアド)

ASOBOAD(アソボアド)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

ロゴデザイン作成について

ロゴ制作業者をお探しですか?ロゴ作成料金・ロゴデザイン依頼の詳細はこちらから確認いただけます。

ロゴデザイン作成

デザイン作成料金のお支払いについて

カード決済対応

デザイン費用・印刷料金などの支払い方法は、銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例デザイン総合情報誌「MdN」に制作サイトが掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: