農場ブランドの土地を象徴するロゴマークを作成しました。

農場ブランドのロゴ作成例

富士山のモチーフが象徴的なブランドロゴデザインです。

手書き感を残した和の雰囲気漂うロゴマークです。印刷やシールとして、様々な用途で使用できる汎用性も魅力です。ブランドを展開していく上で、印象的なロゴデザインであることと、使いやすさは重要なポイントです。

農場ブランドのロゴデザイン2

農場ブランドのロゴデザイン

ロゴマークに対する感想 

日本を代表する大自然の象徴といえば富士山です。

「こちらのロゴデザインには暖かな太陽とともにレイアウトされており、自然の恵みを直感的に感じることができます。農場ブランドのデザインであることから、パッケージなどに印刷されていれば、古来より日本で培われてきた農業技術を活かしながら今日へと通じている流れさえ思わず想像してしまうのは私だけではないことでしょう。手書き風になっている点も好印象です。なぜなら、農場では数多くの人々が自らの手で丹精込めて一次産品を育て上げているのですから、そのシンボルとなるロゴデザインは手書きであるべきです。

こちらのロゴを使用するとなれば、まず思い浮かべられるのが富士山麓の農場かと思います。きっと誰もがそう思うことでしょう。近年、農地がブランディングを図っている背景もあり、ロゴからすぐに地域をイメージできるデザインはとても重宝されています。農地に限らず、ロゴから商品やサービスの特性をすぐにイメージできるのはとても大切なことであり、ひとつのブランドとしてターゲットに浸透していけば、以降の根強いリピートが期待できます。決して安易に叶わない差別化を意識するより、ロゴデザインによるブランディングを優先することも得策でしょう。」

伸びしろ豊かなコンセプトを感じるロゴデザインで見ていて引き込まれました。

「どこか浮世絵のようなグラデーションのある配色は、成熟した日本文化に通じているような深みを感じます。日本の象徴の一つである富士山の使い方も面白いです。富士山の形は、定形があるようでないものであり、このデザインにもオリジナリティーが活かされているように思います。モチーフとしてよく使われるものを新しく見せている点に好感が持てました。太陽が登っていくのか暮れていくのか判断するのに微妙な位置にあり、奥行きが感じられます。農業ブランドということですが、あえて農作物に固執せず、何に使っても違和感のないイメージをロゴに反映している点が秀逸です。

これなら、様々な商品に使うことができ、HPにあるように、シールや紙袋などに活用しても人目を引いて面白いだろうと思います。農業ブランドも個人個人がオリジナルの展開を見せて活性化しているところが多いですし、今後のブランド展開の活力にもなるロゴデザインだと思いました。オレンジと青色は補色関係にあり、お互いを引き立たせる色合いです。さり気なくデザインにも活かされていて目立つように工夫されているところが良いと思います。」

 

※掲載ロゴデザインのモックアップ・使用例はイメージです。実際のロゴの仕上がり・活用例とは異なる場合がございます。

商品・ブランドロゴの作成について

食品ロゴ制作料金のページへ

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

よく読まれているページ

まだデータがありません。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error:
事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行は全てメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。【 口頭による金額提示、依頼の受付・進行は行なっておりません 】
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。
ゴールデンウィーク・夏期休業(お盆)・冬季休業(年末年始)などの 長期休業期間につきましても対応外となります。