独学でデザイナーになるには?

デザイナーになるには?

イスラエルを拠点に活動するデザイナー Ran Segall さんの動画を、許可いただき翻訳させていただきました。動画のタイトルは「How To Become A Designer (デザイナーってどうやってなるの?)」 世界を股にかけて活躍するベテランデザイナーの Ran Segall さんならではの、しっかりしたアドバイスです。以下、動画の翻訳内容になります。※記事掲載はデザイナーに許諾を得ています。(Thank you Ran !!)

cap1

毎週水曜日の朝はUpfrontの設立者であるオリーと会います。彼はコンサル契約をしているクライアントなので、今週何をするかについてディスカッションする予定だったのですが・・・今はもうすでに8時半で、そのアポイントの時間なのですが、彼(クライアント)から連絡がありません。おそらく昨晩遅くまで仕事をしていて、まだ起きてないのかもしれません。となると、もうアポには行けないので・・・

cap2

そうです!早朝ドローン練習タイムです。

 

cap3

すごく楽しかった!
Casey(※ドローンを巧みに使うYouTuber)みたいに色々言うつもりはないです。Caseyみたいに旅行してるわけではないですし、日常のドローン撮影をしても面白くないですしね。ただドローンを飛ばすのが楽しいからやっているので、いつかVRメガネをかけて自分が飛んでるような体験をしてみたいです。とにかく、まだクライアントから連絡がないので、家に帰って朝食を取りたいと思います。

結局、彼(クライアント)は寝ていたわけではなく、昨日ニューヨークに飛んだことを私に伝え忘れていたようです。今、whatsappで打ち合わせを終えたので、これからちょっと時間が取れそうですね。

 

独学でデザイナーになる為の3つのポイント

今日皆さんにお話したかったことは、ここ数日で複数の人から来た同じ質問についてです。内容は、「僕はまだ若くて、デザインをやってみたいけど、まず何をすればいいですか?」というものです。まず、私が16歳からデザインを始めた事についてのビデオを作ったので、それのリンクを貼っておきますので見てください。
しかし今回のビデオでは私の個人的な話ではなく、もし私がデザインについて何も知らなかったら今日どんなことから始めるかというより実践的な事について話したいと思います。

cap4

3つのことを順番にする必要があります。

1.デザインの技術を学ぶ

まず1つ目は、技術的スキルを学ぶ事です。デザインはほとんどコンピューターで作る時代になりましたし、それをするための道具を知らなければなりません。ですので、まず最初にすることは、基礎のレベルのツールを学ぶことです。どのようなツールについて学ぶかは、あなたがどんなデザイナーになりたいかにもよります。

もしウェブデザイナーやアプリデザイナーなどの、UIをデザインする人になりたければ、スケッチすることを学ぶとよいでしょう。

ブランディングやグラフィックデザイン、フォトエディティング、フォトマニピュレーション、3DなどをやりたければPhotoshopを学ぶとよいと思います。Photoshopはかなり基礎的で、デザインをする人なら誰でも知っているものです。

私がデザインを始めた頃はインターネットから学ぶことが少なく、lynda.comでほとんどの事を学びました。今でもとても良いリソースだと思うので、lynda.comを見てみてください。みっちりやれば、相当良い勉強になります。しかし現在は、Youtubeなどの無料コンテンツもたくさんありますよね。何が自分に合っているかを把握しましょう。本から学ぶのが好きなのか、それとも実際に授業に出て人と関わるのが好きなのか、様々だと思います。でも、今このYoutubeの動画を見ているなら、Youtubeの検索バーに「スケッチ チュートリアル」と検索してみるのが良いスタートだと思います。

cap5

基礎的なプログラムやソフトウェアの技術を学んだら、手を動かしてみましょう。他の人のスタイルを真似してみたり、自分の好きな事をやってみましょう。もしこの(後ろにある)ポスターが好きなら、これを作ってみましょう。もし好きなアプリがあるなら、それを作ってみましょう。とにかく色々試してみて、ソフトウェアを使う経験を増やしましょう。

ソフトウェアを使えることは大事ですが、目的を考えずにツールを使う事には実は意味がありません。

 

2.デザインの理論を学ぶ

他の人の作品を真似することはいいことですが、もし実際に問題を解決できるより意味のあるデザインを作ってデザインのコアな部分に辿り着きたいのなら、理論を理解しなくてはなりません。理論を理解するのに最適なのは、とにかくたくさん本を読むことです。おそらくインターネットでも色々読めるとは思いますが、本にしか書いていないこともたくさんあります。グリッドについての本やタイポグラフィの本など・・・。

理論の本やデザインの歴史の本、芸術の歴史の本などを読んで理論を理解して、デザイナーとしてのプロセスを理解しなければなりません。本をたくさん読んだり、動画を見たり。でもこれは実践的なチュートリアルではなく、デザイナーとしての思考を学ぶということです。もちろんデザイン学校に通う事はとてもいいことですが、ここで私に質問をしているということは、おそらくデザイン学校で学位を取るのではなく独学で学びたいということですよね。

ですから、デザイン理論についての本をたくさん読んで、動画を見ることが2つ目のステップです。

 

3.他のデザイナー達と交流する

技術の事も学んだし、デザイン理論についての知識も学びましたね。

でも、独学には限度があります。

本当に良いデザイナーになりたいなら、他の人達、他のデザイナー達と関わる以外方法はありません。自分の作品についてのフィードバックをもらって、色々教えてもらったり、実際にクライアントと仕事をしたり。ですから、人と関わらなければいけません。何かの集まりやイベントに行ったり、ハッカソンに行ったり、ポートフォリオを作ってから仕事を探してみたり、インターンシップをするのもいいかもしれません。他人からフィードバックを貰わずに一人で学ぶ事には限度がありますからね。それがないと本当に良いデザイナーにはなれません。

ですから、3つ目のステップはネットワークを増やして他のデザイナー達と関わる事です。

 

さて、仕事も終わって、今Patriotコミュニティのための初めてのライブイベントの準備をしています。ライブイベントは初めてなのでとても楽しみです。全て技術的にも上手くいくことを祈ります。これがGoogleハングアウトです。イスラエルはもう夜なので電気もつけました。楽しみましょう!

ふ〜!1時間くらいずっと喋りっぱなしでした。見てくれた人達は楽しんでくれたでしょうか。それでは私は寝ますので、また次回!

cap6

 

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧


事業概要

ご利用規約

ASOBO DESIGN™ではチラシやポスターのデザイン制作をはじめとした、様々なデザインサービスを行っています。