Skip links
ストックフォトサイト

ロイヤリティーフリー(RF)ライセンスとは

ロイヤリティーフリー(RF)ライセンスとは?

ロイヤリティフリーライセンスは、利用者がライセンス対象物(例 : ストックフォト素材・音源・動画素材等)を複数回使用することができ、その都度追加のロイヤリティを支払う必要がないライセンスの一種です。

ロイヤリティフリーライセンスは通常、1回限りの支払いで提供されるため、素材を定期的に使用する必要がある企業や個人にとって使いやすいライセンスだと言えます。

ロイヤリティフリーライセンスは様々なサービスで展開されていますが、各サービスには独自の条件が設定されているため、ライセンスに同意する前に規約をしっかりと読み込むことが大切です。

ロイヤリティーフリーライセンスのメリット

ロイヤリティーフリーライセンスの大きなメリットは、ライセンスの購入者が追加コストを発生させることなく何度も素材を使用できる点です。素材を定期的に使用する必要があるビジネスにとって、大きなコスト節約になります。

また、ライツマネージドライセンスであれば、素材を使用するたびにロイヤリティ契約の交渉をする必要がありますが、ロイヤリティフリーライセンスはそうした手間を省くことができます。

もう一つのメリットは、素材の使用条件が非常に柔軟である点です。例えば、サービスによっては、ウェブサイト・印刷物・ソーシャルメディアなど、複数の媒体でライセンス対象物を使用することができます。

ロイヤリティーフリーライセンスのデメリット

著作権者の立場で考えると、購入者の素材の使用方法についてコントロールが難しいライセンス形態であると言えます。自身のブランドイメージや評判にそぐわない方法で、素材が使用されてしまう可能性があります。

また、ロイヤリティーフリーライセンスは”非独占的”です。自身だけでなく、多くの人が手軽に同じ素材を利用する可能性があります。そのため、人気の素材は既視感を生んでしまいます。素材の選定や利用方法にもよりますが、オリジナリティを求める場合には不向きな場合があります。

 


error: Alert: Content selection is disabled!!