Skip links
写真家

ライツマネージド(RM)ライセンスとは

ライツマネージド(RM)ライセンスとは?

ライツマネージライセンスとは、利用者に”特定の期間”や”特定の方法”といった限定された範囲において、対象物(例 : ストックフォト素材・音源・動画素材等)を使用する権利を与えるライセンスの一種です。

ライツマネージドライセンスの料金は通常、素材がどのように使用されるかに基づいて決定されます。例えば、印刷広告で画像を使用する場合の料金と、Webサイトで画像を使用する場合の料金は異なるのが一般的です。

ライツマネージドライセンスのメリット

ライツマネージドライセンスのメリットは、自分の作品がどのように利用されるかを一定程度コントロールできるため、作品を保護するのに役立ちます。

また、前述の通り素材の重要度等に応じて使用料金のレートを変更することが可能です。例えば、ビルボード広告など、より広告効果の高い方法で使用された場合は、それに応じた報酬がライセンスの保有者に発生します。

ロイヤリティーフリー素材に比べて購入者(利用者)の総数が少ないため、広告などに利用する素材が被りにくいというメリットもあります。

ライツマネージドライセンスのデメリット

ライツマネージドライセンスは、他のライセンスタイプ(ロイヤリティーフリー)などに比べて高価な場合が多いです。利用条件が複雑な場合もあり、事前の確認や交渉に時間を要することがあります。

ライツマネージドライセンスは、具体的で厳格な条件に縛られているとも言えます。これは、利用者のニーズが時間の経過とともに変化した場合、または利用者が当初意図したのとは異なる方法で素材を使用したい場合に問題となる場合があります。

 


error: Alert: Content selection is disabled!!