Skip links
ウェディングイベントのチラシ

結婚パーティーの個性的な案内フライヤーデザインを制作しました。

ウェディングイベントのチラシ
結婚パーティーの粋なチラシ

結婚パーティーを告知するイベントフライヤーデザインを制作しました。

どこかアールデコ調の、アンティークな雰囲気の漂うデザインです。色彩で華やかさを表現するのではなく、装飾の繊細さ・緻密さで華やかに仕上げました。

デザイナーの振り返り 
■ 新郎新婦の下書きラフに基づいて制作したパーティーのフライヤーデザインです。
■ 用紙の質感が感じられるような、ザラッとしたテクスチャを背面に使用しています。
■ 様々な文字を使用しながらも、フライヤー全体的に一体感が出るように作成しています。

案内フライヤーのデザイン外注はこちら

結婚パーティーの粋なチラシ2

結婚パーティーの個性的な案内フライヤーデザイン

結婚パーティー×音楽イベントのチラシ作成例

古来からある行事も、海外文化の流入や若者文化の隆盛、SNSの普及などによって、さまざまな形に変化してきました。結婚パーティーもそのひとつですが、草原や水中、雪原など思いもよらない場所での開催だけではなく、『ウェディングフェス』というライブ形式のイベント的なパーティーまで開催される時代になったのですね。

前例が少ないだけに、チラシデザインは自由度の高さが保たれる代わりに、傾向を読むことが難しくなります。今回の案件は新郎新婦によるラフの提出があり、一般的には禁じ手扱いとされている多様なフォント使いに統一感を持たせるという難しい課題をクリアし、なおかつアールデコを思わせるアンティークな雰囲気と、ロックな雰囲気を感じさせるワイルドなテイストを融合させたフライヤーに仕上っています。アールデコ調の細やかな装飾、統一感の薄いフォント群、シャープな矢印や高級感のある紙素材など、共通項の少ない素材をまとめるために、少し粗めのペンタッチの手書きテイストを盛り込むという技は、プロならではのセンスがいかんなく発揮されています。これらの強烈なモチーフを彩るためのカラーは、ほとんど最低限の三原色に抑えられており、それがかえって効果的にチラシのデザインを際立たせる結果になっています。

商業広告と違い、自由度の高いデザインに仕上ることが可能

パッと見には結婚パーティーの告知であることはなかなか判らないチラシデザインですが、雑多なパーツをぎゅっと凝縮することによって視線をとどまらせ、最終的には理解できるような作りになっています。一般的な商業チラシのように、不特定多数の一般層にアプローチする必要がないからこそ、徹底的に遊び心を追い求めたデザインが作成できたとも言えます。今後もますますこういった形の結婚パーティーは増えてゆくに違いありません。二人の幸せを祝福するためのイベントを告知する案内状も、さらに多様化が進んでいくことでしょう。デザイナーの活躍の場は、時代を追うごとに広がりを持ち続けています。

 

制作フライヤー・チラシデザインに対する感想 

VOICE

身内や友達から、こんな招待状が届いたらわくわくしますね。

ある日突然、こんな結婚パーティーの招待状が届いたらとてもびっくりしますよね。インパクトがすごいです。「WEDDING FES」って何!? と、興味津々でじっくりと眺めまわしてしまいます。裏を見たら、知っている二人の名前で、場所は二人と所縁のある馴染みのスタジオ……。宝の地図みたいにも感じられるチラシデザインに、わくわくせずにはいられません。二人の名前が、一人一人独立して書かれているのも良いですよね。二人ともがお互いに自立した存在で、それぞれに力強くて、かっこよくて、そんなふたりの結婚パーティーが、面白くないはずがありません。

表面も裏面も、全体的に中世的な、洋風な雰囲気ですが、その中にあっても、日本語の名前や案内、現代的なQRコードがちっとも浮いていなくて、自然とマッチしているのがとても面白いです。枠線や罫線の種類が豊富で、いっぱい詰め込まれている、という感じがします。どれも個性的なものなのでぶつかり合いそうなものなのに、全部綺麗にバランスが取れていて、安っぽくありません。楽しく賑やかな感じをちゃんと出しながら、ただのお祭り騒ぎではなくて、ひとつひとつが充実しているパーティーだというのがチラシデザインから伝わってきます。どうにかしてでも参加したくなってしまいますね。遊び心をとても感じるチラシデザインだと思います。

VOICE

一瞬なんだろうと思う所が、このチラシの面白みになっています。

結婚パーティーのチラシデザインを拝見したとき、表面は英語で書かれていることや、とてもシンプルに作成されていることから、一目で結婚パーティーの案内であることに気が付く人は少ないでしょう。受け取ってウェディングと書かれている分を見て初めてわかるという人もいるでしょうが、通常結婚パーティーの案内というのは、招待する人に対して配布するのが一般的です。コンサートのチラシデザインのように、不特定多数の人に配るのであれば、まずどのような案内なのかをわかりやすくすることが重要です。

しかし、すでに結婚するということがわかっている知り合いの人に配るので、このような作成方法でも全く問題はありません。裏面にはわかりやすく案内が書かれているので、誰がどの場所で結婚パーティーを行うのかが一目でわかるでしょう。白を基調としていることで清潔感がありますし、太くてずっしりとした文字を使っているため、とても見やすいだけではなく、インパクトがある洋風でアンティークな作りという感じがします。

※掲載しているフライヤーデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

イベントフライヤーデザインの依頼・外注はお任せください 

フライヤー・チラシ広告の作り方が分からない方もご安心ください。格安の作成費用で印刷・納品までサポート致します。まずはお問い合わせフォームより無料見積もりをご検討ください。他のチラシ業者様・デザイン会社との比較検討も是非行ってみてください。様々なニーズに合わせた販促・集客・宣伝チラシ広告を作成致します。


フライヤー・チラシデザインの作成依頼〜納品までの流れ

フライヤー・チラシデザインの流れ①

見積もり

作成の検討されているチラシの部数や仕様・要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【チラシデザインの制作費用について】グラフィックデザインのみの制作・チラシ印刷込みのデザイン制作、両方の依頼に対応しています。

フライヤー・チラシデザインの流れ②

制作情報の提供

チラシのデザイン作成に必要な掲載文面や素材などを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

フライヤー・チラシデザインの流れ③

フライヤー・チラシデザインの作成

チラシデザインの作成に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

フライヤー・チラシデザインの流れ④

校了〜印刷・納品

チラシのデザインが校了となりましたら、ご入金確認後に印刷手配(またはデータ納品、及びその両方)を行います。(※フライヤー・チラシの印刷・製造は外部印刷会社へ委託となります。印刷・入稿手配の代行費用等はサービス料金に含まれています。)


チラシの作成について

イベントチラシ作成料金のページへ (印刷料金・送料込み)
各種イベントフライヤー・イベントチラシの作成を行なっています。音楽イベントやお祭り関連の楽しげなフライヤーから、ビジネス展示会やカンファレンスなどの落ち着きのあるチラシまで、幅広いデザインテイストに対応しています。チラシ(ビラ・フライヤー)の外注、製作依頼はお任せください。


error: