Skip links
コンサートの正方形チラシ作成例

上質な雰囲気のコンサートの正方形チラシデザインを作成しました(サンプル見本)

コンサートの正方形チラシ作成例

アーティストをより魅力的に見せる深みのあるデザインのコンサート告知フライヤー。

アーティストがピアノの前に座る写真をベースに加工を施した、上質感漂うコンサートの告知フライヤーです。

アーティストの右側に写るピアノのスペースに、キャッチコピーやタイトル、日付などの文字情報を集約し、クラシックな書体をゴールドと白のみでデザインすることでリッチな雰囲気を確立させています。また、その背景に赤の矩形を透過させ重ねることで、上品な中にも情熱を感じるデザインに仕上げました。

チラシ作成・デザインについて

アーティストの左側の上下の角にはボタニカルな装飾を施し写真と馴染ませ、よりクラシックに格式の高いイメージを演出しています。

裏面はピアノを弾くシルエット風の写真を背景に使い、概要を伝える文章や曲目、問い合わせ先などを配置。おもて面同様、ゴールド・ブラック・ホワイトの組み合わせでゴージャスに上品にアーティストの魅力を表現しました。

コンサートの正方形チラシデザイン2

コンサートの正方形チラシデザイン1

ミュージシャンの魅力をさらに引き立たせられるチラシデザインのポイント

舞台やコンサートといった、ショウビジネスのチラシを制作する際、デザインの核となるのは演者です。舞台であれば俳優。コンサートであれば、演奏するミュージシャンがデザインの中心になります。

コンサートの告知チラシでは、ミュージシャンの魅力をより引き立たせることで、より集客につながりやすくなるでしょう。ミュージシャンの場合、どのような音楽を演奏するかによってもデザインのベクトルは異なります。

作例のサンプルはクラシックピアニストのコンサートチラシです。クラシックのもつ格調高いイメージと、ミュ―ジシャンの魅力を融合させるように心がけました。

当サービスが今回のチラシを制作する際に意識したポイントは、次の3つです。

  • ミュージシャンのイメージに近いフォントを使用する
  • 音楽の特長を表現するような装飾を活用する
  • ミュージシャンのイメージをさらに高められる色彩を使用する

ミュージシャンの「ブランディング効果を高められるデザイン」のポイントについてお話ししていきたいと思います。

ミュージシャンのイメージに近いフォントを使用する

フォントとはテキストの書体のことです。デザインにおいてフォントはイラストや画像、装飾と並ぶ重要なファクターです。フォントをデザインの中心となるミュージシャンのイメージに合わせることで、チラシそのもののイメージをミュージシャンの音楽性に合わせることが可能になります。

作例では、クラシックピアニストということで、優美なセリフ書体を使用しました。細目のフォントでピアニストの可憐で繊細なテクニックをイメージしています。

もし、フォントをポップなゴシック体にしてしまうと、子ども向けのキッズクラシックコンサートのようなイメージになってしまうかもしれません。フォント1つでコンサートやミュージシャンのイメージを左右することもあるため、フォントはミュージシャンやコンサートのコンセプトに合わせて選択することが重要になります。

音楽の特長を表現するような装飾を活用する

デザインにおける装飾は、デザインの核となる素材のイメージをより強調させる重要な要素です。逆に装飾の選択を誤ると、チラシそのもののメッセージが伝わらなくなってしまう可能性もあります。適切な装飾を適切な量で配置することが大切です。

作例ではクラシックの音楽性をより強調させるために、枠の左上と左下にボタニカル調の装飾を配置しました。ボタニカルとは「植物」や「植物学的な」という意味の言葉です。

ボタニカルシャンプーやボタニカル柄などが有名ですね。ボタニカル調の特徴は、やはり植物に由来するところが大きいです。リラックスや生命力といった意味をもつ装飾があります。

ボタニカル調の装飾をクラシックコンサートのチラシに入れることで、格調の高さに加えて生命力溢れる生き生きとした印象を与えられます。細やかな装飾は中世的なイメージもありますね。

ミュージシャンのイメージをさらに高められる色彩を使用する

どのデザインでも重要なのが色です。色の組み合わせによって、与える印象は大きく異なります。赤青黄色の3原色を使ったデザインは元気で勢いのある印象を与えられます。アメコミなどが良い例ですね。逆に白と黒、灰色といったモノクロを使ったデザインは無機質ながらも洗練された印象を与えられます。

このように、色の組み合わせ方によって、さまざまな印象をコントロールできるのです。

作例のチラシサンプルでは格式高いイメージをモノクロとゴールドを使って表現しました。ピアノアーティストのイメージをより格式高く、そして上品に、ゴージャスにするように色彩を配分しています。

ミュージシャンのコンサートでは、その音楽の種類やミュージシャンのイメージ戦略に合わせた色彩を使用することが多くあります。色彩を効果的に活用することで、よりミュージシャンのブランディング効果を高められるでしょう。

 

制作フライヤー・チラシデザインに対する感想 

VOICE

ゴージャスな印象でまとめられたフライヤーデザインですね。

格式高いリサイタルを正方形に閉じ込めて

ブラックにゴールド、ホワイトとゴージャスな色でまとめたチラシは、格式高いリサイタルのムードをダイレクトに伝えてくれます。アーティストのプロフィール写真が大きくレイアウトされているので、見た瞬間に「あのピアニストのチラシだ」と気づく人も多いでしょう。日付の表示も大きく、告知をしっかり行えるデザインではないでしょうか。

ボタニカルデザインが華を添える

さりげなくあしらわれた植物のパターンは、ピアニストのゴージャスなヘアスタイルとも親和性が高く、上品な雰囲気です。ウラ面には、ピアニストの紹介や曲目リストが掲載されていて、期待感が高まりますね。チケット問い合わせの電話番号は、ゴールドの帯に載っていてよく目立っています。アーティスト写真がモノクロなので、電話番号や曲目がくっきりと際立って感じられますね。格式の高さはそのままに、メリハリを利かせている訴求力の高いチラシデザインと言えるのではないでしょうか。

※掲載のチラシ(フライヤー)は実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載しているフライヤーデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

イベントフライヤー・チラシ作成





error: Alert: Content selection is disabled!!