Skip links
音楽教室が主催するコンサートのチラシデザイン

音楽教室が主催するコンサートのチラシデザインを作成しました。

音楽教室が主催するコンサートのチラシデザイン

音楽教室が主催するコンサートのチラシ作成例_A4サイズ_表

透明感のあるブルーの美しさに心惹かれるピアノコンサートのチラシデザインです。

上から徐々に濃くなっていくブルーのグラデーション。最下段には薄いブルーでバラの花を重ね、コンサートタイトルにある「ブルーローズ」を表現しました。

ニューヨークで生まれた音楽教室が主催するコンサートだけに、タイトルからインフォメーションに至るまですべて英語で表記し、文字の大きさでコントラストをつけながら流れるように美しくレイアウトしました。

コンサートチラシの作成依頼はこちら

出演するプレイヤーは、インスタントカメラで撮影したような余白を枠にして、それぞれ個性が伝わる写真を掲載しました。

下に向かって深みを増すブルーのグラデーションは聡明で美しく、神秘的な海底のようにも見えます。静けさの中に広がる良質な音楽を色で表現した透明感のあるチラシザインです。

音楽教室が主催するコンサートのチラシ作成例_A4サイズ_裏

音楽教室が主催するコンサートのチラシデザイン_制作例1

音楽教室が主催するコンサートのチラシデザイン_制作例2

コンサートのチラシを作る際に考えたいこと

イベントを宣伝する際には、少し時間をかけてでも目立つようなチラシデザインにしたいものです。地域に根付いていないイベントや、あまり知られていない会場で行われるイベントの場合は、特に効果的です。

以下の項目はデザインや構成を考える際に考慮したい点です。

イベントの観客層

クラシックのオーケストラなのか、ロックバンドなのか。ロックコンサートはクラシックとは違ったテイストがあることが一般的です。屋外ミュージックフェスティバルなら、もっと違ったデザインになるかもしれません。今までにないイベントを宣伝するのであれば、過去に行われたものとは違うチラシデザインにする必要があるかどうかも考えます。

公演の日付やチケット販売日

観客は、いつチケットが買えるのかを知りたがっています。公演日やチケットの販売開始日は、コンサートやその他の需要のあるイベントでは特に重要です。チケットが完売したことを後から知るなんて悲しいですよね。

イベント会場について

地元の公民館で行うのか、それとも大きなコンサートホールで行うのか。有名な施設であれば、それほど詳細な情報は必要ありません。しかし、特設会場やローカルな施設であれば、駅からの詳細情報などがチラシに表記されていた方が親切でしょう。

 

制作フライヤー・チラシデザインに対する感想 

VOICE

英語のフォントが格式高く美しいチラシデザイン作例

海外のコンサートチラシと見紛うラグジュアリーさ

チケット取り扱いの注意書き以外は、ほぼすべて英語というチラシデザインは、手に取った人がクラシックの本場へトリップしてしまうような豪華さがあります。洗練された流麗なフォントは、心躍る音楽の旅へ見る人を誘っているよう。曲目や会場の表記で細かくフォントデザインを変更しているところも、格式の高さがうかがえる隠れたポイントです。すべてが英語だと一瞬ひるんでしまいますが、簡単な英語だったり音楽ファンにとっては馴染み深い表記だったりするので、そこまで読みにくいとは思われないでしょう。

ブルーのグラデーションに青いバラがおしゃれ

コンサートホール名でもある青いバラがさりげなくあしらわれた背景は、明るいブルーのグラデーション。上へ向かって明るい色にデザインされているので、気分が自然と高揚します。演奏者の写真も、それぞれの個性が感じられてユニーク。ポラロイド風のフレームもおしゃれですね。「個」を大切にする海外の様式を思わせる、日本から飛び出したようなチラシデザインです。

※掲載のチラシ(フライヤー)は実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載しているフライヤーデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

イベントフライヤー・チラシ作成





error: Alert: Content selection is disabled!!