金属工業会社の海外向け案内チラシのデザインを作成しました。

金属工業会社の海外向け案内チラシのデザイン

金属工業会社の海外向け案内チラシ_A4サイズ_表

海外向けにデザインした金属工業会社のスタイリッシュなチラシです。

グリーンの濃淡のグラデーションが目を引く、日本の金属工業会社の海外向けチラシ。チラシ表面のトップには、金属加工業らしく車のエンブレムのように金属で製作した自社のロゴマークが鎮座しています。タイトルを含め文字はすべて白抜きで表記し、会社のプロフィールを現地の写真を交えて読みやすくレイアウトしました。下段には、ビジネスの概要を囲み内に記載し、最後にシンボルマークと共に日本語のロゴタイプを配置しています。

裏面は、会社で製作している金型部品を写真掲載し製品特徴と共に紹介しています。製作工程をやわらかな色調でデザインしたフローチャートで視覚化し、海外企業に自社を紹介するツールとして機能するようにデザインしました。

同じ内容のチラシでも、国外に向けたものはそれぞれの国で受け入れられやすいようデザイン調整が必須です。シンプルでスタイリッシュなデザインでまとめることで、スマートな企業として印象付けることができます。

金属工業会社の海外向け案内チラシ_A4サイズ_裏

金属工業会社のスタイリッシュなチラシデザイン

制作フライヤー・チラシデザインに対する感想 

VOICE

グリーンのグラデーションが爽やかで、スタイリッシュなデザインですね。

こちらは金属工業会社の海外向け案内チラシということで、シンプルでスタイリッシュなデザインに仕上がっています。一目見たときに目に飛び込んでくる会社のロゴマークは、メタリックなテクスチャーに加工されていて、取り扱っている金属のイメージを強く印象付けることができます。その下には会社の沿革が箇条書きで紹介されていて、すっきりと読みやすいレイアウトが良いですね。シンプルなデザインでありながら、グリーンのグラデーションが個性的で、インパクトもあると思います。

チラシ裏面には、会社が製造している製品や、製造工程がカラー写真を使ってわかりやすくレイアウトされていて、一目見ただけで得たい情報がキャッチできそうです。フローチャートの部分はカラフルな色使いで親しみやすく、専門的な内容ながらも堅苦しくならないところがいいですね。おもて面ではスマートで信頼感のあるスタイリッシュなイメージ、裏面では優しい配色でフレンドリーなイメージになっているので、海外でも充分に会社をアピールできるデザインなのではないでしょうか。

 

※掲載しているチラシデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。


宣伝チラシデザインの依頼・外注はお任せください 



チラシの作成について

販促チラシ作成料金のページへ (印刷料金・送料込み)
営業資料・B to B向けのチラシ作成など、ビジネス関連の各種チラシの作成を行なっています。展示会での配布や、訪問先へ直接渡すサービス・製品紹介資料など、用途に応じたチラシデザインの制作を行なっています。チラシ(ビラ・フライヤー)の外注、製作依頼はお任せください。


ASOBOAD®(アソボアド)とは

広告・デザイン作成のASOBOAD(アソボアド)

ASOBOAD(アソボアド)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

フライヤー・チラシ作成について

チラシ印刷業者・チラシデザイン業者をお探しですか?チラシ作成料金・チラシデザイン依頼の詳細はこちらから確認いただけます。

フライヤー・チラシ作成

カード決済対応

デザイン費用・印刷料金などの支払い方法は、銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例デザイン総合情報誌「MdN」に制作サイトが掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: