メディアカフェのカジュアルで親しみのあるチラシデザインを制作しました。

メディアカフェのチラシ
メディアカフェ_A6チラシ_omote

コミック・インターネットを中心としたメディアカフェの親しみやすいチラシデザインです。

リゾートでスローライフを営んでいるようなイラストが可愛いチラシです。それがアイキャッチになっているだけでなく、店内の写真をたくさん盛り込むことで、リアルに想像できるのでお店に足を運びやすくなります。

デザイナーの振り返り 
■ カジュアルに、リーズナブルに楽しめるのが、メディアカフェの長所ですので、チラシデザインに高級さを感じさせる要素は排除して制作しました。
■ 新規顧客獲得を目的としたチラシですので、入会金無料と100円引きというチケットエリアには、大きめに面積を使っています。
■ 黄色と青色の対比で遠くからでもスッと目に入る様なチラシに仕上げました。

メディアカフェココナッツ_A6チラシ_ura

 

チラシからも感じられるアミューズメント感

メディアカフェという言葉は、まだ耳慣れないという方も多いかも知れませんが、従来の漫画喫茶やインターネットカフェの要素に他の娯楽要素も複合的に詰め込んだアミューズメントショップを意味します。一人でも複数人でもリーズナブルに長時間楽しめるとあって、近年需要を伸ばしている注目の業種と言ってもいいのではないでしょうか。
そんなメディアカフェの新規顧客獲得のための販促チラシですが、まず一瞬にして目を惹くのは補色を使用したポップなカラーリングです。遊び心あふれるフォントが楽しそうな雰囲気を助長しており、それだけでもまず注目度はかなり上がっています。さらに気になって内容を読み込めば、ますます興味を惹かれるのではないでしょうか。基本的にこういったアミューズメントショップや施設はインドアが基本のイメージですから、南国の海のような背景を背に人物がご飯を食べたり本を読んだりしている絵は、不思議でコミカル、それでいて面白い印象をしっかりと見る者に与えてくれます。

リゾート系のデザインで快適さをアピール

ふんだんに盛り込まれた店内写真を見れば、こちらがどういったお店であるかは一目瞭然ですから、イラストとのギャップに思わず微笑んでしまう方もいるかもしれません。こういった新規客の獲得を狙ったチラシ作成の場合、まず何よりも見てもらうことが最大の目的となりますが、そのあとはいかに足を運んでもらうかが鍵となります。そういった観点から見ても、おおよそインドアからはかけ離れたカラーリングとイラスト使いで人目を惹いた上で、想像以上の楽しさを感じさせるこのチラシデザインは、訴求力の高いものと言えるのではないでしょうか。
また、敢えて上部には持ってこず、左下隅に「入会金無料」と「100円引き」というお得な情報を大きめに配置しています。下部は細かい伝達情報に割かれることの多いスペースですが、そこに大きめのお得情報があることによって、チラシ全体にリーズナブルなお得感と楽し気な雰囲気を持たえています。
裏面は表のポップさと比較すると非常にシンプルでビジネスライクな構成で制作していますが、これは解りやすさを追求したデザインです。自分の利用したいアミューズメントの料金体系や時間が一目でわかる構成に加え、最初に目が行くポイントに配置された楽し気なヤシの木のロゴは、また内容との良い意味のギャップを思い起こさせて、メディアカフェの敷居をまたぎやすいものにしてくれていますね。老若男女を問わず親しみが持てるチラシデザインに仕上げました。

 

制作デザインに対する感想 

チラシの裏面が何気に実用的で助かります。

「メディアカフェという業務形態は、現在ネットカフェのさらにサービスを強化させた個人とグループでも共通の娯楽を提供する店舗として、郊外を中心に拡大している、いわばアミューズメントショップですが、家族的なイメージを定着させ、顧客層を拡大するには、戦略はいくつか必要になります。このチラシデザインの店舗では、若い人でも世代層を少し引き上げ、ビリヤードなどを設置し、総合的に店舗に長く顧客を留めるのがやはりその目的となります。デザインでは、南洋をおもわせる清々しいイメージに、簡略されたイラストを採用していますが、明度の高い色彩で視覚的にはとても捉えやすい感じに仕上がっています。「ひとりでも、みんなでも24時間楽しめる」のキャッチフレーズに、いつでも来店できる印象と、表面には4つの店内画像を対照的に配置し、特徴であるサービスを中央に支店が集まる様、店の看板ロゴデザインの周囲に配置し、効果的に見る側に理解させる工夫がしてあります。やはり全体の印象を決めているのは、トップのキャッチフレーズでしょう。「コミック・インターネット」と、「ダーツ・ビリヤード・麻雀・オンラインゲーム」とバリエーションの文字と呼応し、ロゴの印象を高めています。提供されるサービスが既存のものの組み合わせで構成されている場合、あまり奇をてらったデザインにこだわる事は、視覚的印象が強まる代わり、店名やサービスの内容の記憶は薄れやすいもので、背景を単純、簡素化するのはやはり宣伝効果を考えると。こうしたチラシの方が効果はあります。
チラシ表面では割引チケットがあるため、このチラシは即効性、つまり持参してすぐにお店で使えるような工夫が必要であり、そのための価格も裏面で詳しくリストにされています。サービス内容は、既存のエンターテイメントの組み合わせなので、詳細を解説する必要はないので、これでも必要十分以上ではあるでしょう。強いて言うなら、表面の割引チケットを切り取ったときに、裏面の項目がカットされないよう、表面のコーナーにわ三角で配置する方が、より裏面がそのまま保存しても、不足する表の下の注意書きが欠けてしまわない工夫があった方が、良かったかもしれません。料金システムの項目の並びは、店内のメニューと同じであり、事前に価格を確認できるので、チラシとしての宣伝と活用できる機能性は備わっているので、このチラシデザインのコンセプトは店のサービスに順応した「使えるチラシ」として良好な感じに見えますね。」

ネットカフェらしさを感じないチラシデザインがむしろ良い。

「メディアカフェと言えばインターネットを自由に使うことができて、好きな漫画を読むことができる店ですが、わかりやすく言えばインターネットカフェ、漫画喫茶です。最近は利用者が増えているので、駅前を中心に店がどんどん増えていると言えるでしょう。そのため、このチラシデザインのように、しっかりと宣伝をしておくことでお客を増やす対策をする店が多くなっています。多くの人に気に入ってもらうためには、まずは内容に目を通してもらわなければいけません。そのための対策が入会金無料、100円割引のサービス券だと言えるでしょう。
男性客は比較的利用しやすいですが、女性はそれほど多くの人が利用するというわけではないので、このようにチラシにサービス券を付与することで、より興味を持ってもらいたいと考えたと思われます。明るくて南国をイメージさせる背景も癒される感じがしてとてもよいでしょう。裏面に詳しい料金の案内やシステムが記載されているので、簡単に情報収集できます。」

 

カフェ・飲食店チラシ制作料金のページへ (印刷料金・送料込み)

ASOBO DESIGN™ とは

チラシデザイン・ポスターデザインのASOBO DESIGN

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

 icon-envelope-o 

デザインの見積もり・制作依頼はこちら

©ASOBO DESIGN

■デザイン・記事内容はASOBO DESIGN又は第三者に帰属します。
■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン_s 書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。   タイトルまわりのチラシデザイン 書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。     adobemaxロゴ Adobe MAX Japanにて制作デザインが展示されました。   チラシデザインが紹介されました 書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。   ファッションマガジンにデザイン掲載 インターナショナルファッション誌"En Vie Fashion Magazine"内にデザインが掲載されました。   asobo design factoryがデザイン誌に掲載されました デザイン総合情報誌「MdN」にてWEBサイトが掲載されました。   CD制作ガイドに掲載されました インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてインタビューを受けました。  

NEWS&PRESS情報一覧




事業概要

ご利用規約

ASOBO DESIGN™ではチラシやポスターのデザイン制作をはじめとした、様々なデザインサービスを行っています。