音楽教室の親しみやすさのあるチラシデザインを制作しました。

音楽教室のチラシ
音楽教室_A5チラシ_omote

新規入会を募集する音楽教室のフレンドリーなチラシデザインです。

ライブやコンサートに足を運んだことのある人なら、誰しも「あれだけ弾けたら楽しいだろうなぁ」と思ったことがあると思います。しかし同時に楽器=高い・難しいといった、敷居の高さも感じているのではないでしょうか?今回のチラシデザインはそんな敷居の高さを感じさせない、ちょっとチャレンジしてみようかなという気を起こさせてくれるようなデザインに仕上げました。

デザイナーの振り返り 
■ 写真とイラストを多く使うことで、親しみやすさを与えられるようなチラシ作りを心がけました。
■ 音楽教室は至るところに存在していますので、コースや特徴など、独自性が伝わる内容も分かりやすく掲載しています。
■ 無料体験レッスンは消費者にとって魅力的なコンテンツですので、チラシ上部の目立つ場所にレイアウトしています。

音楽教室_A5チラシ_ura

・その他教室関連の作成例

クールなダンススクールのチラシデザイン

ヨガ教室のフライヤーデザイン

 

制作デザインに対する感想 
■その1
画面を分割するレイアウトの効果は、項目別にひとまとめにして、単独で強調する文章や画面を引き締め、視点が囲みを追う形になるので、上から順番に左から右へ…と見ていく広告になります。このチラシデザインの表面では、実際には罫線はありませんが、「音楽教室 入会受付中」の部分とその下の予約の案内、サムネイルのような画像のブロック、レッスンコースの費用に関する段落、「voice music」の2行の項目、そして問い合わせと、教室の所在場所に関するブロックの、全部で6段階に罫線で仕切られているのと同じです。この方法がよく使われているのは、規則性のある順番に見せる必要のある、フロア案内図や新聞のようなメディアにはよく使われています。基本的なレイアウトは、原則的に見る人には説明や解説と捉えることが容易な反面、見ている楽しさや動きが単調なためにやや退屈に感じることも多いです。そこでこのチラシの表面では、画像をひとまとめにして、楽器を演奏することをイメージさせ、静的なレイアウトに動きを加える試みがされています。
チラシ裏面も基本的に表面と同じ段階をくみ上げた、積み木のようなレイアウト構成で統一され、ここではイラストを多用し、項目別の段落の隙間を埋めるデザインになっています。全体的にはベーシックで定番の構成ですが、表面に関しては個人的にはトップの「♪音楽教室 入会受付中♪」は全体が画像と電話番号に目が行くため、やや隅に追いやられた格好で、画面を断ち切っているため、視認性が弱く感じます。素材の断ち切りは画像にもあるので、画像の中にキャッチコピーを入れるか、「初めてでも~」トップ直下の文章を削って、「ただいま無料体験中」の文字を表題の真下に持ってくるなど、段階を少し減らすなどした方が、最初の文言には目が行くと思います。どうしても文字より画像は視覚的に強いし、具体性もあるため、その周辺が注目されやすいところがあります。
裏面はこの効果を上手に活用し、チラシデザインのテーマとイラストを一致させてあります。画面を分割する静的な動きは紙面背景の薄い斜めのストライプで、動的に感じますので、上下を分断するレイアウトの処理をもう一工夫ほしいところです。それさえ出来ていれば、レッスンコースからサックス画像、電話番号、地図といった順番に誘導しやすくなると感じますね。
■その2
音楽が好きで習いたいと考えている人はたくさんいますし、実際に子供の頃、音楽教室に通って楽器などを習ったことがある人もいるでしょう。音楽は今も昔も人気があるのですが、このチラシデザインは、音楽教室の紹介を行っています。一目見て音楽教室の案内だとわかるようになっているので、興味のある人や習ってみたいと考えている人のことを考えて作成されていることがわかるでしょう。レイアウトがとてもきれいですし、文字も大きくて読みやすくなっています。
裏面には白黒で音楽教室の特徴や、選択できるコースが書かれているので、どの楽器を習いたいのかをこのチラシデザインを見て決めることができます。全体的にとても親しみを感じやすいように作られていますし、ホームページのURLも載っているので、もっと詳しく情報収集をすることも可能です。音楽のイベントとは違い、派手な感じは全くありませんが、あくまで教室を紹介しているので、このようにシンプルな方が多くの人から好感を得ることができるでしょう。
■その3
こちらの音楽教室のお知らせチラシからは、気軽に覗きに行っても暖かく迎えてもらえそうな親しみ易さや気やすさを感じられました。チラシデザインの中に線で区切られたり、ハイライトや強い色調などで特別に目立たせている箇所がなくて、全体的にぺったりと作成され、優しい感じに見えます。そんな印象から、押しつけがましさや、音楽レッスンのとっつきにくさを感じさせずに、この教室に親しみを感じられます。いくつもの種類の楽器の写真と絵が添えてあって、一目で音楽関係のお知らせチラシだと理解できる分かりやすさもよいと思います。
また、何気なく背景にほどこされている明るい黄色のストライプ模様や、音符やスター記号のおかげなのか、画面から楽しそうな雰囲気も感じとることができます。チラシデザイントップのタイトルのバックが紫色ですが、それと同色の紫色を使っているので、タイトルから、無料体験の案内にも自然と目がいきます。そして私は裏面のデザインも気に入りました。楽しそうな表情で歌う子供の写真になんだかほっとしますし、楽器や演奏者のイラストも全てかわいらしいので、「楽器も歌も上手くないけど、私が練習に行ってもこの教室なら笑われなさそう」と思うことが出来そうなチラシ制作例だと思います。

 

販促チラシ制作料金のページへ (印刷料金・送料込み)

ASOBO DESIGN™ とは

チラシデザイン・ポスターデザインのASOBO DESIGN

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

 icon-envelope-o 

デザインの見積もり・制作依頼はこちら

メールでのご相談・ご依頼はこちら

Service in English (英語対応)

sslクレジット対応銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

関連サイト

■ LOGOLO - ロゴデザインの作成依頼

■ PACK LABO - パッケージデザインの制作依頼

powered by デザイン事務所AMIX

©ASOBO DESIGN

■デザイン・記事内容はASOBO DESIGN又は第三者に帰属します。
■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン_s書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。 タイトルまわりのチラシデザイン書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。adobemaxロゴAdobe MAX Japanにて制作デザインが展示されました。チラシデザインが紹介されました書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。ファッションマガジンにデザイン掲載インターナショナルファッション誌"En Vie Fashion Magazine"内にデザインが掲載されました。asobo design factoryがデザイン誌に掲載されましたデザイン総合情報誌「MdN」にてWEBサイトが掲載されました。CD制作ガイドに掲載されましたインディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてインタビューを受けました。アソボデザインが各種プレスリリースに載りました サイトのリニューアル情報がメディアに掲載されました。グラフィックデザイン部門にノミネートしましたOSAKA KAWAII!! クリエイターズアワードのグラフィックデザイン部門にノミネートしました。デザイン講義を行いましたバンタンデザイン研究所でデザインについての講義を行いました。

NEWS&PRESS情報一覧

ASOBO DESIGN™ではチラシやポスターのデザイン制作をはじめとした、様々なデザインサービスを行っています。