Skip links
ピアノリサイタルのフライヤーデザイン

ピアノリサイタルのフライヤーデザインを作成しました。

ピアノリサイタルのフライヤーデザイン

ピアノリサイタルのフライヤー_表_A4サイズ

バロックと現代をつなぐ雰囲気あるアーティストのフライヤーデザイン。

クラシックなリーフ柄の壁の前で目を閉じ静かに座る金髪の青年。壁には音楽家一家「バッハ」一族の肖像画が掛けられています。現代的な風貌の青年と深く静かな音楽の世界。一見かけ離れているかのような二つの世界はピアノという楽器によって時間と国境を越え結びつきます。

リサイタルのフライヤーデザインはこちら

新進気鋭のピアニストのリサイタルを告知するチラシを、深いブルーで表現しました。写真の色味を極力生かし、テキストの色を白と近似色のブルーに絞ることで画像の持つ不思議で魅力的な雰囲気を最大限に生かしています。フライヤー裏面はモノクロでデザインし、リサイタルのテーマとピアニストの略歴を紹介しています。

ピアノリサイタルのフライヤー_裏_A4サイズ

アーティストのフライヤーデザイン

制作フライヤー・チラシデザインに対する感想 

VOICE

現代的で新鮮なクラシック演奏を想像させるデザインです。

クラシックな壁の模様とバッハ一族の肖像画を添え、「椅子に腰かける」というポーズだけで、文字を読む前から不思議とピアノを連想してしまいました。新進気鋭のピアニストにふさわしい、新しさを感じさせるデザインだと思います。金髪にひも靴、アンクレット丈のパンツを合わせた今風の青年の姿は、今までクラシックになじみのなかった人の興味も強く引きつける効果がありそうです。あえて椅子に座らせて全身のコーディネートを見せたことで、ピアニストの個性をストレートに伝えているのかもしれません。ただしバッハの世界観は壊さぬように、大胆に描かれたリーフ柄が厳かな雰囲気を作り上げています。壁のブルーも中央を明るくし、サイドを暗く見せることでよりクラシカルな印象に。ピンスポットライトのように見せる光の表現も、ピアニストらしいと感じました。

従来のクラシックファンにも新鮮さを予感させ、演奏への期待感を膨らませてくれそうです。フライヤーの裏面は黒をベースとしたモノクロに配色しながらも、単調にならないように大輪のバラを敷き詰めています。「現在(いま)」を感じさせてくれる、都会的で華やかな一夜を想像してしまいました。

 

※掲載しているフライヤーデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

イベントフライヤーデザインの依頼・外注はお任せください 

フライヤー・チラシ広告の作り方が分からない方もご安心ください。格安の作成費用で印刷・納品までサポート致します。まずはお問い合わせフォームより無料見積もりをご検討ください。他のチラシ業者様・デザイン会社との比較検討も是非行ってみてください。様々なニーズに合わせた販促・集客・宣伝チラシ広告を作成致します。


フライヤー・チラシデザインの作成依頼〜納品までの流れ

フライヤー・チラシデザインの流れ①

見積もり

作成の検討されているチラシの部数や仕様・要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【チラシデザインの制作費用について】グラフィックデザインのみの制作・チラシ印刷込みのデザイン制作、両方の依頼に対応しています。

フライヤー・チラシデザインの流れ②

制作情報の提供

チラシのデザイン作成に必要な掲載文面や素材などを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

フライヤー・チラシデザインの流れ③

フライヤー・チラシデザインの作成

チラシデザインの作成に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

フライヤー・チラシデザインの流れ④

校了〜印刷・納品

チラシのデザインが校了となりましたら、ご入金確認後に印刷手配(またはデータ納品、及びその両方)を行います。(※フライヤー・チラシの印刷・製造は外部印刷会社へ委託となります。印刷・入稿手配の代行費用等はサービス料金に含まれています。)


チラシの作成について

イベントチラシ作成料金のページへ (印刷料金・送料込み)
各種イベントフライヤー・イベントチラシの作成を行なっています。音楽イベントやお祭り関連の楽しげなフライヤーから、ビジネス展示会やカンファレンスなどの落ち着きのあるチラシまで、幅広いデザインテイストに対応しています。チラシ(ビラ・フライヤー)の外注、製作依頼はお任せください。


error: