復興チャリティーライブのワイルドで渋いチラシデザインを制作しました。

ワイルドなライブイベントチラシ
チャリティーコンサートのフライヤー黒のバックにイエローが映える、ロックチャリティーライブのチラシデザインです。

グランジのきいた荒々しさの残るデザインがロックらしいワイルド感を与えてくれます。エネルギッシュに復興を支えようとする姿勢が垣間見えるチラシです。電撃的出演を感じさせる黄色のタイトルが印象的です。多くの情報をシンプルにまとめたチラシデザインです。

デザイナーの振り返り 
■ チャリティーイベントではありますが、あまりチャリティー感が全面に出たデザインにならないようなチラシ作りを心掛けました。ロックのスタイルはあくまでも崩さずに、復興の支援を行なっていることがとてもクールだと思います。
■ 目立つ反面、軽い印象にもなりやすい黄色を用いながらも、渋い紙面に仕上げました。
■ ズラリと情報が並ぶチラシですが、文字サイズや色を変えることで、メリハリを生み出し見やすく仕上げています。

 

黄色と黒の対比が鮮やかなロックイベントのチラシ制作例

近年、震災などの復興支援イベントがよく行われています。その中でも人気が高いのがロックイベントなどの音楽系のイベントです。今回のように人気のあるアーティストや話題のアーティストなどが参加する事で、イベントが話題になる事が多いですが、チラシデザインを工夫する事で、仮に無名のアーティストのイベントでも集客を期待する事が出来ます。チラシは、イベントの告知を行う為に作成される広告媒体であり、チラシデザイン次第でチラシの注目度は大きく変わってきます。
制作をしていく時には、目立つ事を意識して作っていく事が大切であり、黄色と黒の対比が鮮やかな配色パターンのチラシデザインであれば、注目されやすくなってきます。ロックイベントは、激しさをイメージする事が一般的ですが、そのイメージをチラシで表現していく為には、背景写真やロゴに使うフォントなど各種の要素をインパクトの強い物にしていく事になるでしょう。背景が暗めの雰囲気の写真であれば、ロゴや文面の文字色を活かせるようになります。復興支援が目的であるという事をアピールしていけば、多くの人々は、復興募金の代わりとしてライブに参加してくれる可能性が高まります。

復興チャリティーライブのワイルドで渋いチラシデザイン

 

制作フライヤー・チラシデザインに対する感想 

ワイルドでかっこいい、勢いを感じるチラシデザインだなと思いました。

「黒のインクと黄色のインクが勢いよくぶちまけられていて、赤いインクも大胆に垂らされているのが、雄々しくてかっこいいです。細かいことは気にせずに、もっと大切なものを大きな視点で見ているというのが伝わってきます。荒々しくも、情に溢れた温かい雰囲気がチラシから醸し出されているのだと思います。高橋さんの渋さと、大胆な若さと、どちらの良さも際立っていて、それも勢いのひとつになっているのではないでしょうか。文字も、どれもくっきりはっきりとしていて、こちらも男らしさを感じます。とても大きな文字に、自信が表れているなとも思いました。」

パワフルさのあるフライヤーデザインに、支援・後押しというイメージを感じました。

「現在でもまだ東日本大震災の影響が残っていて、被災地では大変な思いをしている人もたくさんいます。本来であれば国が支援するべきなのですが、それだけでは足りない部分も多いため、現在でも多くの民間人が被災地復興のために活動しています。このフライヤーデザインも、被災地復興を掲げた支援チャリティーライブの宣伝なのですが、通常ライブの宣伝を行う場合には、表面をかなり派手に作成することも多くなっています。しかし、今回は被災地復興を掲げていることから、それほど派手ではなく、少し抑えた感じになっているものの、力強さやワイルドさを感じることができるような印象を受けます。渋い感じを出しながらかっこよさもしっかりとフライヤーから出ているので、多くの人に注目してもらえるでしょう。重要な項目は文字を大きくして書いてあるところもよいですし、男らしさを感じる仕上がりですが、男性が見ても女性が見ても興味を持てるようになっているところも高評価です。黒という暗めの色を活かした作りになっているものの、暗さを感じさせません。」

豪華でクールなフライヤーデザインになっています。

「豪華アーティストにしっかりとマッチしたブラックで薄汚れたような、ロックを全面に感じることができるような背景、そしてアーティスト名はイエローで統一されており、ロックでクールな印象だけでなく、元気で前向きなイメージも伝わってきて、「復興支援」というイベントのメインテーマにもマッチしています。
イベントの情報量も多いですが、文字の大サイズを変化させてメリハリをつけていたり、文字のデザインを統一させていることでシンプルでまとまりがあり、とても読みやすく情報が入りやすいようになっています。アーティストの写真のシンプルなデザインを強調させるように、無駄なイラストやデザインのない背景、必要な情報文、ところどころでレッドのカラーやイエローのカラーが使われていて、見ていてとても楽しいフライヤーデザインだと思いました。」

 

※掲載しているフライヤーデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

チラシの作成について

イベントチラシ作成料金のページへ (印刷料金・送料込み)
各種イベントフライヤー・イベントチラシの作成を行なっています。音楽イベントやお祭り関連の楽しげなフライヤーから、ビジネス展示会やカンファレンスなどの落ち着きのあるチラシまで、幅広いデザインテイストに対応しています。チラシ(ビラ・フライヤー)の外注、製作依頼はお任せください。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

よく読まれているページ

まだデータがありません。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error:
事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行は全てメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。【 口頭による金額提示、依頼の受付・進行は行なっておりません 】
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。
ゴールデンウィーク・夏期休業(お盆)・冬季休業(年末年始)などの 長期休業期間につきましても対応外となります。