Skip links
幻想的なイベントチラシ制作例

淡めのトーンで統一した独特の色彩が魅力のライブチラシデザインを制作しました。

幻想的なイベントチラシ制作例

バンドイベントのチラシデザイン

都会と自然がミックスされた幻想的な雰囲気が印象的なチラシデザインです。

どこかで出会い、まだどこかへ旅立つ。ライブイベントのタイトルである【一期一会】から、そんな情緒を感じさせるデザインです。にぎやかな中にもノスタルジックな切なさを併せ持つ紙面に仕上げました。

デザイナーの振り返り 
■ 6月に開催されるイベントということもあり、真夏に差し掛かる前の湿度を感じられるようなチラシ作りを心がけました。
■ アーティストから提供いただく写真は、撮影のシチュエーションが異なるため、切り取り範囲や明るさ・コントラストがバラバラになりがちです。それぞれの写真の質感を揃え、統一感のあるチラシにしました。
■ 背景に移る都会の街並みと、手間に存在するキューブや花弁などの要素、そしてアーティストの写真がうまく混ざり合って一体感が出るように整えました。

ライブのチラシデザインの作成はこちら

淡めのトーンで統一した独特の色彩が魅力のライブチラシデザイン

ジャンルレスなライブイベントのチラシ制作例

ライブイベントのチラシを制作する際には、ジャンルが仮に決まっていれば、そのジャンルに合わせたチラシデザインで作成していけばいいのですが、ジャンルレスなライブイベントの場合には慎重に作成していくことが求められます。チラシを制作するにあたり、アーティストから宣伝用の写真の提供を受けますが、その写真はアーティストによってバラバラです。明るさも暗さも人によって違い、ポーズなども当然ながら違います。一体感のある仕上りにするため、写真の質感をまずは一定のものにしてしまい、揃えてしまうことで表現することができるようになります。もちろん、それだけでは一体感のある仕上りにはならないので、主張の激しくない風景や統一感のある色調を中心とすることで、全体的にまとまったチラシデザインに仕上げて行きます。

テーマ性を持たせるという点は、どんなチラシでも共通している

また、注目すべきはライブイベントやコンサートが行われる時期です。冬であれば寒さや寒空の澄み切った青い空を表現することができますし、夏であれば太陽光のまぶしさなど夏らしさを作り出すことが大切です。6月であればやはり梅雨の時期のため、真夏を迎える前の様子を表現していくことになります。ジャンルレスな分、作品の自由度はジャンルが決まっている場合よりも広く、自由に作ることができます。季節感を前面に押し出したとしても、色調や一体感、統一感にさえ気をつけておけばよりよりものを作成していくことは十分にできます。

ジャンルレスとはいえ、ライブイベントにはタイトルやライブイベントの趣旨は決まっています。タイトルや趣旨に合ったデザインであることが大切です。コンサートなどのチラシを見ていて、最初に目がつくのがアーティストの写真ですが、次に目につくのはタイトルでその後に周辺の情報へ目が向けられていきます。タイトルと周辺の情報、いわゆるチラシデザインがミスマッチだと、よくわからないという印象だけを与えてしまい、意味をなさないものとなってしまいます。タイトルとデザインが一致すれば食いつきは一気によくなり、チラシの効果も大いに高まり、宣伝に適したものとなっていきます。チラシデザインとしては、アーティストが目立つようにし、周辺のデザインはあまり注目されないものの、テーマをしっかり持ったものを背景にするなどの工夫がこの場合では求められていきます。ジャンルレスではあっても、趣旨に合ったものを作成するという方針は立てやすいため、通常のチラシ制作となんら変わりません。

 

制作フライヤー・チラシデザインに対する感想 

VOICE

豪華で、独特な印象を持っているイベントチラシデザインだと思いました。

アーティストの方々の写真が、少しセピアっぽくなっているというか、とても貫禄があるなと思います。知る人ぞ知る、という雰囲気が出ています。上部の背景は、大都会に気球が浮いていますよね。海面も少し見えます。大都会というと窮屈な感じがする場合もありますが、気球と海のおかげで、そこから自由に旅立っていくような、解放的な雰囲気になっていると思います。紙面右のほうの、虹のような、国旗のようなエフェクトも独特ですよね。この配色は、自然とアメリカを彷彿とさせます。……と思ったら、会場がアメリカ村だったのですね。これはぴったりの雰囲気です。

そして、それだけでなく、手前には芝生も載っています。飛び立っていくばかりではなく、しっかりと優しい大地にも目を向けて踏みしめている、という温かな印象もそこで作り上げられているように思いました。出会い、旅立ち、また出会う、という、まさに「一期一会」の、人の心や動きの巡りが、このチラシデザインでは見事に表現されているなと思いました。マップの黒が、独特な世界観であるチラシデザインの締まりをよくしてくれています。フワフワとした感じばかりでなく、かっこよさもしっかりとあるのは、このマップの存在が紙面を締めてくれているおかげでもあるように思いました。

VOICE

都会と自然が一体となったようなデザインも注目。

日本各地でいろいろなイベントが開催されていますが、最も多いイベントがライブだと言っても過言ではありません。このチラシデザインもライブイベントの宣伝が書かれていますが、豪華で煌びやかになっているにも関わらず、あまり派手すぎてしまう感じはしないので、多くの人に好感を持ってもらえるでしょう。背景が豪華で煌びやかというだけではなく、かわいらしい感じや落ち着いた感じも出ているため、いろいろと考えられて作成されたことがわかります。

特に目に入ってくるのが一期一会という文字と、その下に書かれているありがとうございますという文字なのですが、大半のチラシデザインには、このような言葉が書かれていることはありません。ライブイベントに来てくれた人への感謝の気持ちを書いておくだけでもかなり印象がよくなりますし、今までライブイベントに行ったことがなくても、行ってみたいという気持ちにさせてくれます。都会の雰囲気と自然が多い田舎の雰囲気を混ぜ合わせているところも素晴らしいと思います。

VOICE

さわやかでスタイリッシュなデザインのフライヤーデザインです。

各アーティストの写真はそれぞれ個別に撮られたものですが、フライヤー全体のトーンを統一して載せることで一体感が生み出され、まるでひとつの写真のように感じられます。ひとつの写真のように見えても、アーティストそれぞれの個性はしっかりとそこにはあるので、魅力がふんだんに活かされています。まさに「一期一会」なのかもしれません。

背景のデザインはビル街の中に浮かぶ色鮮やかな気球、そして花びらが散っている原っぱには自然の美しさが感じられます。その現実感のあるデザインの中に非現実のようなファンタジックな雰囲気を感じ、6月という季節にあったみずみずしさがあることで一層さわやかなイメージが伝わってきます。現実の喧騒からすこし抜け出して、「一期一会」、この日だけは楽しく過ごせるような気がします。

※掲載しているフライヤーデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

イベントフライヤーデザインの依頼・外注はお任せください 

フライヤー・チラシ広告の作り方が分からない方もご安心ください。格安の作成費用で印刷・納品までサポート致します。まずはお問い合わせフォームより無料見積もりをご検討ください。他のチラシ業者様・デザイン会社との比較検討も是非行ってみてください。様々なニーズに合わせた販促・集客・宣伝チラシ広告を作成致します。


フライヤー・チラシデザインの作成依頼〜納品までの流れ

フライヤー・チラシデザインの流れ①

見積もり

作成の検討されているチラシの部数や仕様・要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【チラシデザインの制作費用について】グラフィックデザインのみの制作・チラシ印刷込みのデザイン制作、両方の依頼に対応しています。

フライヤー・チラシデザインの流れ②

制作情報の提供

チラシのデザイン作成に必要な掲載文面や素材などを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

フライヤー・チラシデザインの流れ③

フライヤー・チラシデザインの作成

チラシデザインの作成に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

フライヤー・チラシデザインの流れ④

校了〜印刷・納品

チラシのデザインが校了となりましたら、ご入金確認後に印刷手配(またはデータ納品、及びその両方)を行います。(※フライヤー・チラシの印刷・製造は外部印刷会社へ委託となります。印刷・入稿手配の代行費用等はサービス料金に含まれています。)


チラシの作成について

イベントチラシ作成料金のページへ (印刷料金・送料込み)
各種イベントフライヤー・イベントチラシの作成を行なっています。音楽イベントやお祭り関連の楽しげなフライヤーから、ビジネス展示会やカンファレンスなどの落ち着きのあるチラシまで、幅広いデザインテイストに対応しています。チラシ(ビラ・フライヤー)の外注、製作依頼はお任せください。


error: