Skip links
バンドプロモーション用チラシ

コンサートの熱気が想像できるバンド紹介チラシデザインを制作しました。

バンドプロモーション用チラシ

バンド宣伝チラシ制作例_A4

バンドの音楽性が垣間見え、しかもすぐにWEBへアクセスできる、便利なチラシデザインです。

今やバンドのプロモーションにおいてWEBは切っても切れない存在です。まずはライブ会場等でチラシを配り、そこからWEBへ繋げるといったように、チラシはプロモーションの導入部分として非常に効果的です。その効果を高めるために、クオリティーのしっかりしたチラシデザインがあった方が良いと言えます。

デザイナーの振り返り 
■ メンバーのアー写と会場のイメージを自然に合成しています。オーディエンスのブレ感が、ライブの盛り上がりを強調するチラシになっています。
■ こういったチラシでは、どうしてもアーティスト(バンドメンバー)をできるだけ大きくする形になりがちですが、明るい余白をしっかり設けることによって、より目をひくチラシデザインに仕上げています。
■ QRコードは左右どちらかによせることが多いですが、チラシデザインのセンター部分に設けることで、見落とさせることのないようにしています。

コンサートのチラシデザインはこちら

コンサートの熱気が想像できるバンド紹介チラシデザイン

WEBとチラシは使い分けることの出来る広報ツール

これまではウェブサイトという存在は従来のチラシの存在を揺るがしかねない最大のライバルという立場でしたが、今は睨み合うのではなくお互いの良い点を利用しつつ有効活用するという方式が一般的になっています。特に、ロックバンドのようにできるだけ大勢の人々に対して情報を報知したいシチュエーションにおいては、ウェブサイトとの兼ね合いを考えたチラシデザインで作成することにより利便性を向上させられます。具体的には、ライブを行う会場となる場所でチラシを配布し、その後ウェブサイトに誘導するといった方式がとても効果があります。

つまり、チラシデザインというのは門戸を広げるという観点では今も非常に優秀なのです。そのためには、しっかりと高いクォリティでチラシデザインを行い、ついアクセスしたくなるような仕組みで制作することが大前提になります。

明るいデザインで広くバンドのPRを行う

そこで、行うべきなのはロックバンドならではの様子をいかにチラシの中に落とし込めるのかという事になります。ロックバンドと言えば、激しさと爽快感が融合した楽曲たちのビートに合わせて観客達も主役となって熱中する醍醐味があります。世の中に娯楽はたくさん存在しますが、そういった楽しみを得る事ができるのはロックバンドのライブが代表格ですので、一体となって楽しめる事を大々的に打ち出すべきです。ただし、不必要に力強い印象を与えてしまったり、激しすぎるイメージになってしまうと訪れてくれる客に偏りが生じてしまうリスクがあります。

ロックバンドと言えども、ファンは男性に限らず女性にもたくさん存在しているので、女性でも躊躇せずに出かけてみようという気持ちにさせる事が求められます。そういった点を考慮して作成していくためには、恐い雰囲気よりもこのような明るい雰囲気が好ましいと言えそうです。

 

制作フライヤー・チラシデザインに対する感想 

VOICE

定番系のデザインでありつつも、熱気がしっかり伝わるバンドのチラシですね。

観客と一体感を演出するために、演奏者や演者と観客が撮影された画像を好んで使うチラシデザインは、世の中には非常に多くあると思います。特に、アマチュア・バンドや、セミ・プロフェッショナルのミュージシャンやアーティストでは、簡潔にそのスタイルや演奏、あるいはステージ全体の印象を伝えるには好都合でしょう。

そこでこうした画像の使用には、必ず加工が付き物ですが、このチラシでは空気感を伝える工夫を表すために、アーティスト全体の画像は敢えて部分を使用して、その周辺、画像の際を加工して背景画像に溶けこませる工夫をしています。会場全体の熱気によって、ステージが映像で霧がかかったようになるのはよくあるのですが、この加工もそうした演出を意図して制作していると言ってよいでしょう。

アーティストの紹介は、やや小さな右上の演奏中のメンバーから、その下の各パートを見比べて判断する感じになっていますが、チラシが意図しているのは、ライブ感だとするなら成功しているのではないでしょうか?音楽というものは、チラシ等の平面デザインで表現することは極めて難しいテーマなので、こうしたイメージによる宣伝効果は、音を使ったPRでないからこそシンプルである必要があります。このチラシデザインでは、PRを補う要素としてQRコードによるインフォメーションと、ツイッターアカウントによる、SNSでの接点を示していますが、その先には恐らくライブ映像やサウンドを確認することは出来るでしょう。

このチラシ全体のレイアウトは、どちらかと言えば画像を主体に、そこに邪魔にならない空白にそれぞれのオーナメントを配置するといった印象ですが、画像と文字やロゴとの落差が激しいために、バンドのロゴとその他の文字が、丁度画像から離れて見えるため、かえってWEBページのURLなどが目立って見え、単なるイメージでは終わらない宣伝効果に寄与している印象を受けます。画像にあまり工夫が無かった場合は、こうした効果も期待する事はできませんが、画像のコントラストとレイアウトを構成する各パーツが、逆三角に配置されているために、安定感あるチラシデザインになっています。

■QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

※掲載しているフライヤーデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際の用途・サイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

イベントフライヤーデザインの依頼・外注はお任せください 

フライヤー・チラシ広告の作り方が分からない方もご安心ください。格安の作成費用で印刷・納品までサポート致します。まずはお問い合わせフォームより無料見積もりをご検討ください。他のチラシ業者様・デザイン会社との比較検討も是非行ってみてください。様々なニーズに合わせた販促・集客・宣伝チラシ広告を作成致します。


フライヤー・チラシデザインの作成依頼〜納品までの流れ

フライヤー・チラシデザインの流れ①

見積もり

作成の検討されているチラシの部数や仕様・要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【チラシデザインの制作費用について】グラフィックデザインのみの制作・チラシ印刷込みのデザイン制作、両方の依頼に対応しています。

フライヤー・チラシデザインの流れ②

制作情報の提供

チラシのデザイン作成に必要な掲載文面や素材などを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

フライヤー・チラシデザインの流れ③

フライヤー・チラシデザインの作成

チラシデザインの作成に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

フライヤー・チラシデザインの流れ④

校了〜印刷・納品

チラシのデザインが校了となりましたら、ご入金確認後に印刷手配(またはデータ納品、及びその両方)を行います。(※フライヤー・チラシの印刷・製造は外部印刷会社へ委託となります。印刷・入稿手配の代行費用等はサービス料金に含まれています。)


チラシの作成について

イベントチラシ作成料金のページへ (印刷料金・送料込み)
各種イベントフライヤー・イベントチラシの作成を行なっています。音楽イベントやお祭り関連の楽しげなフライヤーから、ビジネス展示会やカンファレンスなどの落ち着きのあるチラシまで、幅広いデザインテイストに対応しています。チラシ(ビラ・フライヤー)の外注、製作依頼はお任せください。


error: