Skip links
ブランド品買取ショップのロールスクリーンバナーのデザイン

ブランド品買取ショップのロールスクリーンバナーのデザインを作成しました。

ブランド品買取ショップのロールスクリーンバナーのデザイン

「買取」の二文字をはっきり品良く見せる店頭ロールスクリーンバナーのデザインです。

買取店というと「お金」の印象が強く、どうしてもギラギラとしたイメージが付いて回りがちです。しかし、ブランドカラーに使われているロイヤルブルーを地色に使うことで、全体の印象が引き締まり、信頼感や品格が感じられるデザインに整えることができます。

旗・のぼりデザインの作成依頼はこちら

青は鎮静や賢さを象徴する色であり、とくにロイヤルブルーと呼ばれる濃いブルーは盤石な信頼感や格式を思い起こさせます。女性客も多いブランド品を取り扱うお店なので、ギラギラとしたデザインよりも落ち着きと高級感を感じられるデザインの方が数倍入店しやすくなります。

また、店舗の用途から、そう足繫く通うというよりは、必要性が生じたときに目的をもって来店するという図式が考えられます。店舗の形態を示す「買取」の二文字を大きく中心にレイアウトすることで、店舗の目的をはっきりと示すことができ、遠くからでも店を見つけやすくします。

スクリーンバナーのデザイン作成例2

スクリーンバナーのデザイン作成例1

※展開イメージ

 

制作ロールスクリーンバナーデザインに対する感想 

VOICE

ロイヤルブルーに白抜きくっきりなロールスクリーンバナーデザイン

信頼感と上品さをアピールできるカラー

ブルーはもともと賢さや落ち着き、穏やかさなどを表せる色ですが、中でも深みのあるロイヤルブルーは上品で洗練された雰囲気を感じさせてくれます。白と合わせると、見る人に信頼感をさりげなくアピールできる組み合わせに。「ここに任せたら安心して査定してもらえるかも」と思わせる色使いです。買取の2文字が大きく縦に並んでいるので、スッキリと感じられますね。上下にはアクセサリーや金プラチナなど買取できる品目がレイアウトされていて、合理的なデザインという印象です。

中央の「買取」に視線を集められるレターヘッド風のパターン

上下にレイアウトされた王冠と曲線は、レターヘッドを思わせるクラシカルで上品な模様。ここではかぎかっこのような役割を果たしていて、「買取」の2文字に視線が集まりやすくなっているようです。筆記体の店名ともマッチしていて、ショップのコンセプトやイメージが伝わってきますね。

※掲載の旗・幕・のぼりは実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載している旗・幕・のぼりデザインのモックアップはイメージです。実際のサイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

旗・幕・のぼりのデザイン作成





error: Alert: Content selection is disabled!!